名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石原明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石原明のプロフィール

石原明、いしはら・あきら。日本の経営コンサルタント。ヤマハ発動機、大手監査法人コンサルティング部門、外資系教育会社日本代理店などを経て日本経営教育研究所を設立。著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』『イヤな客には売るな!』『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』『「成功曲線」を描こう。』『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』ほか。

石原明の名言 一覧

真の思いやりとは、相手のことを考えて厳しく接することです。いまこの瞬間にいい人と思われなくてもいいのです。後で「あの人のおかげで成長できた」と感謝される人になればいいのです。


会話の内容によって、つながる人たちのレベルが変わってしまいます。類を以て集まるわけですが、自分たちが正しいと思っているだけに、そういう話の輪に入ってこない人を否定します。


歴史に詳しくならないと、上位の経営者の輪に入っていけません。まず、日本の歴史がわからないで、日本をどうしたいと話すこと自体が間違いです。


国際人というのは自国の歴史を語れなければなりません。国際社会で活躍するには常にアイデンティティーが問われます。愛国心をもって自分の国を語れることが、アイデンティティーにつながるのではないでしょうか。


ビジネスでは利益や会社の信用、ブランドなど守るべきものが存在します。自分たちに非がないにもかかわらず、相手や顧客のご機嫌を取るために、甘んじて責任を転嫁される必要はありません。このような態度は相手をつけあがらせるだけです。資本主義ではあらゆるものがコストに換算されることを念頭に置き、会社の利益やブランドを高めることを第一に考えて行動しなければなりません。


都合のいい人をやめるにはどうすればいいのでしょうか。あなたが親切だと思ってやっている行為は、嫌われないための自己防衛にすぎないことに、まずは気づくべきです。その証拠に、あなたが思うほど、相手はあなたの親切に感謝していません。


目先の機嫌取りのために甘い顔をするのか、愛情をもって厳しく接することで結果的に好かれるのか。大事なことは、長期的に見てお互いのためになるかということです。人生やビジネスで苦労して、この因果関係がわかっている人は、厳しく接することができるものです。


ビジネスでは親切にすると、大抵は嫌われます。顧客との関係を考えてみてください。顧客との間では、特別に割引する、本来の業務以外の仕事も手助けする、などのちょっとしたサービスが親切ということになります。それに対して顧客はもちろん喜びます。しかし、利益を圧迫するような割引や、時間外労働を強いるようなサービスは長くは続きません。「今回からは割引はなしでお願いします」と切り出した途端、「この前はやってくれたのに、なぜ今回はやってくれないの?」と顧客は不満を募らせます。このように、サービスで相手に何かしてあげるという行為は、自社の利益を激しく損なうだけでなく、会社の信用やブランド、自分の評価も下げることになり、良い結果を生みません。


上場企業の社長と財界活動をしている財界人、中小企業の社長、ベンチャー系の社長では会話に違いがあります。財界を背負う人たちは、日本の国をどうしたらいいのか深く考えた話をします。一方、中小企業で頑張っている社長の話題は、お客さんを増やし、いかに利益率を高くするかといった生っぽいものが多い。雑談から、ビジネスにつながるケースがありますが、そういう野暮な会話をしている社長は、売上が10億円を超える社長の話の輪には、なかなか入れません。教養を含め、奥行きのある人物であるのかどうかが踏み絵になります。


たとえば100社すべてのお客様に手厚く接しろといわれても現実的に無理。2対8の法則じゃありませんが、利益を生み出すのは2割くらい。ですから、極端な話、残り8割は捨てる気持ちでいい。


石原明の経歴・略歴

石原明、いしはら・あきら。日本の経営コンサルタント。ヤマハ発動機、大手監査法人コンサルティング部門、外資系教育会社日本代理店などを経て日本経営教育研究所を設立。著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』『イヤな客には売るな!』『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』『「成功曲線」を描こう。』『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』ほか。

他の記事も読んでみる

有川浩

10年後の世界はどうなっているか分かりませんが、自分たちはどうあるべきかという答えは既に持っているんですよね。例えば「お天道様に恥ずかしいことをしない」という日本人独特の倫理観を実践していったら、インターネットという新しい技術に惑わされることはないと思うんです。人間としての基本に立ち返るためにも、昔から受け継がれてきた言葉を大事にする。エッセイ集を作りながら、そのことを再確認できた。


鍋谷淳一

良い作品はどんなに複雑な文様を刻んでも、全体としてバランスが取れていて、嫌味がない。自分自身納得する作品ができるようになるまで、10年近くかかりました。


渡邉美樹

大切なのは、お客様が何をしてほしいかを言われる前に察して、それをしてさしあげること。逆にいえば、お客様の気持ちを汲み取っていなければ、いくらお金や手間をかけたサービスでも伝わらない。


岩田松雄

ビジネススクールでは、ファイナンス、マーケティング、ヒューマンリソースなどを勉強します。しかし、数字がすべてという授業に、私は疑問を感じていました。人を動かすためには、「情」も大事なのではと。このときに、東洋哲学をはじめ、孟子や孔子の中国古典、司馬遼太郎さんの歴史小説などを読みあさり、自分なりに心のバランスを取っていました。


溝口勇児

これまで世の中を変えてきた会社の多くは、市場が伸び始める黎明期にサービスを始めている。


冨田哲郎

人口減の現状に甘んじないで次の世代の鉄道をつくりたい。地方を元気にして、国内経済を活性化するためにやれることはまだまだある。その役割を、きちっと果たしていきたい。


戸塚隆将

英語を正しく発音できるようになることが、正確に聞き取るための第一歩。


三浦雄一郎

ある意味で死ぬのが一番簡単なんですよ。山へ行っても、もう死んだほうがましと思うほど苦しくなる。でも、そんな簡単な道を選んではいけない。人間、最後の最後まで生き抜いて、最後に笑って死ねればいい。それしかありませんよ。


山本昌(山本昌広)

「このままでは終われない」、そう決心すると、腹の底からやる気が湧き上がってきた。


安藤忠雄

自分の能力を高めるために半分、それから事務所のために半分働きなさい。そのためにも、自分の考えをきちんと発言できるようになりなさい。


アレックス・ラミレス

私は普段の生活から日本に順応することも心がけました。まずは日本語を覚えました。最初は変な言葉ばかりでしたけど(笑)。また、いろんな日本食にも挑戦しました。いまでは箸も使えます。日本の新聞や雑誌を必死に読んだり、一人で電車を乗り継いで球場入りしたこともあります。でも、そうした甲斐あって、チームに溶け込むことができ、監督・コーチや他の選手とうまく意思疎通を図れるようになったんです。いい結果を残すためにチームとのコミュニケーションが不可欠なのは、ビジネスの場でも同じですよね。


田中俊彦(経営者)

時間とは、誰にでも唯一平等なもの。だからこそ1秒でも無駄にはしたくない。僕は「一石二鳥」という言葉が好きなんです。1つのことで、同時に3つぐらい発見や動きがあるというのが理想的。