名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

石川誠(医師)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石川誠(医師)のプロフィール

石川誠、いしかわ・まこと。日本の医師。群馬大学医学部を卒業。群馬大学医学部脳神経外科研修医、佐久総合病院脳神経外科医員、虎の門病院脳神経外科医員、医療法人社団近森会近森病院リハビリテーション科長、近森リハビリテーション病院院長、医療法人新誠会理事長、医療法人社団輝生会理事長、回復期リハビリテーション病棟協会会長、日本訪問リハビリテーション協会会長などを務めた。

石川誠(医師)の名言 一覧

実は熟して自然と落ちるのを待つ。正しい種をまいているとの自負があれば気長に待てますし、奇人扱いも笑い飛ばせます。


新たな試みを始める際に大事なのは、あせらず「待つ」こと。腹に落ちる前にせかすと結果も出にくい。


リハビリ自体が軽視されていた頃、強化を図ろうとすると現場から強い反発を受けたりもしました。「リハビリは私たちの仕事ではない」と看護師の集団ボイコットが起こったり。そうした反発も、短期間で元気に退院していく患者が増えるにつれ収まり、最終的には1年365日リハビリを実施できるまでになりました。


リハビリには、看護師、理学療法士、作業療法士など多くの職種がかかわるため、チームワークが重要です。また、医師は主役ではなく、いわばチームの調整役。そんなリハビリへの「転向」に違和感がなかったのは、高校・大学時代に打ち込んだラグビーの影響があるのかもしれません。「One for all, all for one.」ラグビーでよく使われる、大好きなこの言葉が最もぴったりくる医療がリハビリなのです。


石川誠(医師)の経歴・略歴

石川誠、いしかわ・まこと。日本の医師。群馬大学医学部を卒業。群馬大学医学部脳神経外科研修医、佐久総合病院脳神経外科医員、虎の門病院脳神経外科医員、医療法人社団近森会近森病院リハビリテーション科長、近森リハビリテーション病院院長、医療法人新誠会理事長、医療法人社団輝生会理事長、回復期リハビリテーション病棟協会会長、日本訪問リハビリテーション協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

笠井信輔

自分の適性は、他の人が見たほうがわかるのかもしれません。他人からの仕事の提案には、意味があると思ってやってみてはいかがでしょうか。自分が気づかなかった能力や才能が花開くこともあるかもしれません。もし私が若い頃の自分にアドバイスできるなら、こう言います。「一度、受けてみなよ。きっと別の風景が見えるよ」と。


山田進太郎

米国事業の成長を加速させていくためには、マーケティングが非常に重要だと考えています。CMO(最高マーケティング責任者)はグーグルから招きました。エンジニア以外の陣容も強化しています。フリマアプリで後発だった当社が日本で急成長したのは大量のテレビ広告のおかげです。でも、米国は自動車社会なので、移動しながら聞けるラジオ広告の影響も大きいほか、SNS(交流サイト)の普及率も日本に比べて高いどんな打ち手に効果があるか、その国に詳しいチームが主体となり、試していくことが成長に欠かせません。


北島康介

僕は水泳が嫌になったことはありません。好きなことをやるからこそ、つらくても乗り越えられる。強い思いや情熱がありますから。


渡辺紀征

粘り強く誠意を尽くせば最後は通じる。


假屋崎省吾

転機は、20代の終わりから30代の初めにかけて、銀座や神田の画廊で個展を開催したことです。もちろん、スポンサーなんて居ませんから、全部自費。でもその個展をやったことで、美術雑誌や見に来て下さった方々の目にとまり、それから少しずつ、企業からディスプレイのお仕事などが舞い込むようになりました。


安田隆夫

「ワクワク、ドキドキ」がドンキの店舗のコンセプトだが、店を作る方もワクワク感がなければ、顧客をワクワクさせることはできない。


なかにし礼

生きるためには一縷(いちる)の望みしかない。このワンチャンスで成果が決まるのだと考えられるようになった瞬間、組織の中にいてサラリーマンをやっていようと全然違った人になれるはず。見た目はさりげなくてかまいません。意識だけ変えて、やり抜けばいい。そうなると、これは疲れたなどとは言っていられなくなりますよ。


吉越浩一郎

仕事には担当者がいるのだから、担当者に思い切って仕事を任せるべきであり、そうしないと担当者も育っていかない。上司は会議で部下の動きをチェックすればよいのであって、いちいち「報連相」を義務づけていては、効率が上がらない。


湯浅智之

市場性を正しく見極めることも重要。事業という種を見つけた人には愛着がわくので、冷静な分析ができなくなることがあります。そうするとニーズを見誤ったり、勝ち目のないレッドオーシャンの領域に踏み込んで失敗します。実際、我々もこうした失敗は何度も繰り返してきましたが、数をこなすことで経験とノウハウを蓄積し、確実に成長を続けています。


茂木友三郎

当社は資本集約型の企業です。海外進出をする場合も市場立地型なのです。つまり労働力が安いからといって進出することはありません。市場のあるところに行って商品を生産する。ですから、アメリカに進出し、アメリカに工場を作ってアメリカの需要のためにしょうゆを造って売っているわけです。


山名昌衛

新しい発想、新しいアイデアで課題解決しなければならない。その鍵を握るのはあくまで人材であり、豊かな発想力やアイデアを形にして、それをお客様の価値に落とし込むまでやり切る、人材力というか、人材の質的転換をやり遂げないといけないと思っている。


熊谷正寿

インターネットとは、一番かそうでないか、良いか悪いかなど、一瞬で判断できてしまうツールです。それが簡単にわかるようになったので、お客様は一番のモノしか喜ばなくなりました。ですから、お客様を笑顔にしようと思ったら、本当に良いものを作り、一番リーズナブルに提供するしかありません。