名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石村和彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石村和彦のプロフィール

石村和彦、いしむら・かずひこ。日本の経営者。「旭硝子」社長・会長。兵庫県出身。東京大学産業機械工学科修士課程修了後、旭硝子に入社。エンジニアリング部設備技術研究所硝子グループリーダー、旭硝子ファインテクノ社長、旭硝子関西工場長、執行役員、エレクトロニクス&エネルギー事業本部長、上席執行役員などを経て、社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

石村和彦の名言 一覧

人が力を発揮するのを妨げているのは部門間の壁。これはぶち壊さねばならない。


力を振るうには、勇気も必要。子会社での人事も「乱暴だ」と言われましたが、失敗なら戻せばいいと開き直っていました。


経営者の仕事とは、自分の権限をフルに使い、時には権限以上のことも行って、働いている人の力を能力以上に引き出すこと。リーダーに与えられている力は、そのためにある。


小さな会社のいいところは、朝決めれば午後から人事を動かせること。


同じ商品でも同じお客様でも、喜んでいただけるポイントは常に移り変わるものと考え、その変化をとらえることが重要ではないかと思います。


資料をつくるよう指示されたのなら、上司が望んでいるのは詳細なものなのか、簡単でもいいから急いでいるのかをまず考えるべきです。そうして上司を自分のお客様と考え、ニーズをとらえることを第一にすれば、間違いのない仕事ができるようになるはずです。


ある商品の需要が減って、設備の稼働に余裕があるのなら、その時間を改善のためのテストに充てることもできます。厳しい状況でもそうして力を蓄える時間と考えれば、やるべきことはたくさんあると思うのです。


この厳しい状況でも、研究開発費は削減せずに逆に増額しました。絞ればそのぶん利益を上げることもできるでしょうが、それでは将来の楽しみがなくなってしまいますから。


経営において最も大切だと考えているのは「人は力なり」ということです。会社でも個人でも、日々の成長を意識しなければ、これからの時代に生き残っていくことは難しいでしょう。もちろん弊社としても、事業と社員の成長により一層力を注いでいきたいと考えています。


お客様が最も大切に思っていることを見極めることが大切です。顧客満足が大切なのは言うまでもないことですが、それは何かの指標を基にレーダーチャートをつくって、それを完璧にするということではないと思うのです。たとえば、メーカーでは一般的に「お客様が何よりも重視するのは品質だ」と考えるものですが、必ずしもそうではない場合もあります。私がエレクトロニクス事業の責任者だったとき、「品質はもちろん大切だが、それ以上に納期を優先してほしい」というお客様の声が大きかったのです。


いま、環境問題が世界的なテーマになっていますが、ガラスにおいても地球環境の改善に貢献できる製品がますます求められてくるでしょう。弊社の技術を活かして、そうした新しいニーズに応えていくことで、世の中に大きく貢献できると考えています。


子会社の社長になるとき、元上司に「リーダーの心得は『人は力なり』だよ」と言われました。当時は「そういうものかな」と思って聞いていましたが、状況が身に染みるにつれて「会社の立て直しは、自分ひとりが頑張ってどうにかなる話ではない」ということが見えて、「ああ、人は力なり、とはこういう意味か」と腑に落ちました。


石村和彦の経歴・略歴

石村和彦、いしむら・かずひこ。日本の経営者。「旭硝子」社長・会長。兵庫県出身。東京大学産業機械工学科修士課程修了後、旭硝子に入社。エンジニアリング部設備技術研究所硝子グループリーダー、旭硝子ファインテクノ社長、旭硝子関西工場長、執行役員、エレクトロニクス&エネルギー事業本部長、上席執行役員などを経て、社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

海老一宏

理想は、会社の言いなりではなく、自ら仕事を創り出して事業発展に貢献することです。ここまで突き抜ければ、その分野では社内のオンリーワンであり、プロフェッショナルです。


小宮山栄

1000人に声をかけて、1人しか製品を買わなかったとしよう。私なら、その1人に買った理由を聞く。売れない理由は、値段が高い、デザインが悪いなど、いくらでも出てくる。しかし、1人でも購入の決断をしたわけだ。そこを追求したほうが次につながる。


藤井英敏

大きなリスクを取れるならば、株式市場が暴落した局面など株が安くなったときに、直近の高値からかなり売り込まれている銘柄を探して買う方法がよい。それも、倒産するのではと言われているほど売り込まれた株を買う。上場企業が倒産することは確かにあるが、実際にはそう簡単には倒産しないものだ。支援企業が現れたり、立ち直ったりして株価が上昇に転じることはおおい。また、仮に倒産しても、そのニュースが流れた直後は株価が上昇することも往々にしてある。こうして買った銘柄の株価が50から100%程度上昇したら利益を確定させ、次に株価が安くなったときを待つ。このような短期売買を繰り返して行う。


樋野興夫

死を恐れる人たちに対して、私はいつも自分の死後の夢の話をします。私の夢は、尊敬する勝海舟と新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造、南原繁、矢内原忠雄、そして吉田富三と私の8人で天国にカフェを開くこと。死後のことはわからないのだから、どんな夢を持つのも自由。信仰に頼らなくても、心を穏やかに保つ方法はあるのではないでしょうか。


スピノザ

人が不可能だと思っているときは、やりたくないと決めているときだ。


安藤文男

ビジネスモデルにばかり振り回されてはいけない。


星野佳路

やりたい仕事に挑戦でき、自分たちの力を試せる環境こそが大事。やってみてうまくいかなければ、それは本人が一番よくわかる。


太田光代

成功体験もミスも含めて、場数を踏むことそのものが何よりの勉強。


和田秀樹

意欲レベルを保つために、意識して自分に強い刺激を与え続けることとともに、もう一つ大事なポイントは、自分のチャレンジすることを達成可能にする戦略なり発想を持つことだ。


藤森徹

基本的には、「自己資本比率が30%以上」あり、「借金が月商の3か月分以下」、「2年連続で営業利益がプラス」になっている企業が「安定企業」とされています。ですが、多くの人はこの程度の最低限の確認も行わずにビジネスを進めたり、転職を決めたりしているようです。これは非常に危険なことです。


松井道夫

訳の分からない分割、地獄に堕ちろ。いずれ市場から数十倍、数百倍のしっぺ返しがある。(覚書き|株主利益を無視した経営者のエゴによる過度の株式分割を批判した言葉。名指しは避けたがライブドアへの批判だと見られる。この後ライブドアは証券取引法違反容疑で強制捜査され株価が急落。株式がただの紙同然になる)


瀧本哲史

成長するためには、優秀な人たちと、ゲゼルシャフト(目的志向型組織)的なチームをつくらなくてはなりません。そのためには「自分は○○という人間です」というラベリングをすることです。私の場合、メディアにでるときには「京都大学客員准教授」という肩書を使っています。私の本業は「エンジェル投資家」ですが、なぜその肩書を使わないことが多いかといえば、日本では「投資家」という職業のイメージがよくないからです。ラベリングの目的はあくまで、人に評価・判断してもらうことです。他人からそのラベルを見られたときにどう思われるか。その視点をもちましょう。