名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石橋信夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石橋信夫のプロフィール

石橋信夫、いしばし・のぶお。日本の経営者。大和ハウスグループの創業者。奈良県立吉野林業学校卒業後、吉野中央木材に入社。取締役まで務めたのち、大和ハウス工業を設立。その後、同社を企業グループへと大きく成長させた。

石橋信夫の名言 一覧

会いやすい人間とばかり会っている人間は進歩がない。緊張して肩が凝るような人のところに行かないと駄目だ。


昨日今日の思いつきで言っていると思うのか。ずっと見てきたうえでの決断だ。


必要ならやれ!


フッと出てきたときに書いておかないと忘れていく。そんなもんやで。
【覚え書き|枕元やトイレにまでメモ帳を置いている理由について語った言葉】


どんなに売れる商品でも、3年後には墓場へやれ。


長たるものは決断が一番大事。


わかるやつにはわかるが、わからんやつにはわからん。
【覚書き|石橋氏は直接的に部下に教えるのではなく、禅問答のような謎かけをして考えさせる教育を行った。上記は謎かけをしたあとによく言った言葉。】


事業を興すときは、何をしたら儲かるかではなく世の中のためになるかどうかで考えろ。


困難を解決するのが社長の仕事だ。


運の悪い人とつきあうと運がとられる。


天下の国鉄といえど、昔は駕籠(かご)かきだったではないか。今も日立から部品が入ってこなければ何もできない。日立だって社員40名からスタートしたと聞いている。どんな大きな会社も、小さな時代はあったではないか。
【覚書き|大和ハウス工業を創業したてのころ、国鉄にセールスに行ったときに「そんな小さな会社に天下の国鉄が発注できるか」と言われたときの発言】


人に嫌われるのが嫌な者は、経営者にはなるな。


私は経営を耳で学んだ。これこそ生きた経営学である。私は学問はないが「聞学(もんがく)」は習得した。これが何よりの武器なのである。
【覚書き|上記発言はたたき上げの創業社長の経験からの経営哲学を語ったもの】


ここまで大きくなったら社会の公器や。3万人の社員のうしろには家族がおるやろ。協力会社も、取引先もあるやろ。そんな大勢の人に迷惑をかけることは断じてできへん。だから、会社を頼むな。
【覚え書き|社員が3万人を超えたときに後継者に語った言葉】


石橋信夫の経歴・略歴

石橋信夫、いしばし・のぶお。日本の経営者。大和ハウスグループの創業者。奈良県立吉野林業学校卒業後、吉野中央木材に入社。取締役まで務めたのち、大和ハウス工業を設立。その後、同社を企業グループへと大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

福沢諭吉

事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。


似鳥昭雄

給与だけでなく、社員への教育にもドンドンおカネをかけています。上場会社の社員への教育投資は、1人年間で5万円弱だとされていますが、ウチはその5倍以上、年間で26万円ほど投じています。人材が命であり、今後も教育投資におカネを惜しむつもりはありません。


吉田たかよし

間の取り方は訓練や学習によって上手くなる。自転車に乗れなかった人が練習して乗れるようになるのと、原理は一緒。間が悪くて何度も失敗すると、「このパターンは駄目だ」と脳が学習し、次はこうすればいいと解決策がわかると自然と間の取り方が上手くなる。


小宮隆太郎

「出る杭は打たれる」と言いますが、斬新な意見に対して逆風があるのは日本でも米国でも同じ。


鉢嶺登

苦しかったことや失敗をあげたらきりがないですが、総括すれば、やっぱり楽しかったですし、社長業をずっと続けたい。


水城せとな

マンガ家はサービス業ですから予定調和の展開や、読者が求めるキャラを描くのも大切なことだとは思うんですけれど……私は、読者の要求が先にあってこちらが後から応えるような受け身な描き方をしたくなくて。「ええっ、ひどい」っていう顔を見るのが好きなんですよ(笑)。私自身も、「ええっ!」って傷ついちゃう、手心のない作品ばかり鑑賞してます。そういうのを楽しめるのも、フィクションの醍醐味ですから。


澤田秀雄

ビジネスにはバランスも重要です。たとえば、すごくいい商品を開発したとしましょう。値段も適切だし、広告宣伝も完璧。でも、それを売る販売店の店員の数が足りていなければ、いくらお客様が来店されても対応しきれないということが起こります。すると業績はあがらない。あるいは、店舗には十分な人数の店員がいて、商品もいいし値段も適切だとしても、広告宣伝ができていないために、お客様が来てくれないということもあります。つまり、様々な要素のうち、「一番低いところに業績が合ってくる」ということです。だから、業績を引き下げる要素が出てこないように、バランスをとるべきなのです。


三宅重光

厳しさは自分自身に向けるべき。


石塚眞一郎

趣味性の強い商材は、人の価値観に左右される。つまり、心底好きな人だけが買いに来る商材であり、そういう人は、いかに商品に価値があるか、商品が好きかという気持ちを共有したいと思うケースが多い。店主自身に「好き」という前提がなければ成り立たない商売。


臼井貴弘

高校卒業後入社した会社は、通信機器や保険商品の卸売業を主とした強い営業力で有名な企業で、数字に対する絶対感や、お客さまと全力で向き合う姿勢などを学びました。電話回線サービスの提案などの仕事を担当し、その営業手法や保険の発想を不動産業界に応用したらどうなるかと考えました。


阿久津聡

ソーシャルメディアの時代になると、「本物」でないと評価されなくなります。ユーザーの評価を直接聞けるようになり、すべてが見えるようになった。イメージ戦略だけでは見透かされてしまう。一部の企業はこうした動きに危機感を持っているかもしれませんが、コミュニケーシヨン下手でも本物を作っている企業は、逆に評価される機会が増えていく。そうした企業ほど、ブランド構築のために、ウェブなどのプラットフォームを作っておくべきでしょうね。


似鳥昭雄

お客様に「儲かったな」と思っていただけなければ、また店に来てもらうことはできない。