名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石塚粂蔵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石塚粂蔵のプロフィール

石塚粂蔵、いしづか・くめぞう。日本の経営者。日本製鋼所会長。東京出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、日本製鋼所に入社。イギリスの兵器メーカーのビッカースに出向後、日本製鋼所室蘭工場次長、事務部長などを経て社長に就任。戦後同社を兵器メーカーから民需メーカーに改革し、再建を成し遂げた経営者。そのほか、大阪野村製作所社長、昭和飛行機工業社長、日本兵器工業会会長、日経連理事なども務めた。

石塚粂蔵の名言 一覧

そりゃあ切れば血の出る人間のことだから、長い勤め人生活には、嬉しい日も悲しい日もあった。しかし、悲喜こもごもの一切をのんで、とにかく同じ会社にあってここまでやってこられたということは、私にとって「ありがたい」という一語に尽きる。


どだい働く意思のない一般の人たちを、権力で職場に引っ張ってきて働けといっても無理な話だ。


よく人生観とか人生哲学とかいう言葉を耳にする。だが、学校を出てそのまま会社に入り、会社そのものには紆余曲折はあっても、私自身は一本調子でやってきて、やがて社長になり会長になった。したがって私には、これといった人生観も人生哲学もないし、また語る資格もないようだ。しいていえば、人の世のことはすべてこれ「運命」であり「縁」であって、私はただそれに従ってきたまでの話である。


会社に人事や経営の面で何度も大きな変動があったが、ひとつの会社でどうやらつつがなく過ごしてこられたということは、何ものにも代えがたい喜びである。戦後のパージ(公職追放)期間中を除けば、終始一貫同じ場所で禄を食んできた。結婚しても子宝に恵まれなかった私は、平凡なようだが、顧みて幸福な男だと思っている。


碁、将棋などもやったが、ひとつとしてモノにならなかった。玉突きもよくやったが、これもあまり上達できなかった。大弓にはかなり熱をあげたおかげで名誉付きながら2段をもらった。ゴルフの腕前もしれたものだし、何ひとつ自慢の出来るものはない。しかし、ものごとはあまり名人達人になっては面白くない、というのが私の持論だから始末がいい。


いつも生活の設計図を会社の運命に結び付いて描いてきた。平凡なようだが、顧みて幸せな男だ。
【覚書き:日本製鋼所に入社し、社長・会長を経て引退まで勤め上げた自分の人生を振り返っての発言】


石塚粂蔵の経歴・略歴

石塚粂蔵、いしづか・くめぞう。日本の経営者。日本製鋼所会長。東京出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、日本製鋼所に入社。イギリスの兵器メーカーのビッカースに出向後、日本製鋼所室蘭工場次長、事務部長などを経て社長に就任。戦後同社を兵器メーカーから民需メーカーに改革し、再建を成し遂げた経営者。そのほか、大阪野村製作所社長、昭和飛行機工業社長、日本兵器工業会会長、日経連理事なども務めた。

他の記事も読んでみる

平野敦士カール

昼食はいつも決まったメンバーで、という人も多いでしょう。しかし、まずは半径3メートル以内にいる、あまり親しくないけれど一度ゆっくり話してみたいと思っていた部下や上司を誘ってみることからはじめてはいかがでしょう。その後、他部署の人、取引先と、誘う範囲を徐々に広げていけばいいのです。


ウォーレン・バフェット

そもそも経営が大幅に悪化するような企業には投資しません。
【覚書き|永久保有銘柄(永久に保有するに足る株式銘柄)の経営が大幅に悪化したらどうするのかという質問を受けたときの発言】


マハトマ・ガンジー

こんな世の中になって欲しいとあなたが願う世の中に、あなた自身が変わっていかなくてはならない。


石田宏樹

我々の世界では、継続的に優秀な人材を生み出す事が重要です。例えば、優秀な若者が携帯電話1台で起業して、天才的な能力で市場に参入してきます。我々もその意味で個人を成長させ続けることは重要な課題となっています。


宇都宮恒久

自分が携わる業界が、社会的に評価してもらえない。こんなに悲しいことはありません。だから私は、自分の仕事に誇りを持つために、社会に認められる価値を生み出さねばならないと考えました。


庄司眞

事業会社間の情報共有も進めています。現在ホールディングス体制の下、首都圏で営業する6つの事業会社ごとの情報を横断的に共有しています。例えば、東京で成功した事例を埼玉で導入する、あるいは千葉で失敗した事例を徹底的に分析し、東京で再び最適化するといった展開につなげています。


萩本欽一

大人になって成功する人は、若者を惹きつけるいい言葉を持っています。これまでの人生、僕もいい言葉でずいぶん助けられたり勇気づけられたりしてきました。いい言葉って、人の心を動かすんです。


鈴木喬(経営者)

私は体が小さい。それでも小さいなりに、大きいやつとの喧嘩の仕方は、子供の頃から体に叩き込んでいる。だからだろう。会社を経営するようになってからも、事業規模が小さいことをハンディだと感じたことはない。


古森重隆

決断の過程ではデッドラインのギリギリまで考え抜いても結論が出ないこともしばしばあった。腹を決め、可能な限りの情報を集め、最後の最後まで考え抜く――。それでも、はっきりとした優位性が見えない時が現実にあった。そんなとき私は「いずれを選択しても正しいのかもしれない」と考えることにしている。


小寺春樹

国内ビジネスはお客様との兼ね合いもあって多極化が難しいのですが、逆に海外では自由にできることが魅力です。


家次恒

パソコンが出てきてタイプライターがなくなったように、全く違うものが出てきて自分たちの技術が不要になってしまう。だからこそ、強迫観念みたいに研究開発をしないといけないのです。当たるかは分からないけれど、それがもう、僕らが一番にやってきたことです。


小池龍之介(小池龍照)

ストレス社会といわれ、年間3万人の自殺者が出ている根のひとつに仏道でいう「渇愛」という苦痛があります。それは欲しい、足りない、欲しい、足りない……という欠乏感のことです。苦痛なら求めることをやめればいい。しかしなかなかやめられないのは、それが同時に快楽だからです。たとえば空腹のとき何かを食べれば、満たされて快楽を感じます。ただし、食べ続けるうちに腹がいっぱいになり苦しくなる。当然ですよね? しかし食事の味や種類を変えると「ケーキは別腹」などとまた食べられる(笑)。実際は満腹で苦しいのに刺激によって苦しみがなくなったように錯覚するのです。問題はその欲望からは幸福を得られないこと。むしろ心の奥にストレスをためてしまう。