名言DB

9413 人 / 110706 名言

石井貴士の名言

twitter Facebook はてブ

石井貴士のプロフィール

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

石井貴士の名言 一覧

ルーティンを習慣化することは、いわば長距離走のようなもの。完璧を目指して全力疾走するのではなく、65点程度でもいいから、毎日確実に続けることが大切です。


目標を多く設定しすぎると、達成できなかったときに不満足感が残るというデメリットもあります。


成果を上げられるかどうかは、ノートの取り方で決まります。ノートは本来、後で見返すために書くものですが、見返しやすくする工夫を取り入れている人はほとんどいません。


頭の中だけで考えていると、実際よりも事態を深刻に捉えてしまいがちです。文字にすれば客観的に状況を把握できますし、対応策も思いつきやすくなります。


私もテレビ局で働いていたときには、やりたくない仕事が多々ありました。犯罪被害者の遺族の方からコメントを取るといった仕事は、誰しも苦しい思いをします。しかし、報道という仕事に携わる以上、それを嫌だと言うわけにはいきません。仕事に向き合う場面では、ときにこうした「割り切り」をしなくてはならないこともあるのです。


シビアな言い方になりますが、仕事に好き嫌いを持ち出すようではプロとは言えません。どのような仕事であろうと、課された義務を果たすという姿勢を持つべきです。


ルーティンをしっかり作っても集中できない仕事があるとしたら、「その仕事をやりたくない」という感情が邪魔をしていると考えられます。難しい仕事やつらい仕事を前にして、やる気がなくなった状態です。こういうときはどうするか。「何も考えず、とにかくやる」のが一番です。感情を入れることなく、機械になったつもりで仕事に向かうしかありません。


やることリストを使って上手に集中状態に入るには、コツが要ります。それは、優先順位の上位2つを決めて、その日の2大目標とすること。「その2つがクリアできれば、あとは翌日以降でもOK」と考えるのです。この「2」という数字には意味があります。ひとつしか目標がないと、その仕事に飽きたときに集中状態が途切れてしまう。一方、3つ以上大事な仕事を抱えると、ひとつの仕事への集中状態が切れたときに、次は何をしようか迷ってしまい、再び集中状態に入る妨げになるのです。2つなら、ひとつの仕事への集中状態が途切れても、迷うことなくもうひとつの仕事に取りかかることができ、再び集中状態に入りやすくなります。


大事なのは、「仕事に集中しよう」という努力を止めること。頑張れば頑張るほど、「集中していない自分」を意識してしまうからです。力まずに、「気がついたら集中していた」という状態に持っていくのが賢いやり方です。そこで効果を発揮するのが「ルーティン」。ルーティンを作って、仕事の前にやるようにすれば、集中状態に入りやすくなります。


「集中力のある人、ない人」というものは存在しない。最初の50分間をムダにした人が、その間ネットサーフィンをしていたとしたら、それは「ネットサーフィンに集中していた」ということです。集中はしているのです。集中状態は誰でも等しく入れるもの。問題は、その集中状態を適切にコントロールし、目の前の仕事に向き合えるかどうかです。


石井貴士の経歴・略歴

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

金昇浩(キム・スンホ)

当社の社訓は「誠実・忍耐・努力」です。これを最大公約に持っていけばいいと。私はこれが一番だと思います。


北尾吉孝

三国志時代の名参謀として知られる諸葛亮孔明は、8歳の息子に次のような言葉を残しています。「淡泊にあらざれば、もって志を明らかにすることなく、寧静(ねいせい)にあらざれば、もって遠きを致すなし」。私利私欲に溺れず淡泊でなければ、志を明らかにし、かつそれを保ち続けることはできない。また、落ち着いてゆったりした気持ちでないと、遠大な境地に立つことはできない。セコセコ、ガサガサするな。右往左往しては駄目だという教えです。


岸見一郎

ぜひ「嫌われる勇気」を持ってほしい。なにも「嫌われなさい」といいたいわけではなく、「嫌われることを恐れるな」とお伝えしたい。


矢内廣

ぴあの個人株主は2万数千人程いて、株主数だけでいうと、全体の98%程度を占めています。08年に起きたシステムトラブルを機に、3千円程度あった株価が一時600円くらいまで下がってしまいましたが、そのどん底の時代も、個人株主総数の約3分の1の方たちは株を売らず、今も持ち続けてくれています。これは「ぴあ頑張れ」というエールを送られたのだと受け止めています。そういう人たちにぴあは支えられているのです。


ジェフ・ベゾス

顧客のニーズから逆算せよ。


バイロン

人に施したる利益を記憶するなかれ。
人より受けたる恩恵は忘れるなかれ。


尾山基

アシックスの強みは、やはり日本人の勤勉さで、コツコツと技術を進化させてきたことでしょう。当社にはスポーツ工学研究所があって、大阪大学などと組んで科学的な研究を重ねています。一方、弱みはデザインです。もうちょっとファッション性を高めなくちゃいけない。そこでデザインセンターをつくりました。


石川康晴

CMを検討していたとき、他社事例も分析しました。国鉄からJRになったときのCMを分析したときに、大量のCM投下によって社員が人から見られているという意識が高まり、みどりの窓口のサービスが著しく上がったという話を聞きました。最終的に「間違いなく社員のモチベーションが上がるだろう」と、CM制作への投資を決断思案した。


藤木英幸

営業マンや訪問介護のヘルパーが訪問先でスマホにしゃべるだけで業務日報の入力ができるシステムも開発しており、池田泉州銀行でも使われている。我々の強みのひとつは高い認識精度に加え、こうした「業界特有の専門用語」にも柔軟に対応できる点だ。


村上太一

優先順位を決めるときは、本能に従えばいいと思います。「自分は何が好きか」「何をすると疲れるか」といった感覚に忠実になればいい。私は「この新規事業をやるかどうか」といったビジネス上の大きな決断をする際も、本能を信じるようにしています。


柳弘之

現場の若手の意見、疑問は非常に参考になります。そこで聞いた意見を基に、すぐに組織を変えたこともあります。


蓮舫

昔から国会議員にあこがれていたわけでも、政治への関心が高かったわけでもありません。「どこか遠いもの」に感じていましたよ。それを変えたのは出産と子育て。そして98年の栃木女性教師刺殺事件に端を発する「キレる子供たち」の取材だったんです。当時多発した、キレる子供たちの現場では、取材を進めていくと必ずコミュニケーションの問題に行き着きました。会話のキャッチボールがうまくいかないジレンマを抱え、自分の中に不満を押し込め、いつしか爆発する。もちろん背景には地域や家族といったコミュニティーが薄れ、話さなくてもいい社会が広がったこともあります。「子供たちが生きる日本の将来はどうなる?」と危機感を抱くようになりました。当初は自分がいるメディアの力で変えられたら……と考えました。でも2004年頃というのはドキュメンタリー番組に予算が回らなくなりました。ニュースはバラエティー化し、子供たちの環境を変えるツールにはなり得なくなりました。そんなとき、民主党から何度目かのお声がかかったわけです。


永井浩二(経営者)

一発勝負で成功すればいいが、もし失敗して格付けがあと1ノッチ(格付けの最小単位)下がれば、この会社はどうなるか。海外から全面撤退して、ドメスティック(国内だけ)な証券会社に戻らないといけなくなる。そんなリスクは取れない。
【覚書き|「再建計画の期間が長すぎるのでは?」と問われての発言】


上田準二

自ら気づいて、動く。その秘訣は、分からないこと、怖いこと、嫌なことを避けないことです。分からないことは、早めに「分かりません。教えてください」と正直に言う。「そんなことも分からんのか」と怒鳴られても、後から取り返しがつかなくなって叱られるよりはいい。これができる新人はうまくやっていける。


廣瀬禎彦

社長であればトップダウンで、いわば強権的に、論理的な判断に基づいた行動をさせることもできるでしょう。しかし、組織自体に論理的な行動を根付かせるのは難しい。社長ではない一般社員にとってはなおさらでしょう。そこで、私が有効だと思うのは、かつて日本企業で盛んにおこなわれていた「TQC活動」です。自分が所属する現場で、商品・サービスの品質や業務効率の向上のための改善策を考えるグループをつくるのです。社風を変えようなどと訴えても警戒されるだけでしょうけれども、現場の改善活動をしようと呼びかければ賛同が得られやすいでしょう。