名言DB

9490 人 / 112001 名言

石本雅敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石本雅敏のプロフィール

石本雅敏、いしもと・まさとし。日本の経営者。「デサント」社長。大阪府出身。慶応義塾大学卒業後、電通、MBA留学などを経てデサントに入社。執行役員新規事業室長、コーポレート企画室長、取締役、スタッフ部門長、常務取締役などを経て社長に就任。

石本雅敏の名言 一覧

各ブランドで独立して商品を企画していますが、最先端の素材研究などはブランド横断で行っています。


ひとつのブランドに依存するとリスクは高いが、ある程度ライセンスブランドを取り入れ、定期的に入れ替えることで、今まで自社でカバーできなかった顧客に商品を売る機会ができる。組織が活性化するという意味を込めて、ライセンス契約は悪いことばかりではない。


トップアスリートに着てもらうことは、品質などを世界にアピールできる良い機会。ただ、オリンピックはボディーブローのようなものでアッパーカットのような即効性はない。販売増にすぐつながると期待はしていない。長い目で見た戦略の一つ。


規模ではグローバルジャイアントには勝てないので、個々のブランドごとに自分たちの得意とする分野で勝負することにしている。販売エリアだったりアイテムだったり、何かの中で一番を取るというやり方を取っている。


石本雅敏の経歴・略歴

石本雅敏、いしもと・まさとし。日本の経営者。「デサント」社長。大阪府出身。慶応義塾大学卒業後、電通、MBA留学などを経てデサントに入社。執行役員新規事業室長、コーポレート企画室長、取締役、スタッフ部門長、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小林喜光

私は常々、「3次元経営」と言っています。X軸は稼ぐ軸、Y軸は新しいテクノロジーを生み出すフロンティアの軸、そしてZ軸は持続可能性の軸であると言ってきました。人間でいえば心技体です。いまは正に日本の心技体が問われているのだと思います。


盛田昭夫

できることなら競争を避け、和気あいあいでいきたい気持ちは誰にでもある。しかし、自由経済の会社である以上、競争があり、競争するなら勝たねばならない。会社へ出てきた以上は、毎日が競争なのである。これをよく頭の中に叩き込むことが大切であろう。


鑄方貞了(鋳方貞了)

基本は、まず正しい心(マインド)を持ち、誠実で素直であること。それが徳性(人間性)を磨く。


国枝慎吾

「自分に向き合う」作業に必要なのが「ノート」です。反省、取り組むべき課題、その課題を克服して得たことをメモする。「現状」と「課題」を記録し続ければ、「今、自分に必要なこと」が常に明確になり、成長への近道になります。


出口治明

データの裏付けのないものは、勝手な思い込みに過ぎない。そういうものをベースにしても長続きしないでしょう。


水木しげる

好きなことにのめり込み、才能が開花してどんどん伸びたとする。でも、食べていくのは大変だ。なかなか儲かるもんじゃない。努力に見合うマネーはなかなか得られないもんです。だからといって、絶望したり、悲観したり、愚痴をこぼしてはいけない。ただただ、努力するのです。なにしろ、好きな道なんだから。


武田信繁

褒美を与えるような善行があれば、その行ないがいかに大きくても、また、いかに些細な事でも、褒めたたえることを忘れてはならない。『三略』に、「賞は即時に行なえ」といっている。


池谷裕二

年末の大掃除などがよい例で、初めは嫌々始めたものの、いざ掃除を始めると次第に気分が乗ってきて、いつの間にか部屋がきれいになっていた……という経験は誰にでもあると思います。頭のなかだけで考えていても億劫に感じますが、実際に身体を動かしてみると、やる気が出ることがあります。つまり、やる気とは、物事を始める前からあるものではなく、物事を始めたあとから発生するものです。やるべき仕事を前にして、「気分が乗らないな」とダラダラしている段階が、一番不幸な状態だといえますね。


隈研吾

短い時間で相手に理解してもらうために必須なのは、自分を捨てること。相手に感情移入して、相手がどんな情報を得たがっているかを理解するということです。


松下幸之助

自分の力というものをはっきり判定し、それをしっかり把握して、その上で社会に処していくということが、きわめて大事。


グラッドストン

人はよく絶望するという。絶望とは何であるのか、それは彼の身辺にあまりすることが多すぎて、どれから手を付けてよいやらわからなくて、義務に責められることである。これを脱するには、まず手近のひとつから果たしていくがよい。


星野佳路

私の場合、何か困ったとき、解決したい問題が発生したときに、それを解決してくれる本を探して読みます。逆に困らなければ、本は読みません。