石橋善一郎の名言

石橋善一郎のプロフィール

石橋善一郎、いしばし・ぜんいちろう。日本の財務家。日本トイザらス副社長兼CFO(最高財務責任者)。上智大学法学部法律学科卒業後、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。そのほかCMA、CPA、CFM、CIAなどの財務系の資格を取得。富士通、富士通アメリカ、株式会社コーポレイト・ディレクションなどを経て、インテル日本法人に入社。予算管理部長、経理部長、コントローラ(経理・予算管理担当)、米国インテル本社のコントローラ(製品事業部)、インテル日本法人コントローラ(管理・経理・財務統括担当)などを歴任。その後、ディーアンドエムホールディングスCFOを経て、日本トイザらス副社長兼CFOに就任。

石橋善一郎の名言 一覧

事業を絞り込む際に最も重要なのは、続けるものと撤退するものを選別するルールを決めることです。


経営再建で人員削減や原価低減に取り組むのは本来最優先でやるべきことではありません。企業の特徴を考えたうえで、一番強いところを生かすために戦略の優先順位をつけるのが経営の役目でしょう。


私は日本の大手メーカーの財務部門で働いた後に、インテルの日本法人と米国本社で計14年間働きました。インテルで強く感じたのは、日本企業とは対照的な危機に対応する際のスピードでした。


本質的には企業価値を中長期的に本当に高められるかどうかが最も重要なチャレンジにほかなりません。その中で企業価値を高めるにはどこを守り、どこを捨てないといけないかを見極めなければなりません。


インテルの事業絞り込みのルールは、私が新卒で入社した日本のメーカーとは対照的でした。社内の偉い人が手掛けたプロジェクトであるという理由で、だらだらと続けているケースがたくさんありました。本当にいっぱいあり、若い財務担当者だった私としては、「こんなことをやっていたら絶対にまずい」といつも思っていたものです。


インテルショックとその立て直しで学んだのは企業の戦略は時間とともに陳腐化していくという厳然たる事実です。新規事業を次々に始める一方で、現在動いているプロジェクトには定期的に優先順位をつけていき、駄目なものは見切っていくべきなのです。


インテルは開発関連の予算を3か月に1回見直ししています。私はいわゆるゼロベース予算というやり方で、3か月ごとにプロジェクトに優先順位をつけて、見込みの薄い事業は基本的に中止して撤退しました。
【覚書き|米国インテルで財務担当をしていたとき、インテルショックと呼ばれた株価下落が起こりその対処をした当時を振り返っての発言】


石橋善一郎の経歴・略歴

石橋善一郎、いしばし・ぜんいちろう。日本の財務家。日本トイザらス副社長兼CFO(最高財務責任者)。上智大学法学部法律学科卒業後、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。そのほかCMA、CPA、CFM、CIAなどの財務系の資格を取得。富士通、富士通アメリカ、株式会社コーポレイト・ディレクションなどを経て、インテル日本法人に入社。予算管理部長、経理部長、コントローラ(経理・予算管理担当)、米国インテル本社のコントローラ(製品事業部)、インテル日本法人コントローラ(管理・経理・財務統括担当)などを歴任。その後、ディーアンドエムホールディングスCFOを経て、日本トイザらス副社長兼CFOに就任。

他の記事も読んでみる

冨田英揮

求人分野だけで目標の営業利益・時価総額を超えることは不可能。その可能性を探るために、若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする。私自身、創業期には、パソナの南部(靖之)さんに育ててもらった。成功確率が低いのは分かっていますが、今度はその役目を自分が果たしていく。


大塚寿

ビジネス上のつきあいが濃くなるか否かを握る鍵は、結局のところ人間関係にある。


テリー伊藤

人生は白分だけが主人公じゃない。駅伝のひとりのランナーに過ぎない。自分のゴールで次の人にタスキを渡すんだってことを考えていれば、仕事の仕方も変わる。


鈴木泰信

当社の歴代社長は、銀行出身か経営企画畑出身で現場を知りませんでした。そのため人員削減に踏み切れずにいました。しかし、NTNで初めて技術系出身のトップとなった私は、ほぼ一貫して開発や生産部門を歩いてきたため、どの工場にどんな機械があるかまで現場を知り尽くしていました。また、常に組織の傍流を歩んできたため、当社の体質や問題点を客観視できていました。


出口治明

話を持って行く際に、「誰に一番最初に話をするのがスムーズか」を見極めることが大切。渉外の仕事をやっていたとき、知り合いのつてを辿って、事前に相手の内情を探りに行ったものです。すると「あのトップはあの課長の言うことは何でも聞くから」と教えてくれる。


上田研二

良きにつけ悪しきにつけ、企業経営の問題点は99%経営者に責任がある。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

資格を取る効用のひとつは、「箔付けとなる」こと。資格がなくても就ける職業やポジションであっても、名刺や履歴書に書いてあれば、一定の評価を得られる資格です。第三者に自分の知識や技術のレベルを客観的に示せるメリットが大きいのです。ただ「会計に詳しいです」とだけ訴えても、そのレベル感や真偽は相手に伝わりませんが、「簿記三級取得」と言えば、客観的かつ具体的に実力を示すことができます。


金岡重雄

本社周辺の清掃や写経は、一見、会社経営に関係がなく映るかもしれませんが、そんなことはないんです。何事でも続けることによって得られる、気づきや学びは絶対にあるのです。


澤田秀雄

「未来の数字」というのは、将来の業績を予測するための指標になる数字のことです。H.I.S.でいえば、航空券やホテルの予約数などがそれにあたります。ハウステンボスでも、周辺のホテルの予約率など、将来の業績を予測するための指標がいくつかあります。こういった指標を見ることで将来の業績が予測できるわけです。「過去の数字」とは違って、確定している数字ではありません。「このままだと、これから業績が下がるな」ということがわかれば、対策を打つことで、業績を下げないように、あるいは上げるようにできるわけです。


田中靖浩

数字や会計に苦手意識を持っているビジネスマンは多くいます。いつまでも苦手のままでいるのは、会計を勉強するときのゴールが見えていないからです。一言で会計といっても、人それぞれ立場によって必要な知識は異なります。自分の仕事とつなげてゴールを考えることが大切です。


文野直樹

良い仕事をするためには、なんにでも好奇心を持って、体験してみることが重要。


佐藤公平

当社はお店を標準化しているので、それによって無駄を減らせたり、非効率さを減らせます。従業員の給料をカットするのではなく、仕事をシンプルにして、1店舗あたりの労働時間数を減らすなど、経費削減はまだまだ可能です。


太田雄貴

結果を出せば知名度も環境も金銭面も変わる。人生を変えるぞ。


平野岳史

ビジネスは失敗の連続ですから、逆境に弱いというのは致命的です。逆に、自ら場数を踏んで、失敗のストレスやプレッシャーに対する耐性を高めていって、プレッシャーのかかる場面ほど燃えるようになれば、仕事は格段に面白くなるはずです。


鈴木健一(経営コンサルタント)

伝えたいメッセージが10あるとします。でも、それを文言で読ませるなら別ですが、談話や講演で伝える場合、10では多すぎて受け手の頭に入らない。メッセージを3つに絞ることでひとつひとつの意味が強調できるし印象にも残る。その意味で3は重要な数字だと思います。


ページの先頭へ