名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石森康一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石森康一郎のプロフィール

石森康一郎、いしもり・こういちろう。日本のコンサルタント。「Value Frontier」社長。立教大学経済学部経済学科卒業、米国デンバー大学国際関係大学院修了、英国サセックス大学博士課程単位取得後中退。国連機関でのインターン、国際協力銀行(JBIC)などを経てValue Frontierを設立。

石森康一郎の名言 一覧

情報は手帳に一元管理しています。公私の区別なく書き込むのがコツです。


専門家を積極採用し、会社を大きくするよりも、むしろ社外にある優れたリソースを十分に活用していくことの方が効率的であり重要だと考えています。


仕事ばかりで家族や友人との大切な時間や自分の時間を持てないようなスタッフが、サステイナビリティーを追求する長期的な業務に能動的に取り組めるとは思えないんです。だからこそスタッフそれぞれの個性を尊重した仕事のやり方を心がけたい。


向こうからやってくる情報を漫然と待つのではなく、目的意識を持って自分から取りにいくことが大切。そうやってつかんだ情報こそが頭の中でうまく整理され、来るべきときに重要な役目を果たします。


企業の代表としての業務、新規事業の監理業務、コンサルタントとして従事している調査業務など、日々すべきことや処理するべき情報は山積み。ノートパソコンと手帳、携帯電話をフル活用し、どこでもオフィスに変身させて効率良くこなしていくようにしています。


石森康一郎の経歴・略歴

石森康一郎、いしもり・こういちろう。日本のコンサルタント。「Value Frontier」社長。立教大学経済学部経済学科卒業、米国デンバー大学国際関係大学院修了、英国サセックス大学博士課程単位取得後中退。国連機関でのインターン、国際協力銀行(JBIC)などを経てValue Frontierを設立。

他の記事も読んでみる

松重豊

「経験があると安心する」という人もいるかもしれませんが、それでは引き出しの中から出すことしかできず、新しいものを生み出せません。


上條努

読書は頭の中の選択肢を増やすためのひとつの方法なんです。考えるための糧はできるだけたくさん持っていた方がいいわけで、社内でも「ブックチャレンジ制度」という形で、社員への読書推奨システムを導入しています。自由参加で、各人がテーマと冊数を決め、達成したら図書券をプレゼントする制度です。


仙石通泰

約20前、この会社に入った時の主要取引先はNEC1社だけでした。「これはまずい」と思い、社内改革を進めました。その結果、取引先は10年後には10社に増え、今では約100社に達しています。これは接待やゴマスリをやって増やしたのではありません。インテリジェンスを生かし、得意先が喜ぶ提案をタイムリーに提示するという努力を重ねた結果です。


ピーター・ドラッカー

リスクが富を生む。


おちまさと

会議で議論が堂々巡りをしはじめたら、「そういえばサザンの新しいアルバムさ……」のような、全然違う話をします。そうすると、これまでの回路とは全然違うところにつながるので、突然新しいアイデアが出始めることなんてことは、よくあります。それから、なんといっても笑いですね。会議室の淀んだ空気を一気に浄化するのに、笑ほど格好の道具はありません。空気づくりが自由自在にできるようになったら、その人は会議の達人の域に近づいたということです。


鈴井貴之

年齢を重ねるたびに、自分もどんどん「死」に近づいているなっていう実感もあって。そうなると、最期を迎えるとき、「偏屈なジジイだったよな」って思われるより、みんなに涙を流しながら哀しんでもらいたいっていう欲も出てくる。


執行草舟

あえて「毒」を食らわなければいけない。その方法が、昔の人の本を読むことです。古典には悪いものは悪い、馬鹿は馬鹿とはっきり書いてありますから。つまり、生命の本質がちゃんと書いてあるのです。生命というのは、決して楽しいものではありません。どちらかと言えば悲しいものです。そういう「毒」の部分を感じないと生命の根源がわからない。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト「グーグルX」で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては「インテリジェント・カーを造る」と言ったら、みんなに笑われたものです。でも私は当初から「車は人より賢くなれる」という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。


貞末良雄

私がいつも言うのは「議論が大事だ」ということです。議論とはケンカではなく、相手の経験をそっくりもらうことです。もし100人の経験知が議論によってまとまれば、すごいアイデアが生まれるでしょう。私が社員よりも優れているのは、経験知の多さだけです。失敗の経験だけは、誰よりもしてきていますから(笑)。その経験知を社員に与えていくのが、私の役割だと考えています。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

お客様はこんな商品・サービスが欲しいと思っていても、それがどんなものか明快に表現できません。つまり、お客様に「あなたの欲しかったものは、これですね」と明快にお見せできる立場になって初めて、お客様は私たちに自分の重要なものを預けてもいいということになるのです。


午堂登紀雄

多くのサラリーマンに欠けているのが、「いかに収入を増やすか」という視点です。


茅野亮

余裕がある人は、問題を突き詰めずに先送りしてしまう。我々のように後ろがないと、先送りすると崖から落ちてしまいます。だから必死です。ひたすらお客さんに受け入れられる提案をし続けるだけなのです。