石坂正人の名言

石坂正人のプロフィール

石坂正人、いしざか・まさと。日本の経営者。プリンタ消耗品リサイクルの「ジット」、冠婚葬祭ホール運営会社「ジットセレモニー」社長。山梨県立甲府工業高校建築科卒業後、建築会社、OA関連会社などを経てジットを設立。

石坂正人の名言 一覧

人間いつ死ぬか分からない。時間を無駄にしていたら、やりたいと思っていたことを実現できない。


強く願えば、必ずかなう。


仕事、子育て、冠婚葬祭……地域で必要とされるものはできるだけ多く引き受けられるようにしたい。山梨は人口が減少している県ですから、少しでも住みやすく、満足度の高い地域になるようお手伝いをしていきたいと考えています。


ずっとワンマンでやってきたが、それはとんでもない思い違いだった。社員や家族をはじめ、周囲の人々に助けられてきたからこそ、今の会社、今の自分がある。その人たちに感謝し、みんなが幸せになるように力を尽くさなければならない。
【覚え書き|経営危機を振り返っての発言】


従業員は、全員私の家族です。当然能力には差があります。差があるのが、当たり前です。それを、全員で認め合い協力して一層優秀な成績を収めるように努力しようと、お互いに喜んで前向きになってくれることが必要です。それが、社長の役割だと思っています。


能力の違いは、生まれつきですから仕方ない。そして、適材適所に配置しなければなりません。だが、それぞれの能力いっぱいに努力しない者は、上から見ていると分かります。


石坂正人の経歴・略歴

石坂正人、いしざか・まさと。日本の経営者。プリンタ消耗品リサイクルの「ジット」、冠婚葬祭ホール運営会社「ジットセレモニー」社長。山梨県立甲府工業高校建築科卒業後、建築会社、OA関連会社などを経てジットを設立。

他の記事も読んでみる

小川直也

プロレス界のためになることは何でもやります。ためにならないことは、いくら金を積まれてもやりません。だから、どんなイベントでも、必ず「何の意味があるの?」って聞くんです。それで納得できればギャラは関係ない。地方の試合だって行きます。


糸井重里

いつの時代でも喜んでもらえるかどうかが、ほぼ日が事業を手掛ける基準。周囲の環境に影響されない、おいしいや美しいといった、人間が本来持っている基準。


岩田聡

ゲームキューブも自分たちは違うものをつくったつもりでもお客から見ると同じことをやっていた。業界全体がかかっていた病気に任天堂もかかっていた。


南原竜樹

ストレスは悪いことじゃない。例えば、会計事務所で働いている知り合いの女性は、仕事が多くてすごいストレスだと言っていたけど、その忙しいおかげで、おそらく彼女はわずかな間に事務処理能力がものすごく上がっている。それで彼女は引く手あまたになって、いろいろなところから声がかかるようになった。ストレスを与えられて強くなれるのは、人間だけだと思う。


猪瀬直樹

挑戦する価値があるのは、最初は周りが反対するような斬新な提案。「慣例だからダメ」といった空気の壁を破ってこそ、ビジネスマンの評価が高まる。


ジム・ロジャーズ

投資家として成功したいなら、多くを学ぶことだ。単に知識を増やすだけでなく、正しい考え方を身に付けることが大切だ。投資だけでなく、君の人生にとっても大いに役立つだろう。


小池百合子

鳥の目で俯瞰して見ると、おかしいことっていっぱいあるわけですよ。時間がかかった分だけいろんな人たちが関与してがんじがらめになっている。私はむしろしがらみがないことから、まさに烏の目で客観的に見て、高過ぎるのではないか、安全はどうなのかと。今ひとつずつ着地点を模索しています。


松井忠三

未知の環境で逆境を経験した時こそ、人や組織の本質が最も見える。


葛西敬之

多くの人たちの心をわかり掌握するには、論語にもある通り「吾れ日に吾が身を三省す。人のために謀りて忠ならざるか、朋友と交わるに信ならざるか、習わざるを伝えしか」、つまり人のために何かをしてあげるときに、忠(真心)をこめてやったかどうか。友達と付き合う際に、信頼を裏切ることなく常に誠実に対応したのかでしょう。孔子は人心を掌握するには真心や思いやり、誠実さが必要であると教えているわけです。


本庄正則

人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


林文子

営業で人との出会いを楽しむためには、「誠実であること」「謙虚であること」「相手の立場をよく考えること」が大切です。笑顔できちんと挨拶して、相手の話をしっかりとうかがう。内気な方でも、相手の話を聞くことはできるでしょう?そして、訪問先の会社のことをよく調べて、相手の方のビジネスについておうかがいするんです。


中山幸市

人間、喧嘩をした場合、どんな方法をとってでも相手の弱点を突いて勝たなければいけない。一度、負けたとなると、いつもその人間に一目置く気持ちを持つようになる。それは犬の喧嘩を見てもわかるであろう。負け犬はいつもその犬に会うと、しっぽを巻いて逃げる。


安田佳生

最近はハウツー本が人気ですが、それはなぜかといえば、答えが載っているからです。しかし、ビジネスの世界には答えはありません。状況は急速に変わり、消費者も多様化しています。同じ成功体験が繰り返されることはありません。だから私はハウツー本を読みません。それよりも、「何が重要か」「なぜ重要なのか」と考えるためのヒントを探っていくと、歴史や哲学などの教養本にいきつくことになります。


坂口健太郎

夢とか目標とかないんです。よく、5年後にはどんな俳優さんになっていたいですか、とか訊かれるんですけど、その姿をあまりにも明確につくりすぎてしまうと、その方向にしか進んでいかないような気がするんですよね。道が一本しかなくなっちゃうというか。


伊藤正裕(起業家)

昨年、当社に新卒で入社したばかりの女性が、ある大手カード会社に単独で営業しに行って、大きな契約を決めてきました。彼女はもちろん経験は少ないですし、セールストークも未熟です。でも、「この商品は必ずお客様を満足させられる」と心の底から信じる熱意が、経験のなさやトークの拙さをカバーして、相手の気持ちを動かしたのです。


ページの先頭へ