名言DB

9413 人 / 110706 名言

石塚粂蔵の名言

twitter Facebook はてブ

石塚粂蔵のプロフィール

石塚粂蔵、いしづか・くめぞう。日本の経営者。日本製鋼所会長。東京出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、日本製鋼所に入社。イギリスの兵器メーカーのビッカースに出向後、日本製鋼所室蘭工場次長、事務部長などを経て社長に就任。戦後同社を兵器メーカーから民需メーカーに改革し、再建を成し遂げた経営者。そのほか、大阪野村製作所社長、昭和飛行機工業社長、日本兵器工業会会長、日経連理事なども務めた。

石塚粂蔵の名言 一覧

そりゃあ切れば血の出る人間のことだから、長い勤め人生活には、嬉しい日も悲しい日もあった。しかし、悲喜こもごもの一切をのんで、とにかく同じ会社にあってここまでやってこられたということは、私にとって「ありがたい」という一語に尽きる。


どだい働く意思のない一般の人たちを、権力で職場に引っ張ってきて働けといっても無理な話だ。


よく人生観とか人生哲学とかいう言葉を耳にする。だが、学校を出てそのまま会社に入り、会社そのものには紆余曲折はあっても、私自身は一本調子でやってきて、やがて社長になり会長になった。したがって私には、これといった人生観も人生哲学もないし、また語る資格もないようだ。しいていえば、人の世のことはすべてこれ「運命」であり「縁」であって、私はただそれに従ってきたまでの話である。


会社に人事や経営の面で何度も大きな変動があったが、ひとつの会社でどうやらつつがなく過ごしてこられたということは、何ものにも代えがたい喜びである。戦後のパージ(公職追放)期間中を除けば、終始一貫同じ場所で禄を食んできた。結婚しても子宝に恵まれなかった私は、平凡なようだが、顧みて幸福な男だと思っている。


碁、将棋などもやったが、ひとつとしてモノにならなかった。玉突きもよくやったが、これもあまり上達できなかった。大弓にはかなり熱をあげたおかげで名誉付きながら2段をもらった。ゴルフの腕前もしれたものだし、何ひとつ自慢の出来るものはない。しかし、ものごとはあまり名人達人になっては面白くない、というのが私の持論だから始末がいい。


いつも生活の設計図を会社の運命に結び付いて描いてきた。平凡なようだが、顧みて幸せな男だ。
【覚書き:日本製鋼所に入社し、社長・会長を経て引退まで勤め上げた自分の人生を振り返っての発言】


石塚粂蔵の経歴・略歴

石塚粂蔵、いしづか・くめぞう。日本の経営者。日本製鋼所会長。東京出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、日本製鋼所に入社。イギリスの兵器メーカーのビッカースに出向後、日本製鋼所室蘭工場次長、事務部長などを経て社長に就任。戦後同社を兵器メーカーから民需メーカーに改革し、再建を成し遂げた経営者。そのほか、大阪野村製作所社長、昭和飛行機工業社長、日本兵器工業会会長、日経連理事なども務めた。

他の記事も読んでみる

松井忠三

私が社長に就任する前、業績が停滞した際にまず出てきた意見は「担当者が悪い」というものでした。とくに衣服・雑貨部門の落ち込みが激しかったので、部門長を2年間で5人も入れ替えました。仕組みに問題があることに目を向けずに、「人を替えればなんとかなる」と思っていたわけですが、当然うまくいきませんでした。


新将命

ダメな人の7つの特徴

  1. 自分がダメだと思っている人
  2. すぐに諦める人
  3. 友を持たない人
  4. 師を持たない人
  5. 目標を持たない人
  6. 快適ゾーンに閉じこもる人
  7. 学ばない人

ジャンフランコ・ランチ

レノボの強みはハードウエアで収益を生めることです。それはPC事業で証明済みで、この形をサーバー事業に持ち込む。もちろんソリューションの提供も行いますが、それは、ソフトウエアベンダーやシステムインテグレーターなどのソリューションパートナーとともに提供していきます。


小笹芳央

世の中には運も存在します。失敗にも、成功にも、人智が及ばない領域があることは事実です。しかし、私は不運さえも自分のどこかにそれを引き寄せる言動があったと捉えるようにしています。不運もある。でも、幸福もある。その前提に立ったうえで、努力を重ねていくことで、ただ天に運を任せるよりはいい結果が得られると信じています。


宮内義彦

自前主義は時間がかかり未知の分野を開発するための投資額もかさみますが、着目するのも手を付けるのも早ければ、その短所をある程度和らげることができます。しかもほかの協力企業に気兼ねする必要がないので、新規事業を慎重に進めるか、大胆に大規模に進めるかなど意のままにできます。


稲垣精二

健診割(健康診断書を提出するだけで保険料を割引く制度)の対抗商品が出てこない大きな理由としては、新規参入の方々は日本における支払い統計がなく、裏付けるものがないということが挙げられると思います。今までは伝統に縛られ新しい市場の流れに対応できず、新規参入の会社にシェアを奪われるというようなレガシーの弱みばかりが目立ってきましたが、ビッグデータの時代になると、過去の支払い実績などを参照できる「持てる者の強み」が発揮できると考えています。


野口敏(話し方)

自分がマイナスと思っていることでも、さらけ出してみたら相手は何とも思わない、なんてことはよくあります。たとえば私の生徒さんの一人は、女性とお付き合いした経験がなくてコンプレックスに感じていたようなのですが、それを知り合いにふとしたきっかけで打ち明けたところ、「よく話してくれた」と一気に親しくなったそうです。


平井一夫

やはり商品。商品が強くないとダメです。魅力的な商品を作り、迅速に投入することが大事です。


加藤廣

50代になってからいきなり無手勝流で独立するのはリスクが高いと思います。私は何の才能もなかったけど、唯一、文章を書くことだけは得意でした。まずはその才能を活かして、40歳を過ぎたころからビジネス系の雑文を書き始めました。新聞やビジネス誌に寄稿しました。原稿料は微々たるもので、給料が1だとすると、最初は1.1足のわらじです。でも、それを続けていくうちに、やがて2足になっていく。2.5足になればもう十分です。組織に憂いなく「ハイ、サヨナラ」ができます。


梶村尚史

ときには残業やつき合いで帰りが遅くなる日もあるかもしれません。そんな日は寝る時間は変わっても、起きる時間はなるべく一定にしてください。それによって、リズムのズレは軌道修正されます。夜はいつもと同じ時間、あるいは少し前に眠気が訪れて、翌朝はいつもの時間に気持ちよく目覚めることができるでしょう。


大江英樹

就寝前には、10分程度の些末なことを含め、翌日のTODOをいちいち手帳に書き出していきます。やり終えたタスクに線を引いて消せば、着実に仕事が進んでいるという達成感を得られます。取り組むタスクを整理し、業務の流れをイメージすれば翌朝からスタートダッシュもできる。


川田修(ライフプランナー)

商談中、お客様に紙に書いて説明するときがありますよね。紙を自分のほうに向けて書き加えて、再びお客様に向けるのが一般的でしょう。しかし紙を何度もクルクルと回していると、お客様にストレスを感じさせてしまいます。それで紙の向きを変えずに字を書く、逆さ文字を練習したのです。そのうち「字を逆さまに書く面白い営業マンだから、とにかく会ってみなよ」と紹介していただけるようになりました。


堤智章

こだわりを持つ、集中して効率を上げるためのアイデアを出すなど、会社の一層の成長のためには、社員に全力で走ってもらうことが不可欠。


高橋がなり

不思議なもので、自堕落な生活をしていると、いい発想が出てくるんですよね。単なる怠け者の言い訳かもしれませんが。みなさんはこんな朝っぱらから会社に出てきて本当にいいんですか?こんな時間に出社していると、いい発想が生まれないし、質から量への転換と言いますか、「僕は何時から何時まできちんと働いているからいいや」というサラリーマン的思考になりませんか?


晝馬輝夫

我々は「ああでもない」「こうでもない」と、日々試行錯誤を繰り返しているんです。私は50年この会社にいて、いまだに「チクショウ、チクショウ」と思っている。まだまだわからないことが多いんです。