石本恵一の名言

石本恵一のプロフィール

石本恵一、いしもと・よしかず。日本の経営者。スポーツウェアメーカー「デサント」の社長。大阪出身。関西学院大学法学部卒業後、大沢商会に入社。石本商店(のちのデサント)に移り、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本スポーツ用品工業協会副会長などを務めた。

石本恵一の名言 一覧

情報化時代、コンピューター時代である今日。ややもすれば人と人、得意先と社員との関係は冷たい関係になりがちだ。それだけに温かい心の交流がより大切になる。小さい気配りが大きな信頼を生む


石本恵一の経歴・略歴

石本恵一、いしもと・よしかず。日本の経営者。スポーツウェアメーカー「デサント」の社長。大阪出身。関西学院大学法学部卒業後、大沢商会に入社。石本商店(のちのデサント)に移り、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本スポーツ用品工業協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山口周

「この局面で求められるクオリティは何点なのか」を見極めて、出力を調整することが大切。常に全力投球していては、評価されないムダな仕事が発生しますし、ここぞというときに力を発揮することもできなくなってしまう。


黒川光博

原材料を何より大切にしています。長年、虎屋のおいしさを追求してきたベテランの職人に「おいしい和菓子を作るにはどうしたらいいだろう」と聞いたことがあります。彼は「それはやっぱり原材料を厳選することです」と即答しました。


荒川詔四

結局のところ、仕事は常に現場にあるのです。その結果を報告の形で聞いていては時間がかかります。しかも報告は二次、三次情報であって、一次情報ではありません。現場の状況を聞きかじりで済ますわけにはいきません。


藤原健嗣

会社は自分の思いを具現化する場所ですし、その目的を遂げるのに当社は十分な場であると自負しています。会社には資本があり、技術の蓄積もある。また、偉くなれば人材を含め、会社の資源をより多く使うことだってできるようになります。個人が1人でやるより、はるかに大きな目的を達成できます。


和田浩子

自分の手には少し余るかなと思うような仕事にも、積極的に取り組んできました。自分の能力相応の仕事をしていては、成長はありませんから。


岩瀬大輔

問題解決の出発点は、「問題がどこにあるのか」を見極めることから始まります。「営業成績が上がらない」というのは、問題から引き起こされた結果であって、問題そのものではないからです。根本的な問題のありかを知ることができなければ、それを解決するための策も見出すことはできません。


松岡正剛

「本とはこうだ」「簡社はこうだ」「会社とはこう」。社会が縛ってきたこうしたルールを飛び出さない限り新しいものなんて生まれるわけがない。


元谷芙美子

私、自分をホテル業界最大の「ゆるキャラ」だと思っています。皆さんにトップとしての顔を見せて、安心してホテルに来ていただくことを目指してきましたが、トップのキャラの確立は今後、さらに重要になっていくと考えています。


瀧本哲史

古典を理解するには、その書がどのような人物によって、どのような文脈で書かれたかを知ることが重要。


山口彰(日本深層心理研究会)

高い目標設定は人生を向上させるのに役立ちます。しかし、到達不能な目標を設定してしまうと、達成できない自分を責める気持ちばかりが強くなり、精神の均衡を保つために責任転嫁をはじめてしまいます。


河辺よしろう

商品を買う時には、必ず目的ときっかけがあります。目的はお客さまが決めますが、きっかけはこちらでつくれます。「問題解決」「負担の軽減」「楽しませる」の3つの要素につながる提案をしましょう。


高岡浩三

なぜ作業を抱え込む管理職がいるのかといえば、楽なんですよね。考えなくていいから。何か仕事をしている気にもなれる。だけど、それでは本来の管理職の役割を果たしていない。面談などで注意をしても改まらないとすれば、替えるしかない。


鈴木哲夫

リーダーに問われているのはどうやって会社を変革させるかという点です。本業を伸ばせば業績が上がった時代は過去の話。世の中の変化を先取りし、事業だけでなく、企業体質そのものを変えていく力が求められている。


安藤宏基

凡人、普通の人というのは、システムアプローチ、つまり決められたことをこなす能力は高いけれど、パラダイムを変えるような革新的な発想はできません。ですから効率は効率で大切ですけれど、革新的な発想を持った奇人変人も大切にしなければいけないのです。


小原日登美

夫に弱音を吐いた時、気持ちがすーっと楽になれたんです。「自分の心は弱い」「助けてほしい」という心の声を自分で受け入れることができた。


ページの先頭へ