名言DB

9413 人 / 110706 名言

石橋湛山の名言

twitter Facebook はてブ

石橋湛山のプロフィール

石橋湛山、いしばし・たんざん。日本のジャーナリスト、政治家、教育者。内閣総理大臣。東京出身。早稲田大学卒業後、横浜毎日新聞、東洋経済新報社などを経て政界に進出。大蔵大臣、通商大臣、郵政大臣、内閣総理大臣、立正大学学長などを歴任した。

石橋湛山の名言 一覧

私の念願と決意が達成できぬなら、耐え得るところにあらず。政治的良心に従い、進退を決することにする。


私の政治的良心に従います。これが政界のため国民のためにとるべき最も正しい道であることを信じて決意した次第であります。


民主政治は往々にして国民の皆さんのご機嫌とりの政治になる。私は皆さんのご機嫌を伺うことはしない。皆さんにはずいぶん嫌がられることをするかもしれないから、そのつもりでいてもらいたい。


石橋湛山の経歴・略歴

石橋湛山、いしばし・たんざん。日本のジャーナリスト、政治家、教育者。内閣総理大臣。東京出身。早稲田大学卒業後、横浜毎日新聞、東洋経済新報社などを経て政界に進出。大蔵大臣、通商大臣、郵政大臣、内閣総理大臣、立正大学学長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

為末大

負けても諦めず、もう一勝負を挑む人が多い。でも、違うカテゴリーで勝負を挑むという手もあります。前者は、まさに同じ土俵で再挑戦することで、後者はすでに勝負はついたと考えて土俵を変えて別の戦いを挑む。スポーツに限らず、企業も人も日本の場合は前者が美談になりがちです。だからいつまでも同じ戦いを続けることが多い。僕もそういう気持ちがありました。でも引退したいま、次に世界一に建つ可能性がある勝負は何だろうと模索しています。


寺尾玄

自分自身の信念を曲げてまで、あるいは愛着を持てない場所で嫌な仕事をすることは、人生の浪費でしかない。自分が信じる道を進むべき。


平井一夫

感性価値と機能価値が高い次元で組み合わさって、初めてお客さんに「これすごいね」「感動した」と言ってもらえる製品ができる。


河野英太郎

日本語の文法の構造上、話を最後の最後まで聞かないと、否定しているか肯定しているかがわかりません。「……だと思う」のか「……ではないと思う」のか。話の方向性は180度違います。だから、途中で部下の話に「あ、その件はね……」などと口を挟むと、相手の意図と反した理解をしてしまう危険性があります。相手との距離が近いケースほど、ふだんから一を聞いて十を知る、といった会話のリズムができていて、つい口を挟んでしまいがちです。


ガー・レイノルズ

外資系の某化粧品会社で、新商品のメッセージについてディスカッションが行われました。「この技術が肌をきれいに見せる」「保湿効果が何%アップ」など、アピールしたい点がいろいろあり、まとまりません。ところが誰かが「これは働くお母さんの一日を楽にしてあげる商品だ」というと、みんなが納得してパッと方向性が定まりました。機能を並べるより、「働くお母さんが抱える悩みがこの商品によって解決される」というストーリーのほうがわかりやすく、訴求力があるのです。


堀田庄三

己を捨てることが、成功の最も大切なことだ。


サイモン・クーパー(経営者)

私自身、従業員と接するときは、将来、この中から私のポジションにつく人が出てくるのだと思って、彼らを見ています。彼らが求めるキャリアに到達できるように、適宜チャンスを与えていくことが、リーダーとしての責務だと認識しています。


八田進二

昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


永守重信

大切なのは、揺さぶることです。テーマの研究が進んだり行き詰まったりしたときに人を組み合わせたり、移動させたりして揺さぶる。その刺激が新たなものを生み出します。


藤本昌義

強い部門をさらに強化し、弱い部門を補強して行かなくてはいけない。これはしつこく言い続け、諦めないで継続することが大切です。今、取り扱っている商品だけを見るのではなく、その周辺のサービスや機能も含めて、商売を拡大するチャンスを常に探ってもらいたい。


小山薫堂

義務感や生半可な気持ちで取り組んでも、決してうまくいきません。サプライズには、相手のことをよく観察して思い量ること、つまり相手に対する「愛」が必要なのです。


川上隆二

会社の再生のために社を離れなければならない人たちから、「会社の扱いはフェアであった」と思ってもらえるように、最大限支援することが責務だと考えています。


陰山英男

私はもともと、放送局のアナウンサーになりたいと思っていましたが、その夢は叶いませんでした。しかしそのときに、モチベーションを下げてしまうのではなく、「それより面白いことは何だろう?」と考えたのです。その結果、「アナウンサーにはなれなかったけれど、久米宏さんにインタビューされるような人間になろう」と考えたのです。ひとつダメでも、ほかにもっと面白いことがないかな、と考えてきた結果、いまの自分があるといえます。


中村史朗

ビジネスの現場では、日々入ってくる様々な情報の中で何が重要なのかを見極める作業が欠かせません。脈絡なく入ってくる一次情報を自分の中で咀嚼し、消化し、互いの関連性などを理解したうえで、最終的に何かをアウトプットしていく。端的に言えば、我々の活動はこの繰り返しです。


大八木成男

中長期経営ビジョンを作成する際、若い人たちを中心に取り組んでもらったのは、30年後、50年後の世界を考えようということ。将来どんな社会問題が生じてくるかを予測し、帝人がそれを解決する新しいビジネスに進出するためです。