名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石川純一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石川純一(経営者)のプロフィール

石川純一、いしかわ・じゅんいち。日本の経営者。「ガルフネット」社長。大阪出身。東京理科大学工学部中退後、NECを経てガルフネットコミュニケーション(のちのガルフネット)を設立。

石川純一(経営者)の名言 一覧

藤原(秀次郎)さんに食らいついてきたおかげで、無理だと思うことでも決して諦めずに知恵を絞ることが商売人の真髄であることを学ぶことができた。
【覚え書き|NEC時代に「しまむら」のPOSレジを担当した当時を振り返っての発言】


NECの技術者だった頃、しまむらの藤原秀次郎さんに「POSレジを40万円にしろ!」と怒鳴られました。当時POSレジは280万円ほどする高価な物でした。「どうやってそんなに安くすればいいんですか?」と反論すると、藤原さんは「余計なものは全部省けばいいんだ!」と一喝されました。帰れない日々が続きましたが、不要な機能を排除して要望通りの物を納品することができました。


とかく技術者というのはルール通りに動くもの。たとえば、ボールペン1本の価格を決める際、まずは分解して部品ごとの単価を調べ、積算した金額に粗利益を乗せて価格を決める。しかしこのような思考ではイノベーションなど生まれません。


石川純一(経営者)の経歴・略歴

石川純一、いしかわ・じゅんいち。日本の経営者。「ガルフネット」社長。大阪出身。東京理科大学工学部中退後、NECを経てガルフネットコミュニケーション(のちのガルフネット)を設立。

他の記事も読んでみる

安田隆夫

とにかく現場を信じて任せる。要するに、権限委譲に尽きます。中には上手くいかなかったケースもありますが、徹底した権限委譲と微調整の連続によって、上手くいく確率が高まっていったのは事実。


川野幸夫

生鮮品は売り切れるかどうかが勝負です。現場でお客様にアピールする知恵が生まれないと、店舗の廃棄ロスが増え、売上高総利益率(粗利益率)が悪化します。「全員経営」で、各店舗の店長やパートナー(パート社員)さんが売れる商品の品揃えや提案を日々考えることが、ヤオコーの利益率の高さにつながっているのです。


杉本和行

競争手相手を排除するようなやり方には厳しい対応を取るということで、イノベーションを促進する産業政策の基本は、今や競争政策にあると考えています。


山元峯生

お客様には常に新しいものを提供したいと考えています。数年に一度ぐらいは「世界で初めて」の革新的なものをつくりだそうと、従来部署のひとつであったANA総合研究所を会社化しました。


森川亮

よくリーダーはビジョンを示すことが大事と言いますが、示すだけではダメ。それがどうして正しいのかをきちんと説明するとともに、リーダーが試しにやってみて、「この方向で多分うまくいく」という段階まで見せた方が、メンバーは納得してついてきます。


能町光香

日頃からさまざまな相手と親しくなっておくと、一緒に仕事をするときの「頼みやすさ」が格段に違います。また関係を築けていれば、堅苦しい形式を踏む手間を省略できるのです。


富田直人(経営者)

30代になってから自分の将来について真剣に考えるようになって、このままではサラリーマンとして流されるだけだなと不安を感じていました。また父親が自営業ということもあり独立心も強く、何をするかも決めずに、35歳の誕生日に辞表を提出しました。独立ありきで会社をやめたのです。


野坂英吾

他社との小さな違いを1000個つくることが大きな差別化になり、強さになる。


井上弘

今後もテレビ業界が生き延びていくためには、いろいろな調査もして、お客様に納得していただけるだけの訴求力をつけることが大事。


ジェフリー・フェファー

組織の中で身を守るには、自ら情報発信せよ。


水留浩一

利益は2桁成長を続けたい。売り上げが伸びていく中でも、本社などの固定費はあまり伸ばさずにしっかりとセーブできていますので、それを継続していく。


吉貴寛良

目指すのはラーニング・オーガニゼーション。学習し、成長する組織。組織のパフォーマンスは個人のパフォーマンスの集積。社員には「あなたたち一人ひとりが学習し、同じ仕事を去年より少しでもうまくできるようにならないと、会社全体のアウトプットは変わらない」と口を酸っぱくして言っています。