名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

石原明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石原明のプロフィール

石原明、いしはら・あきら。日本の経営コンサルタント。ヤマハ発動機、大手監査法人コンサルティング部門、外資系教育会社日本代理店などを経て日本経営教育研究所を設立。著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』『イヤな客には売るな!』『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』『「成功曲線」を描こう。』『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』ほか。

石原明の名言 一覧

真の思いやりとは、相手のことを考えて厳しく接することです。いまこの瞬間にいい人と思われなくてもいいのです。後で「あの人のおかげで成長できた」と感謝される人になればいいのです。


会話の内容によって、つながる人たちのレベルが変わってしまいます。類を以て集まるわけですが、自分たちが正しいと思っているだけに、そういう話の輪に入ってこない人を否定します。


歴史に詳しくならないと、上位の経営者の輪に入っていけません。まず、日本の歴史がわからないで、日本をどうしたいと話すこと自体が間違いです。


国際人というのは自国の歴史を語れなければなりません。国際社会で活躍するには常にアイデンティティーが問われます。愛国心をもって自分の国を語れることが、アイデンティティーにつながるのではないでしょうか。


ビジネスでは利益や会社の信用、ブランドなど守るべきものが存在します。自分たちに非がないにもかかわらず、相手や顧客のご機嫌を取るために、甘んじて責任を転嫁される必要はありません。このような態度は相手をつけあがらせるだけです。資本主義ではあらゆるものがコストに換算されることを念頭に置き、会社の利益やブランドを高めることを第一に考えて行動しなければなりません。


都合のいい人をやめるにはどうすればいいのでしょうか。あなたが親切だと思ってやっている行為は、嫌われないための自己防衛にすぎないことに、まずは気づくべきです。その証拠に、あなたが思うほど、相手はあなたの親切に感謝していません。


目先の機嫌取りのために甘い顔をするのか、愛情をもって厳しく接することで結果的に好かれるのか。大事なことは、長期的に見てお互いのためになるかということです。人生やビジネスで苦労して、この因果関係がわかっている人は、厳しく接することができるものです。


ビジネスでは親切にすると、大抵は嫌われます。顧客との関係を考えてみてください。顧客との間では、特別に割引する、本来の業務以外の仕事も手助けする、などのちょっとしたサービスが親切ということになります。それに対して顧客はもちろん喜びます。しかし、利益を圧迫するような割引や、時間外労働を強いるようなサービスは長くは続きません。「今回からは割引はなしでお願いします」と切り出した途端、「この前はやってくれたのに、なぜ今回はやってくれないの?」と顧客は不満を募らせます。このように、サービスで相手に何かしてあげるという行為は、自社の利益を激しく損なうだけでなく、会社の信用やブランド、自分の評価も下げることになり、良い結果を生みません。


上場企業の社長と財界活動をしている財界人、中小企業の社長、ベンチャー系の社長では会話に違いがあります。財界を背負う人たちは、日本の国をどうしたらいいのか深く考えた話をします。一方、中小企業で頑張っている社長の話題は、お客さんを増やし、いかに利益率を高くするかといった生っぽいものが多い。雑談から、ビジネスにつながるケースがありますが、そういう野暮な会話をしている社長は、売上が10億円を超える社長の話の輪には、なかなか入れません。教養を含め、奥行きのある人物であるのかどうかが踏み絵になります。


たとえば100社すべてのお客様に手厚く接しろといわれても現実的に無理。2対8の法則じゃありませんが、利益を生み出すのは2割くらい。ですから、極端な話、残り8割は捨てる気持ちでいい。


石原明の経歴・略歴

石原明、いしはら・あきら。日本の経営コンサルタント。ヤマハ発動機、大手監査法人コンサルティング部門、外資系教育会社日本代理店などを経て日本経営教育研究所を設立。著書に『営業マンは断ることを覚えなさい』『イヤな客には売るな!』『うちの社長は、なぜ「ああ」なのか』『「成功曲線」を描こう。』『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』ほか。

他の記事も読んでみる

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

結局我々は、自然からどんな利点もしくは不利な天を与えられているにせよ、自分の身分や境遇にふさわしい、顔、声、挙動、気持ちに即しているほど好感を与え、底から遠ざかるほど嫌な感じを与えるのである。


江見朗

根底には正しい人間観がなくてはならないですが、そのうえにテクニックを重ねることでビジネスはさらに加速します。


新見正則

昔から病は気から、と言いますが、気持ちの持ち方が健康に影響を与えます。大事なのは、前向きさ。辛いことにぶつかっても「きっと糧になる」と思って受け止める気持ちになれるか。多くの患者さんと接して、睡眠や食事、運動といった日々の生活習慣を定着させることで復元力を高め、免疫力の低下を防ぎ、仕事の質も高めることもあると実感します。


赤羽雄二

仕事を進めるうえでは、「優先順位」をつける作業が重要だと言われますが、優先順位づけでいつまでも悩んでいるのも時間のムダ。身も蓋もない言い方になりますが、私は優先順位より重要なのは、早めに手をつけてひとつひとつの仕事を、速く片づけることだと考えています。


泉谷直木

国内ビール類市場は成熟期に入り、しかもお客様の嗜好は変化しています。その中では成長期と違って営業も受け身では駄目で、前向きに変化に合わせていかなければいけません。こちらから積極的に提案していくことが必要なんです。お客様に接近する前に、まず接近しようという気持ちにならなければ駄目です。


田中邦彦

あらかじめ失敗を想定しておくのは当然として、失敗したあとにどうリカバーするかまで考えていないと駄目ですね。


岩沙弘道

お客様の信頼を獲得し、新たな不動産の価値創造、都市再生に役立つ街づくりを行っていくには、我々自身が常に企業品質を高めていかなければなりません。そのためには、まず社員一人一人が、自社が担っているミッションや社会における商品価値に対し、誇りを持つことが重要です。


水尾順一

企業の不祥事や事故を防ぐ危機管理では「未然の予防」が大原則。問題が大きくなって通報や内部告発に至ったらもう手遅れ。まだ小さな芽のうちに問題を摘み取るためにも、社員が気軽に相談できる仕組みが必要。


田中邦彦

プロ野球の有力なバッターなら、ヒットやホームランを打つことに専念します。イチローや松井選手にしても、今度は1億、次は10億にしたいと年俸を上げようと考えながらバッターボックスには立っていないと思います。とくに幹部候補の社員には、自分を戒めよ、欲を捨てよ、自己中心の卑しい根性を持つ人間になるなと口を酸っぱくして言っています。


小宮一慶

人をけなす人は、相手の悪い面ばかりを気にしています。こうした態度は、物事を判断するときにも反映されます。部下の悪いところばかり目についてイライラする人は、メンタルが後ろ向きになっていて、決断すべきときにできていない可能性が高い。もっと人の良い面に目を向けたほうがいいでしょう。


嶋津良智

スーパーで、お客さんに買い物カートを元の位置に戻してほしいと考えたとします。「使ったカートは元の位置に戻してください」と貼り紙をしても、効果は薄いでしょう。それよりも、「カートを戻す」という行動をお客さんから引き出すにはどうするかを考えます。欧米では、1ドルコインでカートを使えるようにして、カートを戻せばコインも戻ってくるという仕組みがありますが、これも一案ですね。


小林哲也(帝国ホテル)

入社して最初の配属先が客室係でした。そこで客室係一筋50年という伝説の先輩にバスルームの掃除の仕方を学びました。「上から見て見えるところだけ磨いてはダメ。お客様はバスタブに横たわるので視線が低くなる。その目線できれいにする気配りが必要」という言葉がすとんと腹に落ちました。このお客様目線こそ接客の原点だと思っています。