名言DB

9413 人 / 110706 名言

石川純一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

石川純一(経営者)のプロフィール

石川純一、いしかわ・じゅんいち。日本の経営者。「ガルフネット」社長。大阪出身。東京理科大学工学部中退後、NECを経てガルフネットコミュニケーション(のちのガルフネット)を設立。

石川純一(経営者)の名言 一覧

藤原(秀次郎)さんに食らいついてきたおかげで、無理だと思うことでも決して諦めずに知恵を絞ることが商売人の真髄であることを学ぶことができた。
【覚え書き|NEC時代に「しまむら」のPOSレジを担当した当時を振り返っての発言】


NECの技術者だった頃、しまむらの藤原秀次郎さんに「POSレジを40万円にしろ!」と怒鳴られました。当時POSレジは280万円ほどする高価な物でした。「どうやってそんなに安くすればいいんですか?」と反論すると、藤原さんは「余計なものは全部省けばいいんだ!」と一喝されました。帰れない日々が続きましたが、不要な機能を排除して要望通りの物を納品することができました。


とかく技術者というのはルール通りに動くもの。たとえば、ボールペン1本の価格を決める際、まずは分解して部品ごとの単価を調べ、積算した金額に粗利益を乗せて価格を決める。しかしこのような思考ではイノベーションなど生まれません。


石川純一(経営者)の経歴・略歴

石川純一、いしかわ・じゅんいち。日本の経営者。「ガルフネット」社長。大阪出身。東京理科大学工学部中退後、NECを経てガルフネットコミュニケーション(のちのガルフネット)を設立。

他の記事も読んでみる

佐藤綾子(心理学者)

「その人を読み取れ。しかも、短時間で」これが人脈づくりの鉄則です。


天野周一

女は男の器が大きいか、ちっちゃいかだけ見ています。男の沽券、メンツなどへとも思わない。男が一番大切にしていることは、女にとって一番つまらないもの。定年後に女に受け容れられるには、名刺を燃やす儀式を行うぐらいの覚惜が必要ですね。


田中仁(経営者)

何か新しいことを始めるにあたり、決裁書類に上司のハンコをいくつももらって、最終的に社長に上げる……というような仕組みは、弊社にはありません。社員は直接私や上長と話をして、そこで私も意見を言い、議論して、物事を進めていくのです。


本田宗一郎

人生は「見たり」「聞いたり」「試したり」の3つの知恵でまとまっているが、多くの人は「見たり」「聞いたり」ばかりで一番重要な「試したり」をほとんどしない。ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。


鈴木喬(経営者)

今までやっていたことは全部間違い。ガラガラポンですべて変える。これからは太陽が西から昇ると思え。
【覚え書き|エステーの経営再建着手時の発言】


松本晃(経営者)

ガバナンスのあり方を考えるうえで参考にしたのは、前職のジョンソン・エンド・ジョンソンの「クレド(信条)」でした。最初に勤めていた伊藤忠商事から移る際にもこれが決め手でした。クレドでは、まず顧客と取引先、そして従業員、3つ目に広い意味でのコミュニティー、最後が株主というふうに経営における優先順位を考えます。こうした順位に従っているとうまくいくのです。


小杉友巳

いささか厳しい言い方になりますが、平等を求める人というのは自分からは何もせずにただ与えられるのを待つ姿勢にあるように感じます。学生のうちであればそれでもいいと思います。学校はある意味では学生からお金をもらっているサービス業なので、手取り足取り教育してくれるでしょうし、実際に若いうちは何をしていいのかわからないものでしょう。しかし、社会人になっても同じ態度でいるのはどうでしょうか。社会人は会社からお金をもらっているのです。何もしないでただお金をもらう、というのでは虫がよすぎます。


及川光博

ステージ上でも、カメラの前でも、いまより三歩先の、理想の自分を演じるつもりでやっています。演じることで理想に近づけ気がするんです。


前田知映

日本の商品には良いストーリーがあるので、そこをどう伝えられるかが重要。


ロッシェル・カップ

部下が出した成果のどこが、どのように素晴らしかったか、事実に基づいて詳細に指摘し、それが組織、社会にどんな好影響をもたらすか、今後どんな行動をとってほしいかを伝える努力を重ねなければなりません。情熱を持った部下や活気ある職場は、自然に生まれるものではないのです。


やましたひでこ

行法には、簡単にいえば、「行なってこそ」という意味合いがあります。実践しなくてはいけないのです。知識を得て満足するだけでなく、得た知識をもとに行動しなければならない、ということがポイントです。


佐々木則夫(経営者)

私は昨年からメモを取ることをやめました。きっかけは、メモを取っても二度と見ないことに気づいたからですが、メモを取らなくなると、聞き逃すまいという緊張感が出てきて、以前に増して集中できるようになりました。理解すれば、情報というものは忘れないものです。資料は、ざっと目を通したものは捨ててしまうため、ファイルも残りません。


町田勝彦

経営とはリストラだとよく言われますが、私の場合、日々リストラをしているようなものです。どこに無駄があるか、あれがおかしいじゃないかと毎日言っている。毎日、リストラしているようなものだから、改めてリストラする必要もない。工場閉鎖や人員カットといったことをまとめてやらなくてすみます。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

30代までは修業期間だと思って、40代で経営者になるために、自分の足りない能力を身につけようと考えていました。大学卒業後、野村証券に就職したのも、完全実力主義の社風が、能力を上げるのにピッタリだと思ったからです。


大林伸安

人に仕事を頼むためには、日頃から周囲の人間関係を良好に保っておくことが不可欠です。自分の時間があるときに、他人から何か頼まれれば、できるだけ応えるようにしましょう。ギブアンドテイクの関係を築いておくのです。