石川純一(経営者)の名言

石川純一(経営者)のプロフィール

石川純一、いしかわ・じゅんいち。日本の経営者。「ガルフネット」社長。大阪出身。東京理科大学工学部中退後、NECを経てガルフネットコミュニケーション(のちのガルフネット)を設立。

石川純一(経営者)の名言 一覧

藤原(秀次郎)さんに食らいついてきたおかげで、無理だと思うことでも決して諦めずに知恵を絞ることが商売人の真髄であることを学ぶことができた。
【覚え書き|NEC時代に「しまむら」のPOSレジを担当した当時を振り返っての発言】


NECの技術者だった頃、しまむらの藤原秀次郎さんに「POSレジを40万円にしろ!」と怒鳴られました。当時POSレジは280万円ほどする高価な物でした。「どうやってそんなに安くすればいいんですか?」と反論すると、藤原さんは「余計なものは全部省けばいいんだ!」と一喝されました。帰れない日々が続きましたが、不要な機能を排除して要望通りの物を納品することができました。


とかく技術者というのはルール通りに動くもの。たとえば、ボールペン1本の価格を決める際、まずは分解して部品ごとの単価を調べ、積算した金額に粗利益を乗せて価格を決める。しかしこのような思考ではイノベーションなど生まれません。


石川純一(経営者)の経歴・略歴

石川純一、いしかわ・じゅんいち。日本の経営者。「ガルフネット」社長。大阪出身。東京理科大学工学部中退後、NECを経てガルフネットコミュニケーション(のちのガルフネット)を設立。

他の記事も読んでみる

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

大切なのは10年先の自分を思い描きながらいること。四六時中深刻に考えている必要はないよ。時々確認すれば十分。


福沢諭吉

事業で一番大切なのは、信用できる人物を得て取り締まりの手を省くという事にある。番頭や手代が商売しながら取り締まりの事も兼ねるのは、大工と普請奉行と二役を勤めるのと同じことなのだから、たとえ給料を高くしても主人にとってはるかに得であり、結局、双方共に利益となるであろう。


松原弘典

もともと大学時代からいろいろなところを旅行して、建物を見て回ることが好きだったんです。私は大学には修士を合わせて8年間籍を置いたのですが、そのうち2年は休学して、バイトをしては海外に出かける、ということを繰り返していました。横浜から船に乗ってナホトカに行き、シベリア鉄道でロシアを抜けてフィンランドまで行って、ヨーロッパからアフリカに渡る、みたいな旅です。その中で一番印象的だったのが、ロシアと中国だったんです。とりわけ中国は、建物がたくさん建っているけど、いい建物は1つもない、という状態でした。

【覚え書き|中国に渡った理由について】


佐藤優

僕がおすすめするのは、部下に対しても「さん」づけで呼ぶこと。僕の経験からしても、尊敬できる上司は、どんな人でも「さん」づけを通していました。少しよそよそしい感じがするかもしれませんが、立場を越えて人間として尊重する姿勢は、相手に伝わるはずです。言葉遣いを変えれば、おのずと関係も変わるし、自分の態度や考え方自体も、それに応じて変化するでしょう。


森平茂生

モーリスギターの再建に取りかかったとき、私にはギター作りの経験はありません。社員の多くは年上です。改善提案をしても、「それならお前が作ってみろ」と言われることもありました。言葉がダメなら行動でなんとかするしかありません。海外のギターのイベントに行き、楽屋に飛び込んではプロに率直に意見を求めました。また、製造部長とともにアメリカ各地のギター作りの名工を訪ね、「本物」をこの目で確かめました。そうして技術を磨き、海外の高級ブランドと勝負できるギターを生み出そうとしたのです。もちろん簡単にはいきません。プロが納得するギターを求めて全員で試行錯誤を続ける日々。思いをわかってほしくて、社員を前に大泣きしたこともあります。そうして社員の意識を変えて品質を向上させながら、イベントやマスコミと協力したPR、アメリカ本土の楽器店を行脚する草の根活動などを通じて、新しい「モーリス」を作り上げていったのです。その結果、私が会社を辞めるときには、納期が半年待ちになるほどの人気ブランドになりました。


榊巻亮

どれだけ論理的に説明を重ねても、納得してくれない。そういう経験はないでしょうか。ひとことでいえば「わがまま」や「感情的な反対」ですが、軽んじてはいけません。感情ほど厄介なものはありません。できるだけ早い段階で、適切に対処することが重要です。


白井俊之

自慢にならないが、始末書や減給の数はおそらく社内で一番。売り場にいた頃から失敗は多かった。数十万円のオーダーカーテンが寸法間違いで使えなくなり、あとで数百円のクッションカバーになったこともある(笑)。そうやって上司から叱られながらも、ひとつひとつ仕事を覚えてきたのが自分の強みだと思う。


稲盛和夫

社員を雇用しながら利益を出している良い状態は、言ってみれば空中に浮かんでいるようなものです。努力を怠ればあっという間に地に落ちてしまいます。当たり前のことです。


小宮一哲

雨で客が来ないなら、店を閉めてスタッフとラーメン巡りも暇ができたら、新商品が考えられると、思考を一気にポジティブに転換。不運がきたら好機と感じるようになった。


井上礼之

リスク覚悟で相手をとことん信じ、任せてみる。たやすいことではないですが、現地社員にしてみれば、自分の力で達成できたという成功体験になり、何ものにも勝る活力と帰属意識につながります。


寺下史郎

悩みを抱えているときは、自分で掘り下げているだけではダメ。


斎藤悦郎

顧客の立場に立って物事を考え、いち早く満足を与えることが重要。


石川祝男

長く愛され続けるためには、小さい頃に好きになってもらえるかどうかにかかっている。そのうえで年齢層を広げていくことも重要。


波瑠

食らいつけるものには、食らいつこうと思って何度落ちてもオーディションを受け続けました。


本田健

夫婦仲がよくないとお金は残りません。夫婦間にストレスがあって、それを手っ取り早く解決する方法はお金を使うことだからです。反対に、夫婦仲がいい家庭はお金を使わない傾向がありますね。家でパスタをつくって、映画でも見ていればそれだけでハッピーなんです。


ページの先頭へ