名言DB

9413 人 / 110706 名言

石本雅敏の名言

twitter Facebook はてブ

石本雅敏のプロフィール

石本雅敏、いしもと・まさとし。日本の経営者。「デサント」社長。大阪府出身。慶応義塾大学卒業後、電通、MBA留学などを経てデサントに入社。執行役員新規事業室長、コーポレート企画室長、取締役、スタッフ部門長、常務取締役などを経て社長に就任。

石本雅敏の名言 一覧

各ブランドで独立して商品を企画していますが、最先端の素材研究などはブランド横断で行っています。


ひとつのブランドに依存するとリスクは高いが、ある程度ライセンスブランドを取り入れ、定期的に入れ替えることで、今まで自社でカバーできなかった顧客に商品を売る機会ができる。組織が活性化するという意味を込めて、ライセンス契約は悪いことばかりではない。


トップアスリートに着てもらうことは、品質などを世界にアピールできる良い機会。ただ、オリンピックはボディーブローのようなものでアッパーカットのような即効性はない。販売増にすぐつながると期待はしていない。長い目で見た戦略の一つ。


規模ではグローバルジャイアントには勝てないので、個々のブランドごとに自分たちの得意とする分野で勝負することにしている。販売エリアだったりアイテムだったり、何かの中で一番を取るというやり方を取っている。


石本雅敏の経歴・略歴

石本雅敏、いしもと・まさとし。日本の経営者。「デサント」社長。大阪府出身。慶応義塾大学卒業後、電通、MBA留学などを経てデサントに入社。執行役員新規事業室長、コーポレート企画室長、取締役、スタッフ部門長、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

今井登茂子

好感度アップの言葉やフレーズと言うのは、いずれも耳慣れたものです。できる人というのは決して、言葉巧みなのではなく、相手のことを常に考えて言葉を選び、使える人なのです。


黒鉄ヒロシ

30歳くらいのとき、ちょっとした事故があったんだ。本屋でね、上の棚の本を取りながら、下にも気になる本があって、そっちを見ていた。それで、何冊か抱えてキャッシャーに行ったら、取った覚えのない本がまぎれてる。こんなの知らんよ……と思いながらも面倒臭いから買って帰ってね。読んでみたら面白かった。自分のセンスなら絶対に選ばない本を事故で手に入れて、世界が広がった。それ以来、自分の買う本の両隣も何かの縁かなと思って手に取るようにしている。


井上慎一(経営者)

笑いがなければダメですね。同じ仕事をするなら楽しいほうがいいじゃないですか。


森川亮

目標達成のために大切なことは、計画よりできるだけ早く動くこと。


木村多江

30代になって考え方が変わったキッカケのひとつが、あるドキュメンタリ一番組の取材でした。トーテムポールを作っているネイティブアメリカンの方にお会いしたとき、「僕がトーテムポールを彫るように、多江には多江にしかできない使命があるんだよと言ってくださった。その使命ってなんだろう? と強く思ったんです。


ケリー・グリーソン

ある事業にとって何が本当に重要なものかを決めるのは、会社のトップにいる重役たちの務めだ。これは気の抜けない戦略のステップなのだ。今現在の利益を上げるために、将来への投資をやめたり、あるいはコスト削減のために顧客へのサービスを犠牲にしたりすると、いずれの場合もビジネスは終局を迎えることになる。


三谷幸喜

自分自身の将来のことは脚本を書くようにはいかない。例えば、今の僕が10年後に何をしているかなんてことは、まったく想像がつきません。逆に10年前に今の自分を想像していたかというと、そんなこともないし。理想は先のことを考えつつ、決断を下せればいいんでしょうけど、将来のことはわかりませんよね。ただ、1つだけ言えるのは、映画にしろ、舞台にしろ、テレビにしろ、僕は喜劇を作りたい。その一点は東京サンシャインボーイズを旗揚げした時からブレていません。次はどうなるかわからないけど、笑いは忘れたくない。


佐藤優

綱渡りで仕事するのはリスクが高いという声もあるだろう。だが、たとえ綱渡りでも、落ちなければ問題はない。綱から落ちたときのためにスケジュールにバッファを多めに入れる人もいるが、入れすぎると緊張感が失われるリスクがある。むしろ予定を詰め込んでギリギリの状況に追い込んだほうが、いい仕事ができるはずだ。


齋藤孝(教育学者)

日本の文豪といえば、真っ先に思い浮かぶのが夏目漱石だろう。だが漱石は、創作の世界に没入していたわけではない。自宅には連日のように来客があり、若い弟子たちも集まっていた。人一倍世間と向き合い続けた作家だったと言えるだろう。ただし、本人は人づき合いが好きではなかった。むしろ人嫌いで偏屈でかんしゃく持ち。それでも多くの人に慕われたのは、「社会の役に立とう」「日本文学の担い手を育てよう」と覚悟を決め、誰に対しても一生懸命に接したからだろう。


原田泳幸

我々の改革は私一人でやったわけではない。みんなでチームで考えてやったんです。私の役割はみんなの知恵をどうやって引き出して、どの知恵を結集して、どの知恵を捨てるかと、そういうところです。


栩木敬

福利厚生とは、経営理念に大きくかかわるものであり、経営者が理想とする事業活動において社員をどう処遇し、生かしていくかという戦略の柱になります。


小林一雅(小林製薬)

小林製薬では、買収する際にあるルールがあります。それは、買うと決める前から、誰をトップとして送り込むのかを決めるということ。買ってから決めるのではダメ。買収した会社にそのまま任せるのもダメです。


槍田松瑩

危機に見舞われると、社員も経営に対して不信感を持つ。直接話すことで乗り越えなくてはならない。


溜田信

段取りよくスムーズに仕事を進めるためには、それを阻害する根本原因「たまってしまう仕事」をどうにかしないといけません。誰にでも「いつまでも残ってしまいがちな仕事」があります。それをしっかり把握したうえで段取りを考えれば、思い通りに仕事が進むようになるでしょう。


山田昭男

未来工業では800人の従業員全員が正社員だ。派遣やパートを雇うことはない。これも社員が喜び、一生懸命に働く動機になっている。正社員として雇用し、30万円の給料を払ったら、社員はみなモチベーションが高まって、必ず30万円分以上働いてくれるものだ。世の多くの経営者は、パート従業員を15万円で雇ったら、正社員を雇っよりも15万円節約できたと思っている。しかし、15万円の従業員は、「安月給で働かされている」と思っているから、まず15万円分働いてくれることはない。社長や管理者が見ている前では働いているふりをするが、見ていないところではできるだけ働くまいとするのが人情だ。つまり生産性や仕事の質は著しく下がってしまう。