石毛郁治の名言

石毛郁治のプロフィール

石毛郁治、いしげ・いくじ。日本の経営者、科学者。東洋高圧社長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、三井鉱山を経て東洋高圧に入社。同社で尿素の工業化に取り組んだ。その後社長となり、肥料用尿素の大量生産に成功。三井化学と東洋高圧を合併させ三井東圧化学を発足させ相談役に就任した。

石毛郁治の名言 一覧

友人の多い人はいい。人生を豊かにし、生命を温めてくれる。それには、いつどこで会っても、「よお、どうした」という気軽さ、胆の太さが必要だ。


硫安同値の尿素をつくる、一応計算では成り立つのですが、出来上がってしまった今日ではなんとでも申せますものの、当時は私にも確信はありませんでした。しかし、このままでは自滅のほかないので、上手くいかなかったら私が腹を切るつもりで踏み切りました。
【覚書き|東洋高圧時代、北海道に硫酸の工場をつくったものの硫酸がつくれなくなり危機に陥ったときを振り返っての発言。このあと同社は、尿素の大量生産に成功した】


現場員になって第一に感じたことは人が多すぎるということでした。これは、だいぶ減らせると思いました。私はまず職工の名前を覚えることを心がけました。それから仕事をマスターするために工程ごとに彼らに加わって働いてみました。
【覚書き|三井鉱山九州炭鉱事務所に配属された当時を振り返っての発言】


硫安工業協会長時代に河野農相と渡り合ったので、世間では私をよっぽどの向こう見ずと思っておられる向きもあるようですが、それほどでもありません。友人たちは私を口が悪いと申しますが、こんな皮肉な世の中に住んでいるんですから、相手を怒らせない程度の毒舌ぐらい吐かなければ溜飲が下がらないじゃァありませんか。


三人で受け持ちの工程を一人抜いて私が入る。ちょっと工夫すれば二人でもできる。なるほどと連中が納得したところで、二人でやらせる。不平の連中は仕事から外して遊ばせておく。人数は減っても仕事が楽になるから、真面目な連中は喜んで協力する。
【覚書き:三井鉱山大牟田コークス製造工場の人員整理に取り掛かった時を振り返っての発言】


石毛郁治の経歴・略歴

石毛郁治、いしげ・いくじ。日本の経営者、科学者。東洋高圧社長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、三井鉱山を経て東洋高圧に入社。同社で尿素の工業化に取り組んだ。その後社長となり、肥料用尿素の大量生産に成功。三井化学と東洋高圧を合併させ三井東圧化学を発足させ相談役に就任した。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

やはり「お客様にとって一番重要なものは何か」を真剣に考えたことに尽きると思います。お客様のクレームは何かしっかり見極める。それを解決するために私たちは時間とお金を惜しみなく使う。お客様が得をするために私たちが損をするしかないのです。


小林栄三

我々商社の商売の基本は、社会に貢献する、あるいは生活をもっと便利にしようとすること。


兼元謙任

人間はお互い、問いと答えを投げ交わすことで、分かり合えるし、知恵も出せます。でも私は他人に対して問いを投げかけていなかったんです。そこで、「どんなことでも誰かに気軽に質問でき、それに詳しい人が丁寧に答えてくれたらいいな」という考えが芽生えました。そうした頭の中のイメージが、インターネットと結びついて現在の「Q&Aサイト」の構想につながりました。


ミット・ロムニー

ベイン社で学んだ重要なことは2つある。ひとつは、難関に対するアプローチのコンセプトづくりと問題解決の方法論。もうひとつは、データや分析や討議に対する大いなる信頼だ。


星野佳路

失敗して落ち込んでいる人をよく見かけますが、気を落とす必要は本当にないです。重要なのは失敗から何を学んで、どう活かしたかで差がついてくるということです。がっかりしている暇はありません。失敗を恐れずに、果敢にチャレンジしていきましょう。


米津玄師

もっといろんな人に自分の音楽を聴いてもらうためにはどうしたらいいだろう、っていうことをずっと考えていたから、新しく生まれたボーカロイドの空間が盛り上がっているのがすごく楽しそうに見えた。当時のボカロ界隈はまだ混沌としていて、「ボカロが歌っている」というただ一点だけでギリギリつながっている、多種多様な音楽性を持った人間がたくさんいた。すごく刺激的な空間だったし、この先どうなるのかも全然わからなかったけど、自分の音楽をボカロに歌わせてここに投下したら、いろんな人に聴いてもらえるんじゃないかなって。ボカロに移った途端に、いろんな人に曲を聴いてもらえるようになったこともすごくうれしかった。


ジャック・ウェルチ

最高のメンター(師)関係とは、会社が作る制度のような形式ばったものではない。社内の人間であろうとなかろうと、同じ仕事についていようがいまいが、そんなことにこだわらなくていい。関係は数週間のものかもしれないし、一生続くものかもしれない。友情に発展することもあれば、純粋に実用的で終わる場合もあるだろう。いずれにせよ、喜んで教えてくれる人からあらゆる機会を捕らえて学ぶこと。それこそが真のメンターとの関係だ。


井上高志

数字が苦手な人は、いきなり決算書の読み方を学ぶのは苦痛なはずです。まずは数字でものごとを考える癖をつけることから始めた方がいいでしょう。私がお勧めするのは自分の行動を数字で管理することです。以前の職場で上司にさせられたことですが、これを習慣づけていたことで、数字に対する苦手意識が薄まり、数字でものごとを考えられるようになったと思っています。


柴田昌治(コンサルタント)

混乱のない組織は進化しない。ここで言う「混乱」とは、敵対的な対立ではなく、互いへの信頼や安心感をつくりながらの意見のぶつけ合いであり、生産的な話し合い。


吉松徹郎

どの企業も自社製品を売り込む方法として今のままではいけないと理解していますが、インフルエンサーを使っても、あくまで媒体がテレビから置き換わっただけで、本質的には変わっていません。一方で、クラウドファンディングで小規模に商品を作り、1000個売る人も出てきました。このような方が10人いれば、1万個の新ブランドが出来たも同然です。これまではブランドだけが競合だったはずが、何が消費者の心に響いていて、どの相手と戦えばいいのか見えなくなっている。その中で私たちは、ユーザーとブランドを繋ぐ中立的な立場から、市場の現状を発信していけます。


藤沢武夫

禍を福に転ずることができるかどうかは、経営者が仕事の根本にかえって問題を考えるかどうか、そして大胆に行動しうるかどうかにかかっていると思います。


三木雄信

孫(正義)社長はあるとき、「幹部は全員、回帰分析をマスターしろ!」と言い出しました。これは物事の因果関係を分析する手法で、「気温が1℃上がると、アイスクリームの販売個数がどれだけ伸びるか」といった原因と結果がわかります。つまり、回帰分析ができれば「売上げや利益を最大化するために、この戦略をとっていいのか、悪いのか」が判断できる。資料に「ナレッジ」以上の提案を入れるためにも、回帰分析は必須といえます。


山崎元

不正の証拠や証言の確保はもちろんのこと、告発を受けた窓口の対応、告発ターゲットの行動、自分とのやり取りなどの内容を記録した、日誌的なメモを作るといい。相手が不当に報復してきた場合への備えとして必要だし、自分の告発・告発方法の正当性を示す証拠としても重要だ。


下村朱美

当社は毎年、全国3か所で入社式を開催しています。入社式は、新入社員にしてあげられる最初のプレゼントだと思い、セレモニーを大切にしています。式典の最後に読まれるご両親の手紙から、どの社員も皆、待ち望まれて生まれ、どれだけ大切に育てられてきたのかが伝わってきます。その大切な人たちをお預かりする責任が会社にはあります。「どこに出しても恥ずかしくない立派な社会人に育てなければ」と毎年、覚悟を新たにする入社式です。


滝野一征

自動化自体が人間にとって常に大事なことだという信念を持っています。自動化とは人を減らすことではありません。時間は有限ですから、人はもっとロボットができないような仕事に時間を使うべきではないでしょうか。人類の生活の質を良くするためには、医療、エネルギー事業、宇宙開発などやらねばならないことが山ほどあります。皆がクリエイティブな仕事をできれば、人類の進歩は倍になる。自動化は人類を飛躍させるための起爆剤なのです。


ページの先頭へ