石橋正二郎の名言

石橋正二郎のプロフィール

石橋正二郎、いしばし・しょうじろう。日本の経営者。ブリヂストンタイヤの創業者。福岡県出身。久留米商業学校卒業後、家業の仕立て屋を継承。雑多な布製品を製造していたが、足袋だけに特化し、その後、貼り付け式ゴム底地下足袋を開発し同社を急成長させ日本ゴムに商号変更。その後、ゴム加工技術を軸に自動車タイヤメーカーブリヂストンを創業。そのほか、エンジンメーカー富士精密の経営再建を行ったり、プリンス自動車(のちに日産に吸収合併)を育て、自動車産業の振興に寄与し、日本自動車殿堂、米国自動車殿堂入りを果たした。

石橋正二郎の名言 一覧

気は長く持つが、行う時は気短でなければならぬ。


私は朝早くから夜遅くまで、日曜も祭日もなく一生懸命に働いた。タイム・イズ・マネーを実行したので人の3倍くらいは仕事したろう。また、父からタバコや酒はのむなと言われて今日まで実行している。


富士精密を買収したところ、赤字がたくさん出てだいぶ困った。しかし、金を入れて立て直し、いまでは立派な会社になった。最初からあれだけの小型自動車エンジンをつくったので、他の自動車メーカーが驚異の目を見張ったが、戦時中、飛行機のエンジンで非常に苦労し勉強しているので、技術がいいし、熟練工もそろっている。ただ、営業がまずかった。つまり戦時中は政府納めばかりなので経営が無能だったのだ。
【覚書き|富士精密は戦争中に戦闘機のエンジンをつくっていた会社。のちにプリンス自動車のエンジンをつくった】


日本ゴムは日の出の勢いで、好調なまま終戦まで行ってしまった。だからブリヂストンが発足した当時の苦労を日本ゴムの連中は味わっていない。あまりに好調にものごとが進むと終いには上から下までみんな馬鹿になってしまうようだ。品物を売り上げてやるという調子で、苦労を知らない連中のことだから終戦後はひとしお苦労の味をなめることになった。
【覚書き|日本ゴムは家業の仕立て屋からスタートしたゴム底地下足袋メーカー。最盛期には海外工場も含め2万人以上の従業員を抱えた】


自動車タイヤの販売が始まった。しかし、たちまち破れやすいという評判が立った。破れるのはこちらの責任だから取り替えないわけにはいかない。どんどん取り替えたため千坪ぐらいの畑に10万本くらいのタイヤが山になり、破産するところまで行きかけた。ブリヂストンの仕事は4、5年ぐずつき、軌道に乗ってきたのは10年ごろだった。


賃金は2倍でよろしい。しかしあとは駄目だ。人事権などにクチバシを入れるものではない。こっちからストをやれと言う必要はないが、肩透かしに一番いいときだと思うから、やるならやってみろ。一人でも戦う。
【覚書き|終戦直後、労働組合から給料の倍増と、すべての人事を労働組合の承認なしに行わないようにしろと要求されたときの発言。】


「米国の自動車タイヤのメーカーには1日5万本とか6万本もつくる大きな会社があり、それを日本に持ってきてダンピングしたら君のところは丸つぶれだぞ」というのが三井物産あたりの言い分だった。しかし、そんなことはどうでも、技術さえ成功すればいいのだからと、九州大学のゴムの先生の所へ行き「やってみようと思うがどうでしょうか」と話したところ、「100万円、研究費をください」という。当時の100万円だからかなり値打ちがある。地下足袋製造で働いていたドイツ人技師(ゴムの専門家)に話したら「自分も大いに賛成だ。やろうではないか。だがこれは極秘で研究しなければ世間に知られて失敗する」とのことだった。


ゴムに手を染めた以上、将来非常に大きくなるのは何だろうかと頭を痛めた。当時、自動車は日本中で3、4万台だった。米国などの状況からいろいろ判断して、将来100万台にはなるだろう。100万台になったら大変なものだ。アジアに目を向けても大きな市場がある。そうだ、自動車タイヤだと自ずから結論が出るようになったわけだ。
【覚書き|ブリヂストン設立のきっかけについて語った言葉。当時、貼り付け式ゴム底地下足袋を開発し莫大な利益を上げていた】


なんら失敗がなく自然と伸びていくので、他人からつくりごとのようだと言われるくらいだった。もともと大雑把な私のこと、すべて楽観してやるので、人が止めても何しても独走してしまう。たまたまこの独走がものをいった形だ。
【覚書き|地方の小さな仕立て屋を足袋販売、ゴム底地下足袋販売、ゴム靴販売で従業員2万人の会社にしたことについて振り返っての発言】


ちっぽけな仕事を飛躍させるには思い切ったことをやらねばならぬ。足袋を市価より2割安い20銭で売った。当時は儲けを2割見込むのが常識だった。たくさんつくって能率を上げ、雑費もかからないようにする。こうして思い切りやすくすることにしたので一躍注文も殺到した。
【覚書き|足袋屋時代を振り返っての発言】


弟子の賃金制度も思いついた。弟子は無給で働いている。仕事をするのに無休では勉強などしない。こんなことでは駄目だから給料だけは希望するだけ払い、その代わりに足袋を能率よくたくさんつくり、値段を安くする。こういう合理化案がまとまって実行に移した。いまなら無給から賃金制度に変えるのは何とも感じないが、当時としてはかなり思い切った考え方で、にわかに店費が激増したため、父からバカなことをしたと叱られた。しかし、それから皆働きがいがあるようになって能率が上がり生産も増え、同業者との競争に負けなくなった。
【覚書き|実家の仕立て屋を父親に代わって切り盛りしていた当時を振り返っての発言】


そのうち仕立て屋に疑問を感じるようになった。雑多なものを古めかしくつくっているのではいくらやったって駄目だ。これから見込みのある足袋を専業にしようと考え始めた。福助足袋などが盛んにやっているのを見てヒントを得たわけだ。
【覚書き|実家の仕立て屋を父親に代わって切り盛りしていた当時を振り返っての発言】


普通の足袋にゴムを縫い付けた地下足袋はあった。しかし、地べたにはくのですぐに糸が擦り切れ、終始修繕しなくてはならない。自動車のタイヤは二枚の布を貼り合わせ、その上にゴムを張っている。そのゴムのりで張り付けるのが一番いいだろうと思った。
【覚書き:ゴム底地下足袋の開発時の発言】


一生涯の目的を達成せんとする者は、いかなる固執も、障害も、目前の名利も介さず、忍ぶ、粘る、堅忍持久、終始一貫、最後の目的に突進することである。


わざわいは口からと言う。言葉をつつしみ、自分の偉さを表そうとはせず、気取られなければかえって人に尊敬され、親しまれ、自分も楽しみが多い。威張り、虚勢をはる人は他からも嫌われ、孤立し、人望を失うに至る。


石橋正二郎の経歴・略歴

石橋正二郎、いしばし・しょうじろう。日本の経営者。ブリヂストンタイヤの創業者。福岡県出身。久留米商業学校卒業後、家業の仕立て屋を継承。雑多な布製品を製造していたが、足袋だけに特化し、その後、貼り付け式ゴム底地下足袋を開発し同社を急成長させ日本ゴムに商号変更。その後、ゴム加工技術を軸に自動車タイヤメーカーブリヂストンを創業。そのほか、エンジンメーカー富士精密の経営再建を行ったり、プリンス自動車(のちに日産に吸収合併)を育て、自動車産業の振興に寄与し、日本自動車殿堂、米国自動車殿堂入りを果たした。

他の記事も読んでみる

岡田元也

見方の問題じゃないですか。仮に破綻した会社や、破綻しかけている会社があっても、どこを見るか。チャンスがあるのに、そう見ることを知らない会社もある。


安部譲二

よくサラリーマンを辞めて喫茶店やそば屋を経営する人がいるけど、大抵は失敗するな。自分もできるように感じるかもしれないが、客として見ているのはうわべだけだ。気楽そうだからという理由で第2の人生を選ぶのではなく、自分に合っているものを時間がかかっても探さなきゃダメだよ。


木川眞

トップライン(売上高)を伸ばすことだけが経営戦略ではありません。攻めることばかりに注力すれば、足元が揺らぐ危険性もあります。そこで私は、事業構造の改革と並行し、業務基盤の改革と意識改革を進めました。これらは、組織づくり、人づくりの改革で、事業構造を大きく変えるには不可欠と考えました。


瀧本哲史

工業製品のように規格化された能力を求められるコモディティ人材は、突出せずに自分の弱点を正すことが求められます。だから、脱コモディティ化するためには、自分の持つ強みを活かして、何かに突出することが必要です。


小林大輝(小説家)

ここまで長い小説を書いたのは初めてでした。中学生の頃から日記みたいに書いていた文章、それが小説に変形してきたんです。自分が言いたいことを言うために、僕はこう思うというより、登場人物が何かを言う方が適しているんじゃないかなと。だから意識のなかでは「小説を書こう」とは思っていないんです。


日比野隆司

具体的な目標を持て。その目標設定が自分を引きあげる。


鈴木修

富士山のおいしい地下水も、流れが滞り、溜まればボウフラがわく。社長に就任してから、これまで22年の間に内在した影の部分を新社長とともに払拭する。
【覚書き|会長就任時の発言】


漆紫穂子

学校改革のとき、もちろん反対もありました。たとえば、金融経済に関する特別講座を行うときなど、「子供にお金儲けのことを教えてどうする?」という人もいます。世の中が18歳の大学入学を目指して学業を優先しているときに、回り道をしているのではないかという迷いを感じたこともあります。しかし、子供の将来を考えれば、生きる上でお金の知識は必要ですし、お金は夢を叶える手段にもなります。


ケタン・パテル(経営者)

日本企業の残念なことのひとつに、日本国内でしか意思決定ができない点が挙げられます。インドにいる日本人がリスクを取ることができないため、タイミングを逃すことにもつながります。ぜひローカルで意思決定するようになっていただきたい。


山内隆司

何事も最初が肝心なのです。工事のスタートからきれいに整理整頓をしていると、後から入ってきた業者はそれに倣うしかありません。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その6】株を買うということは子供を養うのと同じで、世話を見ることができなくなるほど持ってはいけない。職業としない限りは、8~12社以上を十分に調査していくことは難しい。ポートフォリオには5銘柄を超えて保有してはいけない。


中部謙吉

何の仕事でもそうだが、あまりしょっちゅう頭が変わるのではチームカラーが出て来ず選手もどうついていっていいのかわからない。それで優勝ができるはずがない。一人の監督に三年でも五年でも任せてみて、それで優勝ができなかったら、そのときは諦めて終止符を打とう、と考えた。
【覚書き|大洋ホエールズを立ち上げた兄からオーナーを引き継いだとき語った言葉。当時は毎年のように監督を変え万年最下位チームだったが、三原脩監督を迎えたことで日本一になった】


松田昌士

本社から命令して現場を従わせる、という考え方ではダメなんです。知恵は現場からわいてくる。そこに出向いて、「困っていることは何だ」と聞いて回らないと。そうすれば「しょうがない、親分を支えてやるか」という気にもなります。


井筒和幸(映画監督)

まずはいいたいことの1つでも、相手の心に引っかかる部分をつくっておく。「商品の魅力はこの機能です」とかね。あれもいい、ここも魅力ですと多く売り込み過ぎると、逆に伝わりにくいもんです。でも、なにか強く引っかかる部分があれば、人間は他の部分も理解しようという気になる。そこを突破口にして、何回でも売り込む。どの仕事でも心が折れたら、ストップしてしまうからね。


朝倉千恵子

部下に仕事を任せ、権限を委譲するとき、部下にきちんと理解させなければならないことがあります。

  1. 最後の責任は上司である自分がとるという重い決断の上で任せたのだから、最終責任者への報告は仕事上、義務であるということ。
  2. 報告を求めるのは「あなたという人」を疑っているからではなく、「仕事」を疑っているのだということ。

人のやる仕事ですから、完璧なんてありえません。ミスもすれば、忘れもするものです。たまには手を抜きたくなることだってあるでしょう。だからこそ、チェックし、管理しなければならない。それは、相手が「あなただから」ではなく、「誰であっても」そうなのだということを説明し、理解させるのです。


ページの先頭へ