名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石村和彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石村和彦のプロフィール

石村和彦、いしむら・かずひこ。日本の経営者。「旭硝子」社長・会長。兵庫県出身。東京大学産業機械工学科修士課程修了後、旭硝子に入社。エンジニアリング部設備技術研究所硝子グループリーダー、旭硝子ファインテクノ社長、旭硝子関西工場長、執行役員、エレクトロニクス&エネルギー事業本部長、上席執行役員などを経て、社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

石村和彦の名言 一覧

人が力を発揮するのを妨げているのは部門間の壁。これはぶち壊さねばならない。


力を振るうには、勇気も必要。子会社での人事も「乱暴だ」と言われましたが、失敗なら戻せばいいと開き直っていました。


経営者の仕事とは、自分の権限をフルに使い、時には権限以上のことも行って、働いている人の力を能力以上に引き出すこと。リーダーに与えられている力は、そのためにある。


小さな会社のいいところは、朝決めれば午後から人事を動かせること。


同じ商品でも同じお客様でも、喜んでいただけるポイントは常に移り変わるものと考え、その変化をとらえることが重要ではないかと思います。


資料をつくるよう指示されたのなら、上司が望んでいるのは詳細なものなのか、簡単でもいいから急いでいるのかをまず考えるべきです。そうして上司を自分のお客様と考え、ニーズをとらえることを第一にすれば、間違いのない仕事ができるようになるはずです。


ある商品の需要が減って、設備の稼働に余裕があるのなら、その時間を改善のためのテストに充てることもできます。厳しい状況でもそうして力を蓄える時間と考えれば、やるべきことはたくさんあると思うのです。


この厳しい状況でも、研究開発費は削減せずに逆に増額しました。絞ればそのぶん利益を上げることもできるでしょうが、それでは将来の楽しみがなくなってしまいますから。


経営において最も大切だと考えているのは「人は力なり」ということです。会社でも個人でも、日々の成長を意識しなければ、これからの時代に生き残っていくことは難しいでしょう。もちろん弊社としても、事業と社員の成長により一層力を注いでいきたいと考えています。


お客様が最も大切に思っていることを見極めることが大切です。顧客満足が大切なのは言うまでもないことですが、それは何かの指標を基にレーダーチャートをつくって、それを完璧にするということではないと思うのです。たとえば、メーカーでは一般的に「お客様が何よりも重視するのは品質だ」と考えるものですが、必ずしもそうではない場合もあります。私がエレクトロニクス事業の責任者だったとき、「品質はもちろん大切だが、それ以上に納期を優先してほしい」というお客様の声が大きかったのです。


いま、環境問題が世界的なテーマになっていますが、ガラスにおいても地球環境の改善に貢献できる製品がますます求められてくるでしょう。弊社の技術を活かして、そうした新しいニーズに応えていくことで、世の中に大きく貢献できると考えています。


子会社の社長になるとき、元上司に「リーダーの心得は『人は力なり』だよ」と言われました。当時は「そういうものかな」と思って聞いていましたが、状況が身に染みるにつれて「会社の立て直しは、自分ひとりが頑張ってどうにかなる話ではない」ということが見えて、「ああ、人は力なり、とはこういう意味か」と腑に落ちました。


石村和彦の経歴・略歴

石村和彦、いしむら・かずひこ。日本の経営者。「旭硝子」社長・会長。兵庫県出身。東京大学産業機械工学科修士課程修了後、旭硝子に入社。エンジニアリング部設備技術研究所硝子グループリーダー、旭硝子ファインテクノ社長、旭硝子関西工場長、執行役員、エレクトロニクス&エネルギー事業本部長、上席執行役員などを経て、社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

小早川智明

我々は電気だけで勝負していこうとは思っていない。ここだけで勝負していたら、価格競争に巻き込まれるだろう。社内でも「単に安売りするだけなら営業は要らない」と厳しく言ってきた。重要なのは顧客のニーズを的確に把握する関係を構築できるかどうか。電気だけで勝負するのではなく、エネルギー・マネジメントや省エネ機器など、お客さんがエネルギーに求める全てを組み合わせて、付加価値を高めていきたい。


渡邉美樹

私のモチベーションは完全な思い込みから生まれます。誰かに言われたわけではないけれど、「俺がやるんだ」と勝手に思っています。


枡野俊明

掃除は心を整えるためのスイッチ。何も考えず、ただ一心に掃除に打ち込む時間を持てば、くよくよした気持ちも拭い去られるはず。


天坊昭彦

おそらく多くの人は情報をたくさん仕入れすぎるのではないでしょうか。もちろん情報は大切です。しかし、より重要なのはその見方、読み方です。


ジェニー・ダロック

日本企業の場合、伝統があるがゆえに変わりにくい面があるかもしれません。しかし組織を正しい方向に導き、作り変えていける人が、優れたリーダーです。経営者は常にイノベーティブでいる責任があるのです。


石田淳(コンサルタント)

私は以前夜型でした。早起きを習慣化できるようになったのは、10年ほど前に始めたランニングがきっかけですね。朝走ったり、時には泳いでみたり。すると仕事も重要なものは午前中に片付けられるようになってきて、残業時間も徐々に減っていきました。


石黒征三

弾丸で撃ち抜かれた製品は、いまも本社のミュージアムに展示してあり、それを見るたびに私は品質重視の原点に立ち返っています。
【覚書き|カセットテープのカーオーディオの不具合に怒った米国のあるユーザーから、銃で破壊された同社製品が届いたことを振り返っての発言。その事件を教訓に、同社ではより一層の技術開発・品質管理が行われた】


張富士夫

批判的な話はいくらでもできるのですが、それは考えても仕方のないことですから、どうやって皆でやっていくか。積極的に進めていかなければいけない。


三國清三

どんな仕事であっても、みんながやりたくない、嫌がる仕事には、突破口となるチャンスが隠れている。


大谷將夫

大谷將夫の経営十か条

  1. 経営とは結果がすべてである。
  2. 経営者は「強い思い」と「戦略的思考=長期的・全体的」を持つべきである。
  3. 経営にあたっては「合理主義」と「人間主義」の両輪で行うべきである。
  4. 企業が大切にすべきことは、第一に「お客様」、第二に「社員」、第三に「地域社会」、第四に「株主」と考えたい。
  5. 企業の発展は、社員の創造性の総合力で決まる。
  6. 企業はリスクに挑戦して初めて大きな成果が生まれる。
  7. 管理職以上の人々は、問題解決型人間に育てたい。
  8. 企業は、表の数値「売上」「利益」だけでなく、裏の数値「安全」「品質」「環境」を重視しなければならない。
  9. マネジメント「管理」とは、数量・内容のチェックだけではなく、目標達成策を考えて管理することである。
  10. 企業は、利益を上げ納税することが、最も社会貢献できることである。

野口悠紀雄

私たちが歴史から学ぶうえで大切なのは、たとえば「平成」という時代について考えたい時でも、平成について書かれた書籍にとどまらず、過去の歴史上の国々や人物たちを取り扱う書籍を幅広く読むことです。


村上龍

「小説家になる夢」というのはかなり怪しいです。小説家を目指すのは具体的なことで、夢でも何でもないからです。小説家になるには、作品を書かなければいけません。世の中には、いろいろな小説家がいます。元医師、元警官、元弁護士、元フリーター、元引きこもり、元不登校児、元不良、元犯罪者など、とにかく多彩ですが、最低条件として、作品がないと小説家とは言えません。小説作品がない、草稿もない、書いてもいないという人は小説家ではないし、永遠に小説家にはなれないです。