名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石村賢一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石村賢一のプロフィール

石村賢一、いしむら・けんいち。日本の経営者。ECサイト用レンタルサーバーのEストアー創業。東京出身。日本大学理工学部中退後、アスキーに入社。社長室広報担当・事業開発担当部長、アスキー・エクスプレス取締役企画部長、アスキー・エアー・ネットワーク代表取締役、アスキー・ネット取締役、アスキー・インターネット・サービスカンパニー副事業部長などを務めたのち退社。セコムにてネットワークセキュリティ事業部スーパーバイザーを経験したのち、Eストアーを創業。

石村賢一の名言 一覧

どの本が一番感動するかは人それぞれですが、たまたま出会った本や、そこに書いてあるワンフレーズが人生を変えることがあります。そんな出会いがあるからこそ、本は読み続ける価値があるのです。


最近でこそ、年に何十冊も本を読むようになった私ですが、若いころは本をほとんど読まない人間でした。だから、読書が苦手だという若手社員たちの気持ちもわかります。要はとっかかりが必要なのです。


私は社員によく本を配ります。対象は全員であったり、本の内容を見て、読んでほしい一部の社員であったりします。


違うことをやっても必ず成功するとは思いません。ただし、違うことをやらなければ成功しないのは確かです。


多くの人がごく当たり前のことすらも忘れています。たとえば、数年先に地下鉄の駅が開通することが決まっている場所があったとします。オフィスや住宅の引っ越しをする際、その予定を覚えているのといないのとでは意思決定に大きな差が出るでしょう。


毎日遅くまでどっぷり現場に浸かっていたら、外の状況が見えなくなってしまいます。月に一回は会社をさぼって遊べと言っているぐらいです。


ウェブショップなら我が社に、それ以外なら他社に。そう言い切った時点で競合他社はなくなりました。
【覚書き|レンタルサーバー事業で他社との差別化を行ったときの発言】


当社はECに関するバックヤードの「丸投げ」大歓迎です。最近では以前ECに失敗した大手企業から「丸投げ」の引き合いが増えています。バックヤードは当社に任せて、商品企画、顧客管理、顧客とのコミュニケーションに専念することで本業との相乗効果も出ています。


石村賢一の経歴・略歴

石村賢一、いしむら・けんいち。日本の経営者。ECサイト用レンタルサーバーのEストアー創業。東京出身。日本大学理工学部中退後、アスキーに入社。社長室広報担当・事業開発担当部長、アスキー・エクスプレス取締役企画部長、アスキー・エアー・ネットワーク代表取締役、アスキー・ネット取締役、アスキー・インターネット・サービスカンパニー副事業部長などを務めたのち退社。セコムにてネットワークセキュリティ事業部スーパーバイザーを経験したのち、Eストアーを創業。

他の記事も読んでみる

上西京一郎

開業25周年はただの数字的な区切りではありません。開業当時、ご両親に連れられて来援された方の多くはその後結婚され、いまはお子様を連れて来園されているかもしれません。25年の年月にはそれぞれのご家族の歴史と思い出が染みこんでいます。その蓄積が2722万人という数字に表れたのだと思います。ゲスト(お客様)とのつながりの強さを改めて実感しました。
【覚書き|2009年3月期の入園者数が2722万人を記録したことについて語った言葉】


近藤宣之

当社は常勤社員の3分の1が役員や幹部です。課長、部長という名称のポジションを増やし、幹部会議に出席させています。経営に参画すれば、ますます当事者意識が上がるからです。


坂本史郎

市場のニーズは常に更新されますから、基礎的な要素技術であっても、時代の少し先を見据えた組み合わせ次第で優位なポジショニングが可能です。当社は使い方の独自性を見いだす提案を心掛けています。


小池龍之介(小池龍照)

「業」をためない、ムダな怒りの感情に支配されないためには、なにごとも「受け流す技術」を手に入れること。いちいち感情を起動させず、ほったらかす。


ファンキー加藤

さすがに僕もいい年なんで、10人いたら10人全員の夢が叶うはずないことはわかっています。僕自身、叶ってきた夢もあれば、全然、叶わなかった夢もたくさんありますから。「信じていけば必ず夢は叶う」という歌詞を書いている自分にすごく矛盾を感じる瞬間もあるわけです。曲を作りながら、なんかきれいごとを言っているなーと突っ込む自分もいます。でも、そこで止まらない。「だけど、でも」って踏ん張って進むんです。


荒谷卓

先の戦争では、欧米がつくった国際秩序の中で競争して失敗しました。戦後も同じ道を歩まないようにするためには、日本人が得意とする協調秩序を世界に構築することです。そうすれば、黙っていても日本は、国際社会でリーダーシップを取る立場になるでしょう。そこにチャレンジする勇気、和の文化を守る武士道精神を発揮してもらいたいですね。


鑄方貞了(鋳方貞了)

資金繰りの苦労だとか、会社経営の辛い面ばかりを子供に聞かせていないでしょうか。そういうマイナス情報ばかりを伝えていては、子供が会社を継ぎたがらないのは当たり前です。


酒巻久

仮に、上司に途中経過をまったく報告しないまま3か月後に結果を出した部下と、随時報告をしながら6か月後に結果を出した部下がいた場合、後者の方が「仕事が速い」と、上司は感じるものです。だから、上司からのどんな指示に対しても、「サッと気持ちを切り替えて、すぐ報告するクセ」は、絶対つけるべきです。


前田新造

社長に就任したとき、私は3つの夢を掲げました。「100%お客様志向の会社に生まれ変わる」「魅力ある人で組織を埋め尽くす」「大切な経営資源であるブランドを磨きなおす」の3つです。


亀井静香

経団連の御手洗冨士夫会長を怒鳴りつけてやりましたよ。「大企業が、下請けの中小、零細企業に儲かりもしない仕事を押しつけておいて、テメエ(一部の大企業)のとこだけ儲けを奪っているなんて、おかしいだろう!」って(笑)。

【覚え書き|金融担当大臣時の発言】


宮嶋宏幸

私は社内の年頭の挨拶で毎年、「専門店の完成形を目指そう」と言い続けているんです。基本的すぎると受け取られるかもしれませんが、そんなことを言い続けなければ、果たすべきことはとても実現できないのです。


河村亮

あまりにネタが多すぎるのも情報に溺れてしまい良くない。あらかじめ取捨選択をしておくことも大切。