名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石坂泰三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石坂泰三のプロフィール

石坂泰三、いしざか・たいぞう。東芝の社長。財界人、第2代経団連会長。東京帝国大学卒業後、逓信省に入省。4年務めたのち、第一生命に移り社長まで勤め上げ、同社を大いに発展させる。三井銀行と東芝から東芝再建を依頼され社長に。6000人の人員整理を行い再建を軌道に乗せる。その後経団連会長を長期間務める

石坂泰三の名言 一覧

上手くいったら、お前たちの功績、上手くいかなかったらオレの責任にしていい。


無事これ貴人。


自分は決して英雄だとは思わない。もし英雄だとすれば、君たちが英雄にしてくれたんだ。


いま売っている製品を永久に売るということでは駄目で、先を見越して新製品を作ることが必要だ。


日本に今一番大切なものは、経済道義の高揚である。
【覚書き:経団連会長時に、いまの財界に何が必要かと問われた時の返答】


私の財界に対する注文、それは第一に経済道義の高揚ということだ。いまの日本の財界に一番欠けているのはこれだと思う。


私は東芝に来るにあたって、自分の腹心というようなものは一人もつれて来なかった。単身乗り込んだわけである。それには理由がある。一人ならば出処進退が自由にできるが、人を連れて行った場合、その人を辞めさせて自分が残るわけにはいかないからだ。


人にものを教えるということは、自分でも非常に勉強になるもので、学問のためにも、またその後のものの考え方の上にも大いに役立ったと思う。
【覚書き|逓信省時代、早稲田大学と拓殖大学でドイツ法と民法の講師をしていた理由について語った言葉】


大学卒業間際、同級生が校庭で円陣をつくって、学校を出たらどこへ入ると希望を語り合っていたとき、「誰がどこに入るか、ひとつくじ引きをやって占ってみようじゃないか」という話が出た。私はそのとき偶然逓信省が当たったのだが、あとでよく考えたうえ、逓信省に出願した。大蔵省や内務省でも入れないことはなかったと思うが、鶏頭の方が牛後よりもいいと考えて選んだわけである。


人生はマラソンなんだから、100メートルで一等をもらったってしょうがない。


経営者のあり方などよく質問を受けるが、私に言わせれば経営に秘訣なしだ。よく勉強すること。これが経営者の任務。私は経営学を馬鹿にしているわけじゃありません。読んだことはないが、立派なことが書いてあるんでしょう。しかし、何か大変な秘訣が書いてあるだろうなんて思ったことは一度もない。そんなもの、もともとありっこないですよ


石坂泰三の経歴・略歴

石坂泰三、いしざか・たいぞう。東芝の社長。財界人、第2代経団連会長。東京帝国大学卒業後、逓信省に入省。4年務めたのち、第一生命に移り社長まで勤め上げ、同社を大いに発展させる。三井銀行と東芝から東芝再建を依頼され社長に。6000人の人員整理を行い再建を軌道に乗せる。その後経団連会長を長期間務める

他の記事も読んでみる

櫻田毅(桜田毅)

周囲の信頼を裏切らないよう、体調に十分留意するのがプロ。体調管理が完璧な人は、仕事にも配慮が行き届いている。


理央周

自分の時給を把握しておくことも大事です。月給を勤務時間で割れば簡単に分かります。自分でやるより外注した方が生産性が高いという業務があれば、上司に提案してみましょう。時間は限られた資源ですから、それを有効に使うためにはそんな発想が必要になってきます。


鈴木敏文

株式市場における真実は何なのか、私が株式投資を行って一番実感したのは、株価がずっと上がり続けることはなく、上昇が続いた後には必ず下降に入る。同様にずっと下がり続けることもなく、下降が続いた後は上昇に転じます。


上野光夫

アイデアをノートに書き出すときに大事なのは、あれこれ考えすぎずにリストアップしていくことです。似たようなものであろうと、実現不可能であろうと、どんどん書き出すうちに発展し、違うアイデアにつながります。


永守知博

製品を購入してもらった後の世界で利益を生まないといけません。わかりやすいのは買い物でしょうか。タピアにはNFCがついていて、電子決済が可能です。さらにいまは視覚のAIの開発に力を入れています。


リク・マケラ

新しいアイデアを創出するには、できるだけ雑多なバックグラウンドを持った人間が集まった方がいい。


宮坂学

人は、自分の仕事を通して人から感謝されることで喜びを感じる。


小嶋雄介

技術変革や新しいメディアの台頭などにより、ウェブの広告効果も高くなっています。しかし、ブランディングとなると、テレビや雑誌などの既存のメディアやイベントの方が効果的な場合もあります。クライアントのニーズに応えるにはウェブだけではなく、あらゆるメディアを駆使したプランニングが重要になってきます。そのすべてをワンストップで提供できるのが当社の強み。


荒木三郎(経営者)

証券は、私が長年いた銀行とは違い、扱う商品の範囲が広く人材も多種多様。各分野のエキスパートが集結しており、面白いことがたくさんできそうです。日本は1800兆円ある個人金融資産のうち半分が現預金。貯蓄から資産形成の流れを少しでも進めるために、まだまだできることはあるはず。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス文章を書くときも「型」を持つといいでしょう。ビジネス文書に欠かせないのは、「礼儀」「要件」「熱意」の3要素。ビジネスパーソンなら、これまで多くの文書を送受信してきたはず。その中から、3要素が整っているものを「良例」としてピックアップし保存しておく。いざ自分が書く時には、それをフォーマットにして必要な部分だけ加筆・修正すればいい。これが「型」を持つということです。こうした良例はあくまで上手な文章の参考なので、文脈に合わせて、自分でアレンジして使いましょう。


原礼之助(禮之助)

大手自動車会社に、日本国籍でない人が社長になったと言っては、いまだに大騒ぎをしているでしょう?なんだ50年間、日本はちっとも変っていないじゃないかと私なぞは思うのです。外国人を経営層に入れ、新しい文化を作りましょう。もはやまったく珍しがられなくなるほど入れていくことが、日本企業の国際化です。


北条早雲

人の行ないの善悪などというものは、皆その友人によるといっても過言ではない。昔から「人が二人集まれば、その中に何かの点でわが手本とする者がいる。すなわち、善い行ないをする者には自己もこれに見習い、悪い点をもっている者には従わぬようにする」というような言葉も残っているのである。