石坂泰三の名言

石坂泰三のプロフィール

石坂泰三、いしざか・たいぞう。東芝の社長。財界人、第2代経団連会長。東京帝国大学卒業後、逓信省に入省。4年務めたのち、第一生命に移り社長まで勤め上げ、同社を大いに発展させる。三井銀行と東芝から東芝再建を依頼され社長に。6000人の人員整理を行い再建を軌道に乗せる。その後経団連会長を長期間務める

石坂泰三の名言 一覧

上手くいったら、お前たちの功績、上手くいかなかったらオレの責任にしていい。


無事これ貴人。


自分は決して英雄だとは思わない。もし英雄だとすれば、君たちが英雄にしてくれたんだ。


いま売っている製品を永久に売るということでは駄目で、先を見越して新製品を作ることが必要だ。


日本に今一番大切なものは、経済道義の高揚である。
【覚書き:経団連会長時に、いまの財界に何が必要かと問われた時の返答】


私の財界に対する注文、それは第一に経済道義の高揚ということだ。いまの日本の財界に一番欠けているのはこれだと思う。


私は東芝に来るにあたって、自分の腹心というようなものは一人もつれて来なかった。単身乗り込んだわけである。それには理由がある。一人ならば出処進退が自由にできるが、人を連れて行った場合、その人を辞めさせて自分が残るわけにはいかないからだ。


人にものを教えるということは、自分でも非常に勉強になるもので、学問のためにも、またその後のものの考え方の上にも大いに役立ったと思う。
【覚書き|逓信省時代、早稲田大学と拓殖大学でドイツ法と民法の講師をしていた理由について語った言葉】


大学卒業間際、同級生が校庭で円陣をつくって、学校を出たらどこへ入ると希望を語り合っていたとき、「誰がどこに入るか、ひとつくじ引きをやって占ってみようじゃないか」という話が出た。私はそのとき偶然逓信省が当たったのだが、あとでよく考えたうえ、逓信省に出願した。大蔵省や内務省でも入れないことはなかったと思うが、鶏頭の方が牛後よりもいいと考えて選んだわけである。


人生はマラソンなんだから、100メートルで一等をもらったってしょうがない。


経営者のあり方などよく質問を受けるが、私に言わせれば経営に秘訣なしだ。よく勉強すること。これが経営者の任務。私は経営学を馬鹿にしているわけじゃありません。読んだことはないが、立派なことが書いてあるんでしょう。しかし、何か大変な秘訣が書いてあるだろうなんて思ったことは一度もない。そんなもの、もともとありっこないですよ


石坂泰三の経歴・略歴

石坂泰三、いしざか・たいぞう。東芝の社長。財界人、第2代経団連会長。東京帝国大学卒業後、逓信省に入省。4年務めたのち、第一生命に移り社長まで勤め上げ、同社を大いに発展させる。三井銀行と東芝から東芝再建を依頼され社長に。6000人の人員整理を行い再建を軌道に乗せる。その後経団連会長を長期間務める

他の記事も読んでみる

小泉光臣

リーダーには、最後の責任は自分が取るという矜持が必要。


寺尾玄

生活に密着したものを作れば景気の良し悪しに左右されない。しかも、生活に必要とされるものなら高価格帯でも売ることができる。


小池龍之介(小池龍照)

目の前で起きていることや、そこから生まれた感情は、表面的な波であること。そして、波によって海という「本質」が壊されることはないと理解できれば、人は余計な恐れや迷いをスルーして平常心でいられます。すると、顧客のために役立とうなどの「世間的な覚悟」も自然と生じるものです。


渡邉美樹

人間が人間として生まれてきた目的は、人間としてもって生まれた美しい資質を高めることにある。どうしたら高められるのかというと、夢を持ち、その夢のプロセスを歩むことだ。努力しながら進む道で、周りの人たちに良い影響を与え、ありがとうを集めながら歩んでいく。そのうち、夢を達成することはあくまで目的であって、実はゴールではなく、日々のプロセスの中にこそがゴールであると気づく。


柴田励司

「人間関係がキツイ」「労働環境がキツイ」「仕事そのものが困難である」という修羅場の中で、とにかくきっちりやって成果をあげることです。いくつも会社を変える20代の人がいますが、私には履歴書を汚しているとしか思えません。「石の上にも3年」「若いうちは雑巾がけ」というのはいまも変わらない教えだと思っています。


桑原豊(経営者)

自分たちの仕事ぶりをきちんと見てくれる店長には、スタッフは信頼感を抱きます。そして店長の話に耳を傾けるようになります。だから、店舗の運営がいい方向に回っていくわけです。


竹田陽一

情報の収集は重要です。情報がない状態で目標を定めると、たいがい的外れのものになってしまいます。間違った情報をうのみにすると、場合によってはひどい無駄が発生することもあります。集めなければならない情報は5つあります。(1)お客の情報(2)競争相手の情報(3)社内の情報(4)仕入れ先の情報(5)経済環境の情報


羽田圭介

大学を卒業後、就職をしたのは、親を安心させるためと、サラリーマン生活を経験したほうが作家活動にもいい影響があると思ったからです。勤めて最初の3か月は仕事をしながら、小説もきちんと書いていたんです。でも、会社で仕事の力の抜き方を覚えていったら、小説も書く努力をしないようになってしまって。小説を書くのに、社会人経験はじつはそれほど必要ではないなと思ったんです。幅広い経験をしようと思っても、日々の仕事って、じつはルーチン。たとえこれまでにない経験をしても、次第に自分のなかではルーチンになっていく。学生時代にデビューして、就職していないのにもかかわらず、ずっと面白い作品を書き続けている先輩作家さんたちもいます。そこで、背水の陣で専業作家に挑もうかなと。会社員生活もそれなりに楽しかった。でも「このままでは書かなくなるだろうな」という不安があって。


芝本裕子

まず、「化粧品をつくってみませんか?」というお話をいただいたのがきっかけで、化粧品の企画から販売まで携わることになりました。そのときには、まだ何をつくるかも決まっていない状態でした。そこで、いまの日本市場には、まだそう多くは出回っておらず、需要がありそうな化粧品を考えたときに思いついたのが、韓国で流行っていた、一枚一枚が個別包装されているシートマスクでした。これは、日本の女性にも需要があるはずだ!と。


堤智章

売り上げを伸ばすには二つの要素がある。一つは商品の付加価値を高め、単価を上げること。もう一つはチャネルを変えること。


夏野剛

文句を言う人がいても、120%の力を出せばいいだけです。「生意気な奴」と言われたこともありますが、褒め言葉と受け取りました。


吹石一恵

今回の映画『ゲゲゲの女房』でも何度もつまづきました。鈴木卓爾監督は、本当に納得がいくまでやらせてくれる人で。2000回ぐらいNGを出したような印象。実際の回数はもっと少ないと思いますが、それくらい、とことんやりきりました。


田中優子(江戸文化研究者)

本学の特任教授である尾木直樹先生と対談していると、「自己肯定力」が必要だという話によくなります。それはむやみに自分を肯定するという意味ではありません。自分には決められる、決めたことを自分で達成できるという自信のことです。


毛利元就

たとえどのような事があろうとも、堪忍しなくてはならない。自分らは、兄の興元が死んでから40年もの間、井上党(毛利の実権を握っていた家臣の井上氏)の者どもを主人として奉って辛抱していた。その間のくやしさというものは、どのようなものであったか想像してほしい。40年の長い間のことであるから、その辛抱も容易なものではなかった。


亀井忠夫

昔の建物を利活用しながら、経済的な価値もしっかり備えているような開発の仕方ができないか常に考えています。古い建物に宿った設計者の魂というのは引き継がれていきますから、それを残していくのは非常に大切なことです。もちろん、すべての建物を残せば良いというわけではありません。ただ、本当に価値がある建物を見極めつつ都市の財産として残すべきものは残すという見方が主流となれば、新しく建物を創る時にも芯のしっかりした建物をつくろうという気概が生まれてくる好循環が出てくると思います。


ページの先頭へ