名言DB

9412 人 / 110637 名言

石原俊(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

石原俊(経営者)のプロフィール

石原俊、いしはら・たかし。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東北帝国大学法文学部卒業後、日産自動車に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。また、経済同友会代表幹事、日本自動車工業会会長などを務めた。

石原俊(経営者)の名言 一覧

テクニックを使わないで、私はこの会社に命を懸けているんだということを周囲の者に見せなければダメだね。口で言ったってダメだな。「お前ついてこい」と言ったって、ついて来るかどうか。「あれ、社長どこへ行くの」ってなもんだ。


組織はいつも風通しがよくなくてはならない。


なにか一つをマスターすることが大切だ。技術屋なら製造技術とか設計技術とか、事務屋なら人事でも経理でも。その職種では社内はもちろん、業界全体でも「これならあの人」と評価されるくらい一つの職種を極めるべきだ。


勝負はなるべく大技で決めるよう努力するがよく、守るに必要なのはきめ細かい技である。つまり攻撃は思い切った大技で行い、守備につくときは水も漏らさぬ細密さが大切なのである。


企業経営は政治の世界と違ってクーデターみたいな激しいことをしたら後にしこりが残る。熟柿が落ちるごとくに持っていかないと。


石原俊(経営者)の経歴・略歴

石原俊、いしはら・たかし。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東北帝国大学法文学部卒業後、日産自動車に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。また、経済同友会代表幹事、日本自動車工業会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

川本信彦

おやじさん(本田宗一郎氏)が創った「他人に迷惑をかけるな」、「自分で知恵を出せ」「得手に帆を揚げよ」といったホンダの思想は、まだまだ可能性があると思います。


塩住秀夫

新しい産業の場合、最初は新規参入が相次いで競争が激しいが、2~3年たてば勝ち組と負け組がはっきりと分かれてくる。


石田孝

「道路事業は産業インフラとして大きな可能性を持っている」と社員対話の際に言っています。我々は西日本に、甲子園球場の2200個分の広さを有する道路を持っています。そこには太陽の光が照り、雨も降り風も吹く。この自然環境の恩恵を活かせば、道路沿いの緑化や太陽光発電も風力発電もできます。こういう話をすると、社員の眼の色が変わってきます。


新井翔平

めちゃくちゃ面倒くさいことだけど、「楽な道はない」と分かっただけでも気持ちは楽になった。


永守重信

今でも当社は分散していない、必ず同じ方向に向かっています。ただし、応用製品などモーターに関連する商品は広げていく。あくまで基本はモーターで、1兆円企業になるところまで来ました。多角化は必要ありません。今後もモーターのマーケットはどんどん広がっていきます。


井上靖

天はわれわれを助けてくれない。


佐久間昇二(佐久間曻二)

WOWOWでは、加入者を増やすことが最大の目的でしたから、社長に就任してから2カ月間は営業担当の役員と全国の現場を回りました。そして、課題を整理すると打つべき手が分かってきました。


八ツ井慶子

「なぜ支出の見直しが必要か」ということを、子供にもきちんと話しましょう。同時に、どんな進路を目指したいかについても聞いておき、それにはどれくらいお金がかかるか、共有しておいても良いと思います。「希望に応じて、できる限りのことをする」という親の意志を示すことで、子供の中にも責任感が芽生え、協力態勢が強いものになるうえ、子供の金銭感覚も育てることができます。


白取春彦

部下がいうことを聞かないとグチをこぼす上司は大勢います。でも彼らは、なぜ部下が自分のいうことを聞かないのかわからない。だから自分の中で「あいつはこう思っているんじゃないか」と勝手に推測をして、その部下に対するネガティブな気持ちを増幅させてしまうわけです。そして、些細な行き違いにもかかわらず、思い込みを暴走させて大きな溝になってしまう。こういう状況では、本当は、直接「なぜいうことを聞かないのか」と尋ねればいいだけの話。それなのに、多くの人は自分の予断にとらわれて、余計に関係をこじらせてしまう。人間関係の不幸は、こうした予断から生じてくるものなのです。


山田昌弘

大学に入り直す高齢者などは、女性のほうが圧倒的に多い。そんな中で、威張らずに雑巾がけから始める男は受けがいい。俳句の会などで、女性に「教えてください」と頭を下げるのもいいでしょう。


藤田晋

これからはもう何があっても信念を曲げない。


鈴木みゆき(経営者)

年齢に関係なく好奇心旺盛な人が伸び続けるのだと思います。新しいチャレンジに立ち向かって、それを生きがいに感じることができれば、常に若さを保つことができると思います。


石井力重

発想を生み出すためのノートに求められる要件は3つです。

  1. ムダ書きができること。発想にも助走は必要です。そこで、何も考えずに書きだせる構造になっていることが重要になります。
  2. いざアイデアを思いついたら、「自由に駆ける(書ける)」こと。せっかく頭のなかでアイデアが広がっても、どんどん書き進んでいけるノートでなければ、発想はすぐに消えてしまいます。
  3. 要素(単語や短いフレーズ)に切り分けて書くこと。要素に切り分けて書くと、亜流や別バージョンを生みやすくなります。

日野江都子

あまり「こうなりたい」というあこがれのイメージを前面に出すのは危険。自分の本質以上に自分の印象を能力の高いものに作り込めば、当然他者からの期待値を高めることになります。すると、印象と実際の能力のギャップはすぐに判明し、信用をなくし、痛い目を見るのは自分だからです。一種の誇大広告のようなもの。


松本徹三

いまだに思い出すのもつらい、どん底の経験でしたが、この失敗を契機に、私の仕事に対する考え方は大きく変わりました。それまでの私はどちらかというと情熱任せに突っ走る傾向がありましたが、一転して常に最悪のケースを想定し、リスクを厳しく管理することを心がけました。
【覚書き|伊藤忠商事社員時代、ニューヨーク駐在をしていた頃の失敗について振り返っての発言】