石井貴士の名言

石井貴士のプロフィール

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

石井貴士の名言 一覧

ルーティンを習慣化することは、いわば長距離走のようなもの。完璧を目指して全力疾走するのではなく、65点程度でもいいから、毎日確実に続けることが大切です。


目標を多く設定しすぎると、達成できなかったときに不満足感が残るというデメリットもあります。


成果を上げられるかどうかは、ノートの取り方で決まります。ノートは本来、後で見返すために書くものですが、見返しやすくする工夫を取り入れている人はほとんどいません。


頭の中だけで考えていると、実際よりも事態を深刻に捉えてしまいがちです。文字にすれば客観的に状況を把握できますし、対応策も思いつきやすくなります。


私もテレビ局で働いていたときには、やりたくない仕事が多々ありました。犯罪被害者の遺族の方からコメントを取るといった仕事は、誰しも苦しい思いをします。しかし、報道という仕事に携わる以上、それを嫌だと言うわけにはいきません。仕事に向き合う場面では、ときにこうした「割り切り」をしなくてはならないこともあるのです。


シビアな言い方になりますが、仕事に好き嫌いを持ち出すようではプロとは言えません。どのような仕事であろうと、課された義務を果たすという姿勢を持つべきです。


ルーティンをしっかり作っても集中できない仕事があるとしたら、「その仕事をやりたくない」という感情が邪魔をしていると考えられます。難しい仕事やつらい仕事を前にして、やる気がなくなった状態です。こういうときはどうするか。「何も考えず、とにかくやる」のが一番です。感情を入れることなく、機械になったつもりで仕事に向かうしかありません。


やることリストを使って上手に集中状態に入るには、コツが要ります。それは、優先順位の上位2つを決めて、その日の2大目標とすること。「その2つがクリアできれば、あとは翌日以降でもOK」と考えるのです。この「2」という数字には意味があります。ひとつしか目標がないと、その仕事に飽きたときに集中状態が途切れてしまう。一方、3つ以上大事な仕事を抱えると、ひとつの仕事への集中状態が切れたときに、次は何をしようか迷ってしまい、再び集中状態に入る妨げになるのです。2つなら、ひとつの仕事への集中状態が途切れても、迷うことなくもうひとつの仕事に取りかかることができ、再び集中状態に入りやすくなります。


大事なのは、「仕事に集中しよう」という努力を止めること。頑張れば頑張るほど、「集中していない自分」を意識してしまうからです。力まずに、「気がついたら集中していた」という状態に持っていくのが賢いやり方です。そこで効果を発揮するのが「ルーティン」。ルーティンを作って、仕事の前にやるようにすれば、集中状態に入りやすくなります。


「集中力のある人、ない人」というものは存在しない。最初の50分間をムダにした人が、その間ネットサーフィンをしていたとしたら、それは「ネットサーフィンに集中していた」ということです。集中はしているのです。集中状態は誰でも等しく入れるもの。問題は、その集中状態を適切にコントロールし、目の前の仕事に向き合えるかどうかです。


石井貴士の経歴・略歴

石井貴士、いしい・たかし。日本の作家。「ココロ・シンデレラ」代表。高校生時代に英語の偏差値を3か月で30台から70台へ上昇させ代ゼミ模試全国1位などを獲得。慶應義塾大学経済学部卒業後、信州放送にアナウンサーとして入社。その後独立。心理カウンセラーの資格を取得しココロ・シンデレラを設立。著書『1分間勉強法』シリーズ、『幸せにプチリタイヤする方法』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

森川亮

成長するためには、優先順位をつけることが大事。仕事ができない人というのは、優先順位がつけられないという本質的な問題があるので、それを指導しないといけません。


三島由紀夫

青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。


杉本一成(東海電子)

(飲酒運転防止のためのアルコール測定システムを開発してから)厳しい局面もありました。14年前、まずバス会社2社が採用してくださったのですが、我々の想定に比べて使用頻度が高すぎたり、冬にはシステムに吹き込んだ呼気が結露したりでトラブルが発生。講じた対策も、また別の問題を招いてしまい、もう会社を整理する覚悟さえしたほどでした。でも、ありがたいことに2社とも「早く使えるようになるのを待っている」と、我々を励ましてくださった。約3か月いただきましたが、問題をすべてクリアし、当社システムの評判はバス協会を通じ瞬く間に広がりました。それが一気に普及する契機でしたね。


西川八一行(西川康行)

私が西川家に入り、社長を拝命したとき、30代後半で、自分自身で全社員の心をまとめられる自信もなく、本家に残されている文言を読んで勉強しました。14代もの歴史があると、戦争、地震、疫病と様々な苦難を乗り越えています。関東大震災では日本橋の店も損壊しましたが、仮設店舗のようなものをつくって、すぐに販売を開始しています。興味深いのは、そのときに定価で販売していることです。寄付することも大事なのですが、寄付には当然限界もある。本当にいいものを適正な価格で、薄い利益を乗せて、きちんと供給することが大事だということを守っているのです。それは家訓である「誠実・親切・共栄」にもつながる考え方だといえます。


柳井正

マネジメントの父などと呼ばれるピーター・ドラッカーは「顧客創造をするにはマーケティングとイノベーションしかない。これが経営の真髄だ」という趣旨のことを言っています。つまり、マーケティングとイノベーションというのは経営者の役割なんです。イノベーション=創業者精神ですよ。


角井亮一

実績をあげればすぐ口コミで伝わる。


吉田松陰

聖人もとより苛数(かすう)を以て人を責めざるなり。
【覚書き|聖人は相手の罪を数え上げて人を責めることはしない】


松田元(経営者)

リスクを恐れずに挑戦してきたからこそ、リターンが得られた。


藤岡頼光

英語でもっとみんなの人生を変えようと思った。世界に出ていったら絶対に戦えるのに、出て来れないのはみんな英語をしゃべれないから。海外で日本人が英語をしゃべったら、「うわっ、日本人なのに英語をしゃべれるんだ」って驚かれるよ。しゃべれない人の代名詞が日本人でしょ。これを変えようと思った。


河合薫

厳しい上司の態度は、部下の自尊心を低下させ、「できない自分」はどんどん追いつめられる。できなければできないほど上司は部下を監視するようになり、さらに部下は逃げ場を失ってしまう。


小倉広

仕事がつまらないと思うのは、壁を乗り越えた経験がないからです。やりがいというのは「壁」の向こう側にしかないので、つまらない仕事を乗り越えた人だけが.それを手にすることができます。


田中仁(経営者)

失敗を後に生かすためには前もってデータを用意することも重要。


本庄正則

私はオーナー経営者ですから、悪い情報には人一倍敏感に反応して、すぐに手を打とうとします。しかし、サラリーマンは違います。まずは、組織の中でいかに生き残るかという「保身」に走りがちなんです。これは人間の本性であり、無意識のうちにやっていることを責めても仕方がない。逆に、経営者はそのところをしっかりと見極めて、マイナスの情報を意識して収集する努力が必要なのだと思います。


川内正直

部下が素直に従うかどうかは、日頃の信頼関係の積み重ねにかかっています。


田中節三

今日本で流通しているバナナは「キャベンディッシュ」という品種。でも、自分が子供の頃食べていたのは「グロスミシェル」という品種でした。自分はこれが大好物でしたね。ある時期ぱったりと売り場からバナナが消えた。それが3~4年後のある日、べらぼうに安いバナナが出始めた。さっそく食べてみると自分が知っているバナナの味がしなくてうまくない。今考えるとそれが「キャベンディッシュ」でね。これがもう、大きなショックで……。そこで、自分が作ればいい。そうすれば腹いっぱい食べられるじゃないか、とね。

【覚え書き|グロスミシェルバナナは1960年代に流行したパナマ病で絶滅に瀕した】


ページの先頭へ