名言DB

9412 人 / 110637 名言

石原明の名言

twitter Facebook はてブ

石原明のプロフィール

石原明、いしはら・あきら。日本の経営コンサルタント。ヤマハ発動機、大手監査法人コンサルティング部門、外資系教育会社日本代理店などを経て日本経営教育研究所を設立。著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』『イヤな客には売るな!』『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』『「成功曲線」を描こう。』『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』ほか。

石原明の名言 一覧

真の思いやりとは、相手のことを考えて厳しく接することです。いまこの瞬間にいい人と思われなくてもいいのです。後で「あの人のおかげで成長できた」と感謝される人になればいいのです。


会話の内容によって、つながる人たちのレベルが変わってしまいます。類を以て集まるわけですが、自分たちが正しいと思っているだけに、そういう話の輪に入ってこない人を否定します。


歴史に詳しくならないと、上位の経営者の輪に入っていけません。まず、日本の歴史がわからないで、日本をどうしたいと話すこと自体が間違いです。


国際人というのは自国の歴史を語れなければなりません。国際社会で活躍するには常にアイデンティティーが問われます。愛国心をもって自分の国を語れることが、アイデンティティーにつながるのではないでしょうか。


ビジネスでは利益や会社の信用、ブランドなど守るべきものが存在します。自分たちに非がないにもかかわらず、相手や顧客のご機嫌を取るために、甘んじて責任を転嫁される必要はありません。このような態度は相手をつけあがらせるだけです。資本主義ではあらゆるものがコストに換算されることを念頭に置き、会社の利益やブランドを高めることを第一に考えて行動しなければなりません。


都合のいい人をやめるにはどうすればいいのでしょうか。あなたが親切だと思ってやっている行為は、嫌われないための自己防衛にすぎないことに、まずは気づくべきです。その証拠に、あなたが思うほど、相手はあなたの親切に感謝していません。


目先の機嫌取りのために甘い顔をするのか、愛情をもって厳しく接することで結果的に好かれるのか。大事なことは、長期的に見てお互いのためになるかということです。人生やビジネスで苦労して、この因果関係がわかっている人は、厳しく接することができるものです。


ビジネスでは親切にすると、大抵は嫌われます。顧客との関係を考えてみてください。顧客との間では、特別に割引する、本来の業務以外の仕事も手助けする、などのちょっとしたサービスが親切ということになります。それに対して顧客はもちろん喜びます。しかし、利益を圧迫するような割引や、時間外労働を強いるようなサービスは長くは続きません。「今回からは割引はなしでお願いします」と切り出した途端、「この前はやってくれたのに、なぜ今回はやってくれないの?」と顧客は不満を募らせます。このように、サービスで相手に何かしてあげるという行為は、自社の利益を激しく損なうだけでなく、会社の信用やブランド、自分の評価も下げることになり、良い結果を生みません。


上場企業の社長と財界活動をしている財界人、中小企業の社長、ベンチャー系の社長では会話に違いがあります。財界を背負う人たちは、日本の国をどうしたらいいのか深く考えた話をします。一方、中小企業で頑張っている社長の話題は、お客さんを増やし、いかに利益率を高くするかといった生っぽいものが多い。雑談から、ビジネスにつながるケースがありますが、そういう野暮な会話をしている社長は、売上が10億円を超える社長の話の輪には、なかなか入れません。教養を含め、奥行きのある人物であるのかどうかが踏み絵になります。


たとえば100社すべてのお客様に手厚く接しろといわれても現実的に無理。2対8の法則じゃありませんが、利益を生み出すのは2割くらい。ですから、極端な話、残り8割は捨てる気持ちでいい。


石原明の経歴・略歴

石原明、いしはら・あきら。日本の経営コンサルタント。ヤマハ発動機、大手監査法人コンサルティング部門、外資系教育会社日本代理店などを経て日本経営教育研究所を設立。著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』『イヤな客には売るな!』『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』『「成功曲線」を描こう。』『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』ほか。

他の記事も読んでみる

柳澤大輔

何かを強制するということではなく、あくまでも、自分の意思で動くことが重要。


村上春樹

2003年にサリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を新訳してから、06年には『グレート・ギャツビー』、07年には『ロング・グッドバイ』、08年には『ティファニーで朝食を』と古典の新訳を続けています。どれも、僕が10代に読んで好きだった本です。10代の読書というのは、すごく残るんですよね。それが、僕自身でも小説を書くときの滋養になってきました。


矢作芳人

調教師試験に落ち続けていた時期、僕は焦りを感じたことがなかった。子供の頃から歴史小説を読んでいたことが、時間を捉え直す力を育んでくれたからです。例えば戦国時代、人々は100年以上も戦火の下で暮らさなければならなかった。それに比べたら、十数年の「浪人」なんて、一瞬の出来事に過ぎないと思っていました。


後藤忠治

普段の生活から仕事まで人生のあらゆる事象がスポーツに通じているように感じる。競技スポーツをすることで人生の勉強ができる。


安田周

地域をくまなく巡回する数多くのスタッフを持つ、当社だからこそできるサービスです。毎月更新する鮮度の高い情報を基に、お客様の業績アップに直結するサービスをリーズナブルに提供します。


成瀬隆章

当社は単に移動手段としての車を売っているのではありません。輸入車販売を通じて、国産車では味わえない豊かさ、楽しさ、喜び、そしてその国の文化をお客さまに伝えて喜んでもらいたいと思っています。


益子修

部門間のローテーション人事を行い、各部門の苦しみを分かり合おうと考えました。商品開発が販売店に行く。そして、自分の手でクルマを売ってみる。つまり、販売の視点、お客様の視点を取り入れた商品開発ができる仕組みにしました。


石渡美奈

大きな成功をしたときと違い、小さくて目立たない工夫や成果はなかなか褒められないものですよね。すると「こんなことをしていても意味がないのか」と思ってしまうかもしれません。それを見逃さずに褒めれば、社員も「自分のやっていることは間違っていない」と安心するし、自信もつきます。小さな自信こそ大切で、集まれば、大きな自信になると思うのです。


山下徹

掛け声だけでなく、システム開発の速度を上げるために様々なことに取り組ませました。海外と日本でチームを分けて24時間体制で開発することも試みました。特に力を入れたのは、ソフトウエアの自動生成です。この研究は、ずっと以前から研究開発部門が実現を目指していたのですが、なかなか成果が出ていませんでした。どんなシステムをも自動生成できる汎用的なツールを作ろうと、難しいことに挑戦し、うまくいかなかったのです。ところが3年前、ある開発現場が、自然言語を入力すれば、自動的にソフトウエアを開発できるツールを考案しました。汎用性は高くありませんが、結構優れもので、開発速度も品質も飛躍的に向上しました。まさにイノベーションです。現在、その知見をほかのシステム開発にも応用しています。


窪田規一

会社を設立してからの3年間は技術的な精度を高め、創薬プラットホームシステムの確立に努めました。実際にビジネスとして営業活動を始めたのはその後ですが、クライアントに恵まれ黒字となりました。


田中孝司(経営者)

政府から指導されたからやるのではなく、あくまで自分たちがお客様のほうを見てやることが大切。


大石昌明

客の数は限られると自覚していましたから、とにかく失敗しないよう、いろいろと調査をして、現地の中国系の人たちに何度も試食してもらいました。


柳広司

面白そうな本は、書店で光って見えるんです。将棋指しが、次に指すべき一手が光って見えると言いますが、あれに似ています。経験則の積み重ねで、なんとなく面白そうな本は分かるんですよ。人にはよく「どうしてそんな本を?」と驚かれますけど(笑)。


金子清孝

現代と違い、海外がすごく遠い時代です。ましてや私は、海外旅行すらしたことがなかったので、見るものすべてから強烈な印象を受けました。
【覚書き|30代前半でイトーキ初の海外駐在員として派遣されたときを振り返っての発言】


佐藤富雄

急激な変化や新しいことに挑戦することに尻込みしてしまうのは、失敗に対する恐怖心があるからです。変化や挑戦を恐れる思考習慣を変えるためにも、口ぐせは大変効果的です。変化とは、楽しくてポジティブなものだという思考習慣をつけるのです。「新しい挑戦が可能性の扉を開く」「成功は自らつかむもの」「解決できないことは起きない」などと、頻繁に口にしてみましょう。