名言DB

9419 人 / 110788 名言

石川太郎(石川彌八郎聖豊)の名言

twitter Facebook はてブ

石川太郎(石川彌八郎聖豊)のプロフィール

石川太郎、いしかわ・たろう(石川彌八郎聖豊、いしかわ・やはちろう・きよとよ)。日本の経営者、ハーモニカ奏者。「石川酒造」18代目社長。東海大学卒業後、江戸時代から続く家業の石川酒造に入社。社長を務め、石川彌八郎を襲名。そのほか、全国酒造組合中央会東京支部監事、全国地ビール醸造者協議会副会長、東京地ビール醸造者協議会会長を務めた。

石川太郎(石川彌八郎聖豊)の名言 一覧

お金を上手に活用するためには、収入源ごとに使い道を決めること。かっちり決めておけば、使い道がブレない。


家族旅行はよく行きますが、宿泊費や交通費などすべて含めても、夫婦と子供2人で、1回10万円以下で抑えています。それで私は満足ですし、子供に贅沢を覚えさせると、良いことがありません。


物欲がまったくないんです。上を見ればキリがないですからね。いまはレストラン経営は順調ですが、当社の歴史を振り返れば酒造部門も浮き沈みの繰り返しです。先代が事業に失敗し、次代は借金を返すのに精一杯ということもありました。一寸先は闇。それを知っているから、むやみに物を買う気になれないのです。


先代たちが良好な人間関係を保ってきたからこそ、いまの私がある。私も、物より「徳」を積むために、お金を遣いたい。日本政府は今800兆円の借金を抱えています。いずれ何とかなるだろうと思っている人は多いと思いますが。どうにもならなくなれば、「持っている人が払う」。つまりお金や土地持ちから、財産没収となる可能性は十分にありえます。実際国による財産没収のような事件は、60年周期で起こっていますからね。土地の価値がゼロになる可能性もないとは言い切れない。そう考えると、自分の子供も含めて、第19代目以降の人間に残すべきなのは、財産よりも、「徳」なんです。


石川太郎(石川彌八郎聖豊)の経歴・略歴

石川太郎、いしかわ・たろう(石川彌八郎聖豊、いしかわ・やはちろう・きよとよ)。日本の経営者、ハーモニカ奏者。「石川酒造」18代目社長。東海大学卒業後、江戸時代から続く家業の石川酒造に入社。社長を務め、石川彌八郎を襲名。そのほか、全国酒造組合中央会東京支部監事、全国地ビール醸造者協議会副会長、東京地ビール醸造者協議会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

矢ヶ﨑健一郎(矢ヶ崎健一郎)

数十年単位で会社を成長させていくには「人」に尽きます。上場の目的は、資金調達ではなく、知名度を向上し、優秀な人材を確保すること。


松井稼頭央

また新たなシーズンが始まります。「昨年よかったから今年もいい」わけではありません。気を引き締めて、今年もチャレンジャーとして戦いたい。


森川亮

まず自分は何のために働くのか、仕事は自分にとって何なのかを考えることが大事。大きく分けると2つ。ひとつは「仕事=人生」という生き方をするのか、もうひとつは、単に「仕事=お金を稼ぐための手段」と捉えるのか。それによって働き方が全然違ってくる。


曽山哲人

新入社員には、まず2週間のトレーニングを全員に行ないます。その目的は、「同期力」を高めることと「全社の理解」です。配属後は、同期といっても一部の人を除いて、ほとんど顔を合わせる機会がなくなります。そうなる前に、せっかくの同期なのですから、お互いが知り合い、ネットワークとして少しでもつながりを強めておいてもらいたいのです。


大友啓史

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、人間は時に、想像を超える行動を取るんです。世の中、こんなにうまく話が進むはずがないと思い返して、脚本を書き直すこともしばしばあります。


大西賢

我々が今後もフルサービスキャリア(従来型の高級感のあるサービスを提供する業者)として生きていくことは間違いありません。そういう意味では、チケットの価格に敏感なお客様ではなく、最高の品質とサービスに魅力を感じてくださるお客様にご支持をいただきたいというのが、JALの方向性だと思います。


川村益之

周囲が反対する中で物事を進めるのは辛いこともあります。しかし、リスクを背負わない限り、現状は変えられません。リスクを取れることは、成功する人の条件です。


大塚正富

私は今、傘寿(さんじゅ)と4歳ですが、心は34歳。
【覚え書き|84歳時の発言】


山内溥

『任天堂はライセンス契約を利用して、ピンハネして、そして不当利得を得て高成長を成し遂げてきて、高い利益率を誇っている』マスコミはみんなそ ういうような書き方をするんです。そうじゃないんですよ、任天堂の強さは、任天堂が世界最強のソフトメーカーだからなんですよ。そうでなかったら、そんな もの一年や二年続いても、十年も続きません。


松下幸之助

元気な人間は陣頭に立って突っ走るものだが、振り返ると誰もついてきていないことが多い。陣頭に立って、自分についてこいと、独裁になる者が多い。自分は半病人的経営だから、社員たちの後ろからついていく。