名言DB

9419 人 / 110788 名言

石毛郁治の名言

twitter Facebook はてブ

石毛郁治のプロフィール

石毛郁治、いしげ・いくじ。日本の経営者、科学者。東洋高圧社長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、三井鉱山を経て東洋高圧に入社。同社で尿素の工業化に取り組んだ。その後社長となり、肥料用尿素の大量生産に成功。三井化学と東洋高圧を合併させ三井東圧化学を発足させ相談役に就任した。

石毛郁治の名言 一覧

友人の多い人はいい。人生を豊かにし、生命を温めてくれる。それには、いつどこで会っても、「よお、どうした」という気軽さ、胆の太さが必要だ。


硫安同値の尿素をつくる、一応計算では成り立つのですが、出来上がってしまった今日ではなんとでも申せますものの、当時は私にも確信はありませんでした。しかし、このままでは自滅のほかないので、上手くいかなかったら私が腹を切るつもりで踏み切りました。
【覚書き|東洋高圧時代、北海道に硫酸の工場をつくったものの硫酸がつくれなくなり危機に陥ったときを振り返っての発言。このあと同社は、尿素の大量生産に成功した】


現場員になって第一に感じたことは人が多すぎるということでした。これは、だいぶ減らせると思いました。私はまず職工の名前を覚えることを心がけました。それから仕事をマスターするために工程ごとに彼らに加わって働いてみました。
【覚書き|三井鉱山九州炭鉱事務所に配属された当時を振り返っての発言】


硫安工業協会長時代に河野農相と渡り合ったので、世間では私をよっぽどの向こう見ずと思っておられる向きもあるようですが、それほどでもありません。友人たちは私を口が悪いと申しますが、こんな皮肉な世の中に住んでいるんですから、相手を怒らせない程度の毒舌ぐらい吐かなければ溜飲が下がらないじゃァありませんか。


三人で受け持ちの工程を一人抜いて私が入る。ちょっと工夫すれば二人でもできる。なるほどと連中が納得したところで、二人でやらせる。不平の連中は仕事から外して遊ばせておく。人数は減っても仕事が楽になるから、真面目な連中は喜んで協力する。
【覚書き:三井鉱山大牟田コークス製造工場の人員整理に取り掛かった時を振り返っての発言】


石毛郁治の経歴・略歴

石毛郁治、いしげ・いくじ。日本の経営者、科学者。東洋高圧社長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、三井鉱山を経て東洋高圧に入社。同社で尿素の工業化に取り組んだ。その後社長となり、肥料用尿素の大量生産に成功。三井化学と東洋高圧を合併させ三井東圧化学を発足させ相談役に就任した。

他の記事も読んでみる

髙井法博

成功への情熱を持つことは大切です。同時に忘れてはならないのは、常に「利他の心」を持つことです。いくら能力や熱意があっても、利己主義に陥ってしまえば正しい経営はできず、よい人生は歩めません。


スティーブン・レヴァイン

あと一時間しか生きられず、たった一人にしか電話ができないとしたら、誰に電話をかけて、何を言いますか?そしてあなたはなぜいま、それをしないのですか?


高倉豊

夜中に書いたラブレターを翌朝に読むと恥ずかしくなるが、ビジネスでも同じ。商品への思いが強い状態でマーケティングのプランを練ると、たいていは独りよがりなものになってしまう。


渡辺千賀

シリコンバレーではベンチャーで働いたり、起業した経験があったりすることも強みになります。指示がなくても自分で考えて動くことができ、目まぐるしく変わる技術革新にもついてこられるスピード感を持つ人だと評価されるんです。


渡邉美樹

利益の「利」と義理の「義」の間で悩んだ時には、「義」を優先させた方が、長いスパンで見れば人は幸せになれる。


持塚朗

以前に比べると、かなり情報セキュリティに対する意識が高まっているように感じます。ただ、「被害を受けた場合に、どの程度の被害額が発生するのか」を把握している経営者はまだまだ少ないでしょう。情報漏えいやサイバー攻撃で被害が発生すると、損害賠償が求められるだけでなく、上場企業ならば株価にも影響が出ます。ECサイトを運営していれば、一時閉鎖による機会損失が発生します。さらには、原因の特定や告知にかかる費用、セキュリティ対策の再構築費用まで含めると、決して安価ではありません。


小川賢太郎

コンクリートの上にいくら立派な種を撒いて水を与えても、きちんと育ちません。辛うじて芽が出ても、すぐに枯れてしまいます。それと同じで、いろいろな種がしっかりと育つ土壌を整備することが大事だと思います。人材育成も同じです。その後もしっかりと手入れをしていくことが経営としては大事であって、箸の上げ下ろしまで指導することが教育ではありません。きちんと仕事ができる風土をつくり、社員が成果を上げれば評価されるというフェアな評価システムがあってこそ、人は育っていくものですし、自己啓発にもつながります。


伊東孝紳

これからは世界の各拠点がそれぞれのベストを開発し、それらをぶつけ合って、最終的にグローバルで束ねていくことになる。といっても現地に実力がないとベストは出せない。これから加速して実力をつけさせます。


安藤宏基

一番大切にしているのは、「自分の言葉で話せる」ということです。比喩が多いのはいい、リファレンス(参照)が多いのもいい、昔誰々がこう言ったとか、本にこんなことがあったとか、それはそれでいいのです。しかし、最後は自分の言葉で話せなくてはいけません。


小山龍介

勉強そのものがつらいわけではありません。環境を整えれば楽しくなるんです。また、部屋は暗めにして、手元だけ明るくすると、集中力が上がります。