名言DB

9425 人 / 110833 名言

石川誠(医師)の名言

twitter Facebook はてブ

石川誠(医師)のプロフィール

石川誠、いしかわ・まこと。日本の医師。群馬大学医学部を卒業。群馬大学医学部脳神経外科研修医、佐久総合病院脳神経外科医員、虎の門病院脳神経外科医員、医療法人社団近森会近森病院リハビリテーション科長、近森リハビリテーション病院院長、医療法人新誠会理事長、医療法人社団輝生会理事長、回復期リハビリテーション病棟協会会長、日本訪問リハビリテーション協会会長などを務めた。

石川誠(医師)の名言 一覧

実は熟して自然と落ちるのを待つ。正しい種をまいているとの自負があれば気長に待てますし、奇人扱いも笑い飛ばせます。


新たな試みを始める際に大事なのは、あせらず「待つ」こと。腹に落ちる前にせかすと結果も出にくい。


リハビリ自体が軽視されていた頃、強化を図ろうとすると現場から強い反発を受けたりもしました。「リハビリは私たちの仕事ではない」と看護師の集団ボイコットが起こったり。そうした反発も、短期間で元気に退院していく患者が増えるにつれ収まり、最終的には1年365日リハビリを実施できるまでになりました。


リハビリには、看護師、理学療法士、作業療法士など多くの職種がかかわるため、チームワークが重要です。また、医師は主役ではなく、いわばチームの調整役。そんなリハビリへの「転向」に違和感がなかったのは、高校・大学時代に打ち込んだラグビーの影響があるのかもしれません。「One for all, all for one.」ラグビーでよく使われる、大好きなこの言葉が最もぴったりくる医療がリハビリなのです。


石川誠(医師)の経歴・略歴

石川誠、いしかわ・まこと。日本の医師。群馬大学医学部を卒業。群馬大学医学部脳神経外科研修医、佐久総合病院脳神経外科医員、虎の門病院脳神経外科医員、医療法人社団近森会近森病院リハビリテーション科長、近森リハビリテーション病院院長、医療法人新誠会理事長、医療法人社団輝生会理事長、回復期リハビリテーション病棟協会会長、日本訪問リハビリテーション協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

生月誠

「TO DO/NOT TO DO」ノートをつけてみてください。ノートを開いて、右ページはあなたがやること、左ページは他人に任せることとし、あなたの仕事の「事業仕分け」をやるのです。一度線引きをしたら、ノートの左ページの仕事は絶対自分でやらないことを肝に銘じましよう。


鈴木高広

高校を出て地元である名古屋大学の農学部へ。微生物、そして藻の研究を始めたんです。微生物や藻は短時間に大量に増える特徴がある。たとえば藍藻(らんそう)という藻類は、光合成して半日で2倍に増える。この性質を利用してエネルギーを生産しようと研究していました。たしかに大量培養は可能。しかし、藻は水中で培養するため太陽光がどうしも反射してロスが多い。石油や石炭に対抗しうる価格でのエネルギーが生成できなかった。「このままではブレイクスルーは得られない!」と限界を感じて、ずっといた大学や国の研究室を辞め、2000年に民間企業に入ったんです。そこで合成マイカという化粧品のおしろい、いわゆるファンデーションに使う粉体の研究を4年間した後、日本ロレアルにスカウトされ、メイクアップ製品の研究に5年間従事しました。これが大きな転機でした。メイクアップ用品の機能は「光と色の調整」なんです。だから肌と光の関係を徹底的に調べた。すると、まず紫外線が人間のみならず、植物にも有害だということを知りました。人は紫外線を浴びるとメラニンを出すけど、植物もリグニンという物質を作り出して、光を吸収し弱める仕組みが働く。先に述べた光合成で6%しか光を使えてないことはここで気づいた。さらにファンデーションは、肌の表面に、凹凸を生むことで光を散乱させ美しい色を出します。これを応用して光を反射させるように植物を「多層」で栽培する発想になった。いわば地球のファンデーションを作れば効率的に作物がつくれる、と気づけた。そこに以前からのエネルギー利用の研究がリンクしたんです。


前田新造

私は、売上目標とは、BC(販売員)が心底お客様に美しくあって欲しいと願い、その熱意がお客様に伝わり、お客様が継続的に資生堂に足を運んでくださるようになることによって到達するものだと考えています。決して、上から達成を強要するものではないのです。そして、経営者がなすべきことは、社員のモチベーションを高める方法を一所懸命に考え、それを実行に移すことであるはずです。


平本あきお

仕事は「重要度」と「緊急度」で分類しなさいとよくいわれます。そこでのポイントは「重要ではないが緊急の仕事」の扱いです。これは多くの場合、部下や後輩に任せられる仕事だからです。簡単な資料整理やコピー取りなどが該当します。これを優先的に他人に任せることで、自分が本来時間をかけて取り組むべき「重要だが緊急ではない仕事」に注力できます。


井元章二

最初は無料だから聞いてみようという接点しかありませんが、聞いた以上は最善の方法を提案しますし、相談を繰り返すと必ず本音を打ち明けてくれます。資産運用だけではなく、顧客のあらゆる問題をどうやって円満に解決するかが本来のファイナンシャルプランナーの役割だと思い、顧客とは3世代100年以上の長期サポートの提供を目標に体制を整えつつ、一緒に寄り添いながら問題の解決に取り組んでいます。


和田秀樹

自分が修行して、リスクを負って開業する方法だけではありません。外食産業は不況に強く、急成長している企業も多い。会社勤めしてビジネススキルを積んで、経営幹部として採用される道だってある。あるいは、美味しい料理を出しているのに、流行っていない店を見つけて、自分の資金を提供して、経営に参加させてもらう。自分でゼロからやる必要はないんです。


小西利行

たとえば「春物服の売上げを20%アップさせる」という課題を持つ企業のミーティングに臨んだとします。このとき「なぜ、春物の服を積極的に売るの?」と疑問を抱いたら、その疑問をメモし、参加者に尋ねてみます。すると、「春は衣料品の動きがいいから」「春はファッション誌の売上げがいいらしい」などといった答えが返ってきます。その中から、「面白い!」と感じたものだけをメモし、「でもなぜ春はファッション誌が売れるの?」と新たな質問を重ねていくのです。こうして「なぜ?」を繰り返すうちに、「春物が売れる理由」や「誰が買っているのか」が明確になってくるので、「もっと売れるためにはどうすればいいか」といったアイデアが生まれます。


安河内哲也

英語が話せるようになる順番はひとつしかありません。それは、「使ってみる→間違う→直す→うまくなる」。英語を話せる人は、私も含め、誰もがこの順番でうまくなっています。一方、英語がいつまでも話せない人は、「学ぶ→完璧になるまで準備する→机上の英語に博識になる→使わずに一生を終える」ことになります。


中西勝則

アメリカの9・11テロ当時、当行のニューヨーク支店のオフィスは世界貿易センタービルの80階にありました。あの時も、旅客機がビルにぶつかり大きな衝撃を受けた時、片づけなどはしないで、すぐにビルを降り始めたのです。行員は10人ほどいたのですが、全員が助かりました。エレベーターは使えなくなっていましたから、45分かけて歩いて降り、脱出後ほどなくしてビルが崩壊したようです。これは海外でも、国内と同様に緊急時の訓練をしていたからできたことだと思います。


山崎直子

日本は宇宙船を持っていないこともあり、宇宙に行くまで平均10年くらいと長い。「宇宙へ行く」というゴールがまったく見えないんです。その状況の中で、ゴールを信じつつ、「いまは何をすべきかを考えてください」、「考えられる人であってください」というのが、組織から求められていることだとよく感じていました。