名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石井貴士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井貴士のプロフィール

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

石井貴士の名言 一覧

ルーティンを習慣化することは、いわば長距離走のようなもの。完璧を目指して全力疾走するのではなく、65点程度でもいいから、毎日確実に続けることが大切です。


目標を多く設定しすぎると、達成できなかったときに不満足感が残るというデメリットもあります。


成果を上げられるかどうかは、ノートの取り方で決まります。ノートは本来、後で見返すために書くものですが、見返しやすくする工夫を取り入れている人はほとんどいません。


頭の中だけで考えていると、実際よりも事態を深刻に捉えてしまいがちです。文字にすれば客観的に状況を把握できますし、対応策も思いつきやすくなります。


私もテレビ局で働いていたときには、やりたくない仕事が多々ありました。犯罪被害者の遺族の方からコメントを取るといった仕事は、誰しも苦しい思いをします。しかし、報道という仕事に携わる以上、それを嫌だと言うわけにはいきません。仕事に向き合う場面では、ときにこうした「割り切り」をしなくてはならないこともあるのです。


シビアな言い方になりますが、仕事に好き嫌いを持ち出すようではプロとは言えません。どのような仕事であろうと、課された義務を果たすという姿勢を持つべきです。


ルーティンをしっかり作っても集中できない仕事があるとしたら、「その仕事をやりたくない」という感情が邪魔をしていると考えられます。難しい仕事やつらい仕事を前にして、やる気がなくなった状態です。こういうときはどうするか。「何も考えず、とにかくやる」のが一番です。感情を入れることなく、機械になったつもりで仕事に向かうしかありません。


やることリストを使って上手に集中状態に入るには、コツが要ります。それは、優先順位の上位2つを決めて、その日の2大目標とすること。「その2つがクリアできれば、あとは翌日以降でもOK」と考えるのです。この「2」という数字には意味があります。ひとつしか目標がないと、その仕事に飽きたときに集中状態が途切れてしまう。一方、3つ以上大事な仕事を抱えると、ひとつの仕事への集中状態が切れたときに、次は何をしようか迷ってしまい、再び集中状態に入る妨げになるのです。2つなら、ひとつの仕事への集中状態が途切れても、迷うことなくもうひとつの仕事に取りかかることができ、再び集中状態に入りやすくなります。


大事なのは、「仕事に集中しよう」という努力を止めること。頑張れば頑張るほど、「集中していない自分」を意識してしまうからです。力まずに、「気がついたら集中していた」という状態に持っていくのが賢いやり方です。そこで効果を発揮するのが「ルーティン」。ルーティンを作って、仕事の前にやるようにすれば、集中状態に入りやすくなります。


「集中力のある人、ない人」というものは存在しない。最初の50分間をムダにした人が、その間ネットサーフィンをしていたとしたら、それは「ネットサーフィンに集中していた」ということです。集中はしているのです。集中状態は誰でも等しく入れるもの。問題は、その集中状態を適切にコントロールし、目の前の仕事に向き合えるかどうかです。


石井貴士の経歴・略歴

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

中村直樹

伊勢丹には新卒で入社しました。父親がファッション好きで、その影響が大きかったですね。自然と興味をもちはじめ、いつのころからか、人を幸せにするファッションの仕事ができればいいなと思いはじめたんです。伊勢丹に入りたいと思ったのは、実家が新宿で、よく連れていかれていたから。大学の友人は、金融や商社を目指していましたが、私は伊勢丹一社しか受けませんでした。親には「ほかも受けろ」と怒られましたが。


竹田和平

「徳」とは人を喜ばせることだと僕は思っている。人が喜べば、喜びが返ってくる。


中野ジェームズ修一

とにかく自分がどうなりたいのか、何をしたいのかをはっきりさせることが先決。これを動因と呼びますが、紙に書き出すことで、モヤモヤしていたものがはっきりする。


都築幹彦

これだけ不透明な時代ですから、強力なリーダーシップがどこかでいる。うちなんか人数の多い会社だから、たくさんの人がどっちの方向に進んだらいいのかわからなくなったらどうしようもなくなる。よく見える信号をつけてこっちを向くんだ、あっちへ行くんだという強力なリーダーシップと開発力がいる。


酒井眞一郎

私は社長になって、資本主義の厳しさを痛感しました。過酷な資本主義の中では、収益をあげるために人材を過酷に使いますが、それで社員が幸せになれるのでしょうか。また、大企業は優秀な人材を集めて、つまらない仕事も優秀な人にやらせます。これはおかしいという思いもありました。中小企業は大企業のように優秀な人材を潤沢には集められません。社員を会社の中で有効に使い会社が繁栄するとともに、かつ社員が幸せになる道をと考えた制度です。
【覚書き|同社の独自な人事制度について語った言葉】


奥田務

企業の統合で経営者が最も重視すべきことはスピードです。企業統合では、いち早く成果を出さなくてはなりません。「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、互いの気運が高いうちに一気に進めないとモチベーションが下がってしまう。


山中伸弥

プレゼンの場では、一般の人に難しいことを言っても伝わらない。伝わらないと絶対にダメなわけです。伝えるためには、相手に寄り添ったプレゼン内容にする必要がある。


川村隆

取締役会の強化は、事業面でも緊張感を生みます。社外取締役からは、「何でこんな低い利益率で喜んでいるのか」「アフリカ市場を開拓するための準備はできているのか」など、社内の人からは飛んでこないような厳しい質問が出て議論が盛り上がります。


テリー伊藤

隣に引っ越してきてほしくない人ほどテレビに出せば面白い。


岩崎裕美子

会社の理念や製品誕生の背景など、ちゃんと説明していなかったと反省しました。自分たちは何度も説明したつもりだったのですが、伝わっていなければ意味が無いでしょう。何度もコミュニケーションを取ることが必要。


杉本真樹

1人で想像できることには限界があるが、ほかの誰かと組み、その人の想像と掛け合わせれば、ひらめきは無限に膨らむし、より社会に役立つ発想になる。


小池百合子

そりゃ負けたこともありますよ。ずっと勝ち続けるなんて、人間、あり得ませんから。ただ、あんまり負けだと思ってないんですね。得難い、いい経験をさせてもらえたと、ポジティブに受け止める。