名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石山恒貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石山恒貴のプロフィール

石山恒貴、いしやま・のぶたか。日本の経営学者。新潟県出身。一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了。NEC、GE、バイオ・ラッド ラボラトリーズ執行役員人事総務部長などを経て法政大学大学院政策創造研究科教授。

石山恒貴の名言 一覧

2枚目の名刺(パラレルキャリア)は本業では得られない経験と人脈を得られ、将来のリスクヘッジにもなる。しかも元手はほぼゼロ。こんなにわりのいい自己投資は他にはまずありません。


「好きなこと」で、かつ「誰かの役に立ちそうなもの」であれば、もう2枚目の名刺(パラレルキャリア)はそれで決まりではないでしょうか。自分が本当に好きなことを見つけるには、幼稚園や保育園に通っていたころ、人から言われる前に自らやっていたことを思い出すのも近道です。


2枚目の名刺(パラレルキャリア)は忙しい本業の合間にやるので、大変じゃないはずがありません。それでも続けられるのは、やりがいがあって楽しいからです。そしてそんなオフのひとときがあると、本業で嫌なことがあってもスッと軽くなれる。そして、翌日からまた仕事に前向きになれるんです。


世界を見渡すと、成長目覚ましいのはアマゾンやフェイスブックなどのサービス業。こうした企業は次々に新しいアイデアを投入する必要があります。これまで主流だった、ひとつの会社だけで働くやり方だと、モノの見方や考え方におのずと限界がある。社外での多様な活動を通じて得られる「アイデア重視の思考」の価値を企業が認識し始めたのです。


2枚目の名刺とは、お金と関係なく自分が本当に好きなことを本業と並行してする活動のこと。名刺を作るほど本気で社会活動するところが趣味と違うんです。まずは本業をきちんと持ちながらやるので2枚目の名刺では思い切ったチャレンジでき、それが成功へとつながります。また本業以外が充実することで、本業にも良い影響を与えるのです。


その会社だけで通用するスキル、固定化した人脈、決まったモノの見方……。それらは一歩会社の外に出てみると通用しない可能性が高く、ましてやそこから新しいアイデアは生まれにくい。今の形で働き続けられる人なら問題はないのでしょうが、そう言い切れる人はどれほどいるでしょうか。ならば本業のあるうちから、副業・兼業を始める、パラレルキャリアを目指すのが得策と言えるのではないでしょうか。


石山恒貴の経歴・略歴

石山恒貴、いしやま・のぶたか。日本の経営学者。新潟県出身。一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了。NEC、GE、バイオ・ラッド ラボラトリーズ執行役員人事総務部長などを経て法政大学大学院政策創造研究科教授。

他の記事も読んでみる

長谷川博己

仕事などで悪いことが続いたとき心が折れてしまうのは、好きな気持ちが足りないのではないでしょうか。好きなものであれば、どこかに必ず喜びは見つけられます。


佐伯勇

社外の専門家の意見も十分に聞く。一つの意見に飛びつき足る事は絶対にしない。そして熟慮してひとたび決断すればいかなる決断も逡巡も許さず断行する。こうした覚悟で下した決断はまず十中八九成功する。トップの決断とその成功の積み重ねが社員との間の信頼関係を生むことになる


安田隆夫

会社はもちろん法人ですから、個人と違ってある意味、未来永劫発展する可能性もある。だから、私の死後も隆々と会社が発展していくためには、私の身の処し方はどうすればいいかと。未来から現在を照らし合わせて考え、私は今ここで身を引く必要があるだろう。これ以上、私が会社に居続けることで、当社がビジョナリー・カンパニーとして永遠に栄えることは難しいだろう。だから、これ以上創業者に依存する会社になってはいけない。それであえて、私は勇退という言葉を使って引退することにしたのです。


三木谷浩史

やっている時は「なんでこんなことしてるのか」と思うこともあるけど、王道は進み続ければいい。諦めなければいい。


朱子(朱熹)

精神一到何事か成らざらん。


石渡美奈

ポンポンとテンポの良い会話が心地よい人もいれば、頭の中で確認しながら話す方が理解しやすいという人もいます。この違いに無頓着だと、なかなか会話が深まらないのではないでしょうか。相手と自分ではリズムが違うなと感じたら、なるべく相手に合わせるようにする。これはとても大事なことだと思います。


松波晴人

人間には価値観に合致することには気づく半面、価値観に反することは過小評価し、場合によっては無視するという傾向があります。それは、自分の思い込みと事実が食い違っていることを認めたくないからです。これを認知的不協和といいます。しかし、それを乗り越えないと新しい気づきは得られません。


小宮一哲

「俺はこれだけ頑張っている」と思うと、「何で他の人は認めてくれないんだ」という考えに陥りやすい。それは周囲やお客さんと接する中で、ストレスの種になります。「うまくいかないのは自分の頑張りが足りないからだ」と考える方が、ストレスを感じずに済むのではないでしょうか。


妹尾大

対話の中で、せっかくいいアイデアが生まれても、そこで途切れてしまうと、そのときの熱は冷めてしまうことが多いもの。「鉄は熱いうちに打て」と言いますが、アイデアが生まれたら、そのまますぐに形にしてみる、という流れが大切。


上村愛子

これができなかったら金メダル争いには加われないし、競技者として終わりだという覚悟で取り組んだ。自信を持って五輪の舞台に立つためにも、女子選手が誰もやっていない技を完成させる必要があった。


ボビー・オロゴン

投資は昔からやってるよ。最初に相場の世界を教えてくれたのは、ナイジェリアで貿易商をやっているお父さん。ボクは子どもの頃から見込まれて、オフィスに連れていかれては「これはドコソコの国からいくらで買ってきたモノで、これからいくらで売るから、利益はいくらになる」ということを教えてもらっていました。


ジョセフ・ジューベル

若者に聞いてみなさい。彼らはすべてを知っていますよ。