名言DB

9490 人 / 112001 名言

石本他家男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石本他家男のプロフィール

石本他家男、いしもと・たけお、スポーツウェアメーカーデサント創業者、石川県出身、スポーツウェアによってゴルフ・テニスの大衆化に大いに貢献する、78歳まで生きた明治から昭和末期の経営者

石本他家男の名言 一覧

トッププレイヤーと言うのは、トップレベルのユーザーである。その優れたユーザーが着用して満足する機能性の高いものであれば、一般化しても安心。優れた開発は優れた人間との共同研究から生まれる。


社員にあまり大きな責任は課すな。しかし相当な権限を与えよ。


石本他家男の経歴・略歴

石本他家男、いしもと・たけお、スポーツウェアメーカーデサント創業者、石川県出身、スポーツウェアによってゴルフ・テニスの大衆化に大いに貢献する、78歳まで生きた明治から昭和末期の経営者

他の記事も読んでみる

宮内義彦

撤退の判断こそが経営者の大きな責任。


佐々木常夫

もし社長が社員にいちいち気を遣っていたら、何も決断でないし、仕事にならない。会社はすぐに潰れてしまいます。つまり「目下の者が目上の者に気を遣う」のが組織のルールであり、もっと言えば、社会のルールでもあるのです。


新井豪一郎

中学の頃までは活発な生徒でしたが、高校生になると、自分の居場所を見つけられず、引きこもり生活を送っていました。海外生活が長く、高校から日本の学校に通ったものの、人との距離感がわからず、学校生活に溶け込めなかったからです。そんな時、父が薦めてくれたのが司馬遼太郎の『竜馬がゆく』でした。当時は自分が生きていくことに精一杯でしたが、竜馬の生き方に触れ、「自分のためではなく、社会のために生きていきたい」と思うようになりました。そして、悩んでいるのではなく、行動しよう、もっと外に目を向けようと思うようになり、コーラス部を作ったり、空手を始めたり、閉塞した状況から抜け出すことができました。本の内容が素晴らしいのはもちろん、適切なタイミングで、この本を渡してくれた父に心から感謝しています。


大橋悦夫

「やらなければいけないのはわかっているが、やる気が起きなくて先送りしてしまう」。自分が興味のある仕事や好きな仕事ならいざ知らず、ハ-ドルが高い、あるいはやりたくないと思う仕事については、億劫に感じてしまうのも人情です。私はその原因の一つに、「やり始めたら最後まで終わらせなくてはいけない恐怖」があると思っています。たとえば、駅まで10分の距離なら歩き出せるけれども、42.195m先にしか休憩所がないとなれば、少し水を飲んでからにしようとか、体調を整えてからにしようとか、いろいろな言い訳が邪魔して、なかなか始められません。でも、もっと近くに休憩所があって、まずはそこに行くだけでいいとなれば、気分はずっと楽になります。同じように、大きな仕事も分割すれば、取りかかりやすくなります。原稿執筆の仕事が多い私の場合は、今日はラフを描くところまでにしよう、明日はひととおり原稿を書き上げるようにしよう、といったように、工程ごとに分割するようにしています。


古賀信行

ますます見通しが付きにくい時代。日本人は変化を嫌いますが、ある意味では自ら変わるチャンス。要件は揃っていますから、あとは意志だけ。


瀬戸欣哉

モノタロウは僕がほぼゼロから設計した会社なので、最初から理想の形を目指すことができました。実は、モノタロウの強みはビジネスモデルに加え、業務をシステム化することを繰り返ししてきたことにあります。ビジネスモデルは、誰にでもすぐに真似されてしまいますよね。だから、真似できない「何か」を組織の内部につくりあげることが必要だと考えました。会社を大きくしていくとだんだん非効率になっていくもの。そうした状況に陥ることを避けるために僕は、業務のシステム化が重要だと考えてきました。


下遠野亘

お金を儲けることはお客様の喜びを集めること。


村田昭治

どこで、どんな人の力を借りればいいのかを知ることが、仕事を上手に進めるキーポイントだ。


ジョエル・ティリングハスト

ビッグチェンジには乗ろうとしている。ただし、誰もが注目して最も人気のある銘柄には投資しない。だから、EV(電気自動車)や自動運転車には関心を持っているが、テスラの株は保有していない。その代わりに、EVメーカーや自動運転車メーカーと協業する戦略を取っている自動車関連の会社を探している。


滝岡幸子

まず小さく始め、小まめに状況を見て軌道修正することが大切。


むらかみかずこ

ITによるコミュニケーションが全盛の時代だからこそ、改めて手書きの良さが見直されています。特に感謝の気持ちを伝える礼状には最適です。


奥島孝康

共に未来を語るためにはどうすべきか。その答えは現場にしかない。