石塚粂蔵の名言

石塚粂蔵のプロフィール

石塚粂蔵、いしづか・くめぞう。日本の経営者。日本製鋼所会長。東京出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、日本製鋼所に入社。イギリスの兵器メーカーのビッカースに出向後、日本製鋼所室蘭工場次長、事務部長などを経て社長に就任。戦後同社を兵器メーカーから民需メーカーに改革し、再建を成し遂げた経営者。そのほか、大阪野村製作所社長、昭和飛行機工業社長、日本兵器工業会会長、日経連理事なども務めた。

石塚粂蔵の名言 一覧

そりゃあ切れば血の出る人間のことだから、長い勤め人生活には、嬉しい日も悲しい日もあった。しかし、悲喜こもごもの一切をのんで、とにかく同じ会社にあってここまでやってこられたということは、私にとって「ありがたい」という一語に尽きる。


どだい働く意思のない一般の人たちを、権力で職場に引っ張ってきて働けといっても無理な話だ。


よく人生観とか人生哲学とかいう言葉を耳にする。だが、学校を出てそのまま会社に入り、会社そのものには紆余曲折はあっても、私自身は一本調子でやってきて、やがて社長になり会長になった。したがって私には、これといった人生観も人生哲学もないし、また語る資格もないようだ。しいていえば、人の世のことはすべてこれ「運命」であり「縁」であって、私はただそれに従ってきたまでの話である。


会社に人事や経営の面で何度も大きな変動があったが、ひとつの会社でどうやらつつがなく過ごしてこられたということは、何ものにも代えがたい喜びである。戦後のパージ(公職追放)期間中を除けば、終始一貫同じ場所で禄を食んできた。結婚しても子宝に恵まれなかった私は、平凡なようだが、顧みて幸福な男だと思っている。


碁、将棋などもやったが、ひとつとしてモノにならなかった。玉突きもよくやったが、これもあまり上達できなかった。大弓にはかなり熱をあげたおかげで名誉付きながら2段をもらった。ゴルフの腕前もしれたものだし、何ひとつ自慢の出来るものはない。しかし、ものごとはあまり名人達人になっては面白くない、というのが私の持論だから始末がいい。


いつも生活の設計図を会社の運命に結び付いて描いてきた。平凡なようだが、顧みて幸せな男だ。
【覚書き:日本製鋼所に入社し、社長・会長を経て引退まで勤め上げた自分の人生を振り返っての発言】


石塚粂蔵の経歴・略歴

石塚粂蔵、いしづか・くめぞう。日本の経営者。日本製鋼所会長。東京出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、日本製鋼所に入社。イギリスの兵器メーカーのビッカースに出向後、日本製鋼所室蘭工場次長、事務部長などを経て社長に就任。戦後同社を兵器メーカーから民需メーカーに改革し、再建を成し遂げた経営者。そのほか、大阪野村製作所社長、昭和飛行機工業社長、日本兵器工業会会長、日経連理事なども務めた。

他の記事も読んでみる

ジェフリー・フェファー

いつも家族や親友とばかり一緒にいると知り合いも重なり、いつも同じことを繰り返すばかりになるので発展がない。だからこそ、自分とは全く違う種類の人間や完全に別のサークルで動く人たちとつながっておくことにより、いざというときに必要な情報や連絡先を手にすることもあるのだ。


中原淳

上司が部下に厳しいことが言えないのは、多くの場合、上司が臆病なのではなく、観察不足が原因。相手のことをしっかりと観察し、事実をつかんでおく必要がある。


宮内義彦

日本の球界は、まだ、危機意識が低すぎます。95年当時、米国のメジャーリーグと日本のプロ野球の売上規模は余り変わらなかった、あの頃の日本はすごかった。その中でも巨人軍が突出していましたけどね。この20年間で米国は売上が7倍になった。日本は2割ほどしか伸びていない。まさに経済力の差です。経営マインドの差です。もっと利益を出すようにしていこうという気持ちが少ないんです。ちょっとでも伸びているじゃないかということでね。僕はきわめて危機意識を持っているんですが、こんなことではおかしいと。その危機意識の共有が欲しい。


柴田昌治(コンサルタント)

混乱のない組織は進化しない。ここで言う「混乱」とは、敵対的な対立ではなく、互いへの信頼や安心感をつくりながらの意見のぶつけ合いであり、生産的な話し合い。


大塚雅樹

楽しいことがあとに控えていると思うと、嫌なことが小さなことに思えてきます。もっとモチベーションを上げたいなら、自分へのご褒美の日付も決めてしまうことです。日付が決まっていると、その日までに何とか終わらせようという意欲が出てきますから。そうやって嫌な仕事をこなせたときには、達成感がありますし、自信にもつながります。


押味至一

生産性向上のため、まずプロジェクトの計画段階から、効率的な建設方法やコスト低減策について詳細に計画するようにしました。どんな構造にすれば損益を改善できるかなど工事を始める前から手を打っておくということですね。


鈴木敏文

消費税還元セールは、1997年に消費税率が5%に上がった時に、私が指示し、始めたことなんです。当時、消費税分5%還元セールをやろうと言ったら、社内ではみんな反対でした。1割引き、2割引きしても何ら売れないのに、たった5%引き程度のセールでは意味がないと言うんですね。ですが、私は人間の心理というものを考え、税に対する嫌悪感を考慮すれば絶対に効果があるだろうと。それでも社内で反対が多いから、北海道拓殖銀行が破綻して消費マインドが下がっていた北海道だけやろうと言って始めたんです。そうしたら、売り上げが前年比160%のアップとなりました。それで翌週から全国にセールを拡大させていったのです。


森川宏平

今、化学業界全体が非常に良いと言われますが、この状況は非常に珍しく、何年も続くとは思っていません。その意味でも、我々が持っている13の事業で、どこが良くなり、どこが悪くなるかを1つひとつ見ていく必要があります。


牧野正幸

当社の社員の多くは「成果」を求めるプロフェッショナルです。彼らの働く時間は基本的に、自主裁量。要するに何時から何時まででも勝手に働いてくださいということ。仕組み上は裁量労働制かつ年俸制で、月50時間分の残業に相当する手当を払います。労働時間は社員の健康のために把握しますが、人事考課には使いません。自主裁量で働ける環境は、プロの世界では必須です。能力を伸ばしたければ、同じ仕事でも試行錯誤するでしょ。そこは自由にやらせてあげたい。世界と戦うにはそういう人材でないと。


寺田和正

仕事を自分から楽しまない人は、いい結果も出せません。僕はよく社員に「とにかく笑って!」と教えているのですが、それもハッピーな気持ちで仕事に取り組んでほしいからなんです。「幸せ」というキーワードは、これからのビジネスパーソンにとって欠かせないものなのかもしれません。


廣瀬光雄

私も80歳の傘寿を迎える歳になりました。これまでを振り返ってみると、1つは大きな巡り合わせに恵まれていたこと。そしてもう1つが人に助けられてきたこと。この2つが挑戦を続けてきた自分の人生に励みを与えてくれたのだと感謝の気持ちでいっぱいです。「出会い」、この一言に私の人生は集約されているようにも思います。


城阪俊吉

日本は独創的な研究と言って信号では青を出しているが、交通巡査がストップをかけている。


森田敏宏

ストップウォッチで作業時間を計測しよう。作業前にだいたいの目標時間を設定するとやる気が高まる。これを習慣にすれば、だんだん「パブロフの犬」のようにストップウォッチを持っただけでやる気が出るようになる。


平井伯昌

精神面が成熟した選手は、指導者が少し支えるだけで調子を上げられますが、未熟さが残る選手の指導ほど時間がかかります。チーム力で考えれば、まず後者の指導を意識して足並みを揃えた方が、チームの雰囲気も全体の最高値も高くなる。


横田雅俊

将来買ってくれる可能性のある人すべてを顧客とすると、顧客リストには膨大な数の顧客が載ってしまう。そこで重要になるのが攻略顧客とカバー顧客の切り分けだ。攻略顧客は、文字通りこれから重点的に攻略すべき顧客。一方、カバー顧客は、案件が出てきたら捕捉できる程度の距離感を持って接する顧客だ。ターゲティングで重要なのは攻略顧客。攻略顧客の上限数は、担当エリアの大きさや、営業の支援体制などさまざまな条件によって設定すべき。


ページの先頭へ