石本他家男の名言

石本他家男のプロフィール

石本他家男、いしもと・たけお、スポーツウェアメーカーデサント創業者、石川県出身、スポーツウェアによってゴルフ・テニスの大衆化に大いに貢献する、78歳まで生きた明治から昭和末期の経営者

石本他家男の名言 一覧

トッププレイヤーと言うのは、トップレベルのユーザーである。その優れたユーザーが着用して満足する機能性の高いものであれば、一般化しても安心。優れた開発は優れた人間との共同研究から生まれる。


社員にあまり大きな責任は課すな。しかし相当な権限を与えよ。


石本他家男の経歴・略歴

石本他家男、いしもと・たけお、スポーツウェアメーカーデサント創業者、石川県出身、スポーツウェアによってゴルフ・テニスの大衆化に大いに貢献する、78歳まで生きた明治から昭和末期の経営者

他の記事も読んでみる

岡島秀樹

「あんなプレッシャーのかかる場面でよく投げられますね」って言われますが、何も考えてないですね(笑)。たしかに一打同点とか一打逆転の場面で登板することが多いですけど、僕は結果を恐れないんです。自分の仕事をしようと思うだけ。でなければ、中継ぎはやっていけない。


パトリツィオ・ディ・マルコ

我々はラグジュアリー業界の中で最も多くの社会貢献をしています。誰かに強制されたのではなく自主的に。なぜなら、成功し利益をあげている会社として社会にお返しをしなければならないと考えているからです。そして慈善活動は、我々の価値観でもあります。


笠倉健司

21世紀に入って、時代変化のスピードはさらに速くなっています。成功体験を積み重ねることで人は自分に自信を持てるわけですが、過去の成功体験が環境変化によって失敗の原因になることもあります。成功体験を大事にしつつも、ゼロベースで考える自由な発想法がますます大事になりつつあるのではないでしょうか。


宋文洲

大事なのは現場感覚です。日本の経営者と政治家は「現場」という言葉が好きですが、なぜかグローバル化を進めようというときには「現場」を見ない。不思議です。日本のリーダーは「外」を知らなすぎる。くだらない出張でもいいから、町を歩いてみればいい。その肌感覚がないまま議論しても現実からどんどん離れていく。


本田健

自分の専門分野を見極めるとき、シンプルに自分が好きな分野を選べばいい。ある道を究めた人は例外なくその分野が大好き。


松﨑暁(松崎暁)

海外事業の基盤を整備し、拡大して次の人にバトンタッチするのが私の役割です。


深田和範

出世競争で周回遅れになったのを機に、競争から降りるという選択肢もあります。もともと順調に昇進していくエリートは、「同期入社の10%未満」といわれています。自分がそこに入っていないとわかったら、無理をせず、そこそこの実績をあげて、それに応じたサラリーマン生活をまっとうするのです。ただ、リストラされないように予防線を貼るか、リストラされても大丈夫なように準備をしておくのです。会社にとどまる場合なら、リストラされなければ勝ちと考えましょう。つまり、下手なリスクを冒さず、定年まで平穏無事に勤め上げられれば勝ちです。


木川理二郎

市場が違えば、想像を超えたいろいろなことが起こります。そこで勉強して、経験して、賢くなり、ひとまわり大きくなれるのです。


岸見一郎

子供のころから周りから褒められて育ってきた人は、大人になっても他人に自分のことを認めてもらいたいと思います。そこで、人の期待に応えようとしてしまう。でも、自分で思い描いたような人生を歩もうとするなら、周りに認めてもらうのではなく、ありのままの自分を自分で認めなければいけません。


黒川光博

安定性、持続性が求められる作業には機械を導入。均一な品質の製品に仕上げるために科学技術の力も借りています。ただし、最終的に重要なのは「人の目」です。火入れや仕上げなど最適なタイミングは熟練者の目で判断します。ばらつきのある天然の原材料を使い、気温や湿度の影響を受ける菓子作りでは職人の経験と五感がものをいいます。


吉岡秀和

水がたまる桶があっても、蛇口をつけなければ仕組化にはなりません。


佐々木常夫

若いころの業績は、イノベーションではなく、イミテーション(模倣)でいいと考えています。がむしゃらに前を向き、周囲の優れた事物に学びながらイミテーションを繰り返すことが、やがて独自のイノベーションの土台をつくるからです。


川本隆一

技術者だったころは、図面さえうまく描けていればよいと思っていました。けれど、商品開発に携わるようになってから、いろいろな人を巻き込み、動いてもらうような企画書を書かないと仕事はできないと思い知りました。


早川徳次

良いアイデアの生まれるのは、儲からなくて何とかしようと苦しんでいるときである。だから私は、儲かることをあまり喜んでいない。


安渕聖司

どんな些細な仕事でもチャレンジ目標を設けて改善を加えることが大事です。極端な話、与えられた仕事そのものがムダだと思えば、その仕事をやめる提案をすれば、自分の業務効率だけでなく会社全体としての効率も上がります。その意味で、「そもそも、この仕事って必要なんだろうか」と、目の前の仕事を疑う目をもつことが大切ですね。


ページの先頭へ