名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

石井貴士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井貴士のプロフィール

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

石井貴士の名言 一覧

ルーティンを習慣化することは、いわば長距離走のようなもの。完璧を目指して全力疾走するのではなく、65点程度でもいいから、毎日確実に続けることが大切です。


目標を多く設定しすぎると、達成できなかったときに不満足感が残るというデメリットもあります。


成果を上げられるかどうかは、ノートの取り方で決まります。ノートは本来、後で見返すために書くものですが、見返しやすくする工夫を取り入れている人はほとんどいません。


頭の中だけで考えていると、実際よりも事態を深刻に捉えてしまいがちです。文字にすれば客観的に状況を把握できますし、対応策も思いつきやすくなります。


私もテレビ局で働いていたときには、やりたくない仕事が多々ありました。犯罪被害者の遺族の方からコメントを取るといった仕事は、誰しも苦しい思いをします。しかし、報道という仕事に携わる以上、それを嫌だと言うわけにはいきません。仕事に向き合う場面では、ときにこうした「割り切り」をしなくてはならないこともあるのです。


シビアな言い方になりますが、仕事に好き嫌いを持ち出すようではプロとは言えません。どのような仕事であろうと、課された義務を果たすという姿勢を持つべきです。


ルーティンをしっかり作っても集中できない仕事があるとしたら、「その仕事をやりたくない」という感情が邪魔をしていると考えられます。難しい仕事やつらい仕事を前にして、やる気がなくなった状態です。こういうときはどうするか。「何も考えず、とにかくやる」のが一番です。感情を入れることなく、機械になったつもりで仕事に向かうしかありません。


やることリストを使って上手に集中状態に入るには、コツが要ります。それは、優先順位の上位2つを決めて、その日の2大目標とすること。「その2つがクリアできれば、あとは翌日以降でもOK」と考えるのです。この「2」という数字には意味があります。ひとつしか目標がないと、その仕事に飽きたときに集中状態が途切れてしまう。一方、3つ以上大事な仕事を抱えると、ひとつの仕事への集中状態が切れたときに、次は何をしようか迷ってしまい、再び集中状態に入る妨げになるのです。2つなら、ひとつの仕事への集中状態が途切れても、迷うことなくもうひとつの仕事に取りかかることができ、再び集中状態に入りやすくなります。


大事なのは、「仕事に集中しよう」という努力を止めること。頑張れば頑張るほど、「集中していない自分」を意識してしまうからです。力まずに、「気がついたら集中していた」という状態に持っていくのが賢いやり方です。そこで効果を発揮するのが「ルーティン」。ルーティンを作って、仕事の前にやるようにすれば、集中状態に入りやすくなります。


「集中力のある人、ない人」というものは存在しない。最初の50分間をムダにした人が、その間ネットサーフィンをしていたとしたら、それは「ネットサーフィンに集中していた」ということです。集中はしているのです。集中状態は誰でも等しく入れるもの。問題は、その集中状態を適切にコントロールし、目の前の仕事に向き合えるかどうかです。


石井貴士の経歴・略歴

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

荒川詔四

報告書や提案書を書く際、状況説明や分析に力を入れすぎて、とるべきアクションとそれによる結果が見えてこなければ相手の心をつかめません。枝や葉をいくら集めても、根や幹が見えなければ意味がないのです。


樋口健夫

最も重要なのはアイデアを「ノートに書く」ということ。アイデアを頭に思い浮かべただけではすぐに忘れてしまい、実行に移せません。


山本梁介

客室アンケート・ワースト20以下のホテルへは本社からゴールドチームが赴いて、相談・底上げを図ります。


永守重信

どのようなビジネスも永遠に成長することはなく、いつか必ずピークアウトする。したがって、新しいビジネスが軌道に乗ったら、その瞬間に次の転進先を想定し準備に入るのが望ましい。


辻野晃一郎

ソニー在籍中、VAIOのデスクトップパソコンの事業責任者になったとき、工場にお願いして製造ラインに丸一日入れてもらいました。本社の事業部長が工場でパソコンを組み立てるというのは前代未聞で、工場側も肝をつぶしていましたが、工員の方々に教えてもらいながら製造のイロハを理解できました。


太田英晴

結局は酒質を高めるしかない。大七の特質は、ほとんどの蔵から、面倒ということでそっぽを向かれた「生(き)もとづくり」でした。おまけに何年も熟成させてから出荷する。効率の悪い酒づくりですが、この弱点は、必ず強みになる。そう信じてやってきました。


澤田秀雄

経験しないとカンは働かないし、勉強していなくてもカンは働きません。でも経験と勉強ができていれば、緻密な計算をしてから決めるより、カンで決めたほうが当たるように思います。


松岡修造

自分がメンタル的に強いなんて思ったことはありません。だからこそ、メンタルトレーニングには懸命でした。


遠山正道

社内にベンチャー推進室を立ち上げました。社員にも私と同じように、「やりたいこと」にこだわってほしいと願うからです。


佐治信忠

社員一人ひとりが「自分自身がやってみなはれ」の意気込みで新たなチャレンジをしていきます。


堀之内九一郎

不景気になった途端、社内の壁に「節電」「節水」「紙の裏を使え!」などと貼り紙をするような会社が多いようですが、私は壁にそんなものは貼りません。それよりも「儲けるために壁をもっと使え」といっています。壁に棚をつくれば商品を並べられるし、ポスターを貼れば販促になる。壁だって家賃の中に含まれてるんですからね。1円でも多くの利益を生み出すために使うのは当然です。


小松節子

100個作った時にもし不良品が出たら、どこが悪かったのか、作る過程を繰り返し見直し、徹底して問題を見つけ、解決していく。そうしたやり抜く粘り強さが不可欠。