名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石田孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石田孝のプロフィール

石田孝、いしだ・たかし。日本の経営者。西日本高速道路(NEXCO西日本)会長。福岡県出身。京都大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。取締役、常務、専務、副社長、都市環境カンパニー執行副社長、都市環境・エンジニアリングカンパニー執行副社長を経て、コベルコクレーンに移籍。同社で社長を務めたのち、コベルコ建機会長に就任。その後、西日本高速道路(NEXCO西日本)会長に就任した。

石田孝の名言 一覧

すでに存在しているルールのために仕事してはいけません。ルールというのは変えるためにあります。


不必要なルールを捨て、新しい時代に必要なものに変えると、改善を実行するスピードが加速していきます。昨年4月の実質的な会社の事業開始(民営化)から9月まで、半年間は遅々とした過ごした印象があるかもしれませんが、秋ごろからスピード感が出てきたので、これからが楽しみです。


明日を担う意欲的な若い社員の率直な意見をまず聞こうと、社員との直接ミーティングを始めました。単位は、活発に意見が言える10名です。10名だと社員一人一人の顔と名前がよくわかり、意見の細かなキャッチボールができますから。


「道路事業は産業インフラとして大きな可能性を持っている」と社員対話の際に言っています。我々は西日本に、甲子園球場の2200個分の広さを有する道路を持っています。そこには太陽の光が照り、雨も降り風も吹く。この自然環境の恩恵を活かせば、道路沿いの緑化や太陽光発電も風力発電もできます。こういう話をすると、社員の眼の色が変わってきます。


人を育てる際は、「厚情必ずしも人情ならず」という言葉も重要だと思います。初期にアドバイスは出さず、あえて突き放してやらせてみる。これが大事だと思います。任せられたら、人はちゃんとやります。この会社をどういう方向に向けていくのか。上からの指示を待つのではなく、自分の意見を持ち、それこそ自分に道をつくる。それが大切です。


高速道路は大きな可能性を持っています。マザー・テレサは、「愛の反対語は憎悪ではありません。愛の反対語は無関心です」と言いました。いろいろなことに関心を持ち、人に優しい会社、社員になってもらいたい。


同じ事実を前にしても、社員一人一人見解の相違があります。新しい生き方を考える際には、まずお互いが何を考えているかを知り、リアル・コミュニケーションが大切なのです。ちなみに、直接ミーティングで若い社員が対象なのは、中高年組を軽視したわけではありません。経験から生み出される考え方よりも、これから長年、能力を発揮してもらう人たちの話を、まず聞きたかったのです。


西日本高速道路は関西・中国・四国・九州(沖縄)をカバーしていますが、府県の発展の後押しをするとともに、観光資源の活用に貢献したいです。そして各地域が発展し、そこに仕事がある状態をつくることが大切です。それによって、ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン(日本合衆国)、各地域の自立を尊重する連邦国家に日本がなれればいいなと思っています。


会長兼CEO(最高経営責任者)就任後は、高速道路の債務を45年償還することが最大の務めとなりますが、ではそれ以降、会社はどうなるのかと、とくに若い人は切実感を持っています。ですから、会社の将来に対する疑問に答えることが、CEOとしての私の務めだと感じています。


西日本高速道路会長就任要請のお話を引き受けてから就任するまで、会社の目標をどこに置くべきか、ずっと考えました。そして、半年間の準備を経て、「地域に愛され、お客様ん位喜んでいただける会社」「社員が働く喜びを感じ、誇りを持てる会社」を目標に示しました。


企業経営は単に黒字を出せばいいというものではありません。そこには、社員がこの仕事のためなら、全力を出して働きたいという社会貢献的要素を含んでいなければなりません。ビジネスそのものが社会貢献となり、さらに利益を生み、新たな雇用も生む。これが理想です。


企業経営者の社会的な役目、これは何はともあれ、雇用の保障、すなわち仕事をつくることです。そのためには、絶対に黒字を出さなくてはなりません。そして、その黒字をもって、時代が求める新たな職場をつくり上げる。こうした事業を行っていくことが、経営者の責任だと私は考えています。


情報というのは、その集団の共有財産であり、退蔵してはいけません。組織に影響することですから、もっと感度を磨いて勉強しないといけません。


課長時代、私は部下によく言ったものです。「もっと大きな声でお客さんと電話をしろ。そしたら君の報告を受けなくても、何の問題が起こっているかわかるから」と。


会社の仕事をするうえで、自分が部下から絶対事前に聞いておかなければならない情報は、100のうち1つか2つです。その上司に相談すべき内容を、感度よく見極めていける部下に仕立てておけるかどうかが大事なんです。「これは重要な情報だから、石田さんに相談しておかねばダメだ」という判断が、きっちりできるかどうかです。しかし、100ある情報のうち、98は、私の意見を聞かなくても関係ない報告事項だから、直接上に持っていってもいいんです。


石田孝の経歴・略歴

石田孝、いしだ・たかし。日本の経営者。西日本高速道路(NEXCO西日本)会長。福岡県出身。京都大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。取締役、常務、専務、副社長、都市環境カンパニー執行副社長、都市環境・エンジニアリングカンパニー執行副社長を経て、コベルコクレーンに移籍。同社で社長を務めたのち、コベルコ建機会長に就任。その後、西日本高速道路(NEXCO西日本)会長に就任した。

他の記事も読んでみる

荻田伍

正直な話、20年前までは当社はいつつぶれるかわからない状態にありました。そのとき、様々な努力をした中からスーパードライが生み出され、アサヒビールが復活しただけでなく、我々はいろいろな成果を得ました。そこで我々が考えないといけないのはスーパードライをここまで支えてきてくださったお客様への感謝です。社員一人一人が、感謝の気持ちを忘れてはいけません。


藤田晋

ビジネスの場合、「終わった」と思ったところからが本当の勝負。そこで満足しているようでは、「その他大勢の人」と変わりがない。


昇幹夫

「死」はいつ訪れるか分かりません。そんな死を間近に感じた時、「楽しいことをいっぱいしたから、まあいいか」と思えるかどうか。一度きりの人生です。もっと笑って楽しみましょう。


大和田哲男

食料問題は深刻です。いまは野菜や魚が取れすぎると捨てていますが、CAS(細胞を壊さずに限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術)で保存すれば、捨てる必要がなくなります。


柳井正

私は決して奇抜なことを考え、言っているわけではないが、他人様からは過激なことを言っているように見えるらしい。本人は真面目に考え、正論を吐いているだけなのだ。物事を真正面から考え、解決策を考えているにすぎない。真っ当に生きたいと考えているだけなのである。


池田貴将

自分に対する質問を変えることで、感情は変わるのです。たとえば、コピー取りを頼まれたとき「これ、俺の仕事か?」と頭のなかで質問してしまったら、「俺の仕事じゃないよ!」という答えが出てきてしまう。当然、「頑張ろう」という感情にはなりません。後回しにしたくもなるでしょうし、ミスも誘発されるかもしれない。では、「この仕事でどういう成長ができるだろう?」と自分に質問したらどうでしょう。たとえコピー取りであっても、成長にプラスになる点を探せるはず。小さくても、それはモチベーションを高め、パフォーマンスを向上させます。


吉永泰之

少しの背伸びならいいのでしょうが、実力を超えたことを言っても実現することはありません。そこは我慢も必要だし、いくら良いアイデアでも、できないことはできないと割り切ることです。


西成活裕

クラウゼヴィッツやリデル=ハートの戦略論によれば、「戦時には有利不利の情報が同等の割合で入る」。これはビジネスでも同じで、他者の見解を集めれば集めるほど、自然に正反対の意見が相半ばするものなのです。つまり、「人の意見に頼ろう」という姿勢でいるかぎり、いつまでも振り回されることになります。最後は自分が決めなくてはならない、という覚悟を持ちましょう。


近藤太香巳

成功というものはムードによって掴むことができるもの。社員が増えていっても可能な限り社長が全ての社員を見られる状態に保ち、全ての決断を社長が下すという命令系統を崩してはいけません、そうすることで社員のやる気も継続しますし、会社に勢いが生まれると思います。


川本信彦

個を認め合う。その前提として自分の個性をはっきり認識することは、これからは特に重要になると思います。世界の中で日本人はどんな個性が発揮できるのか、企業で言えば日本企業の価値を世界にどう示せるかという重いテーマです。


松本大

順調に見える事業でも、リスクをとって変える決断をしなければいけない場面がある。それを判断し、決断するのがマネジメントする側の役目。


アマーティア・セン

社会学という分野は、数学に随分依拠するものであるのです。私が多くを学んだ森嶋道夫氏(ロンドン在住の経済学者)は、経済学者の多くがあまりにも現実離れした領域で抽象的思考へ走りがちになることをいつも注意していました。