名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石井英夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井英夫のプロフィール

石井英夫、いしい・ひでお。日本のコラムニスト、新聞記者。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、産経新聞社に入社。札幌市局警察担当を皮切りに社会部畑を歩む。その後、産経新聞朝刊一面の看板コラム「産経抄」を35年間執筆した。また、産経新聞論説委員、フジテレビ番組審議会委員などを務めた。主な受賞に日本記者クラブ賞、菊池寛賞など。

石井英夫の名言 一覧

人生は近眼と遠視と両方でものを見た方がいい。ときには視座を変えて、鳥の目、虫の目、魚の目になって、ものを見ることが大事だ。


石井英夫の経歴・略歴

石井英夫、いしい・ひでお。日本のコラムニスト、新聞記者。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、産経新聞社に入社。札幌市局警察担当を皮切りに社会部畑を歩む。その後、産経新聞朝刊一面の看板コラム「産経抄」を35年間執筆した。また、産経新聞論説委員、フジテレビ番組審議会委員などを務めた。主な受賞に日本記者クラブ賞、菊池寛賞など。

他の記事も読んでみる

勝間和代

気をつけたいのは潜在市場の顧客数は有限である。ということです。顧客が増えていく過程においては、対象としている市場がまるで無限の可能性があるかのように感じられるのですが、どこかでぱたっと顧客増加が止まり、減少に向かうポイントがあります。そこにはまってから慌てても、努力が報われないためいかに潜在市場の人数を把握しておくか、いま現在その市場のどこまでを顧客として取り込んでしまっているか、新しい顧客をどのような手段で開拓しておくべきかということが常に求められる。


上釜健宏

スケジュール管理は秘書が行っています。毎日の予定は秘書に尋ねるか、必要な部分をプリントアウトしてもらえば事足りるので、これも、とくに自分の手帳を使わなくても大丈夫です。秘書からもらったものは日曜日にじっと見て「ここが空いている」「この日をどう詰めるか」と考え、月曜日に指示を出します。


奥山清行

ある職種のプロであるほど忘れがちになるのは、プロであるほど業界の常識に縛られているということです。つまり、プロの発想は前例の集積になりやすい。しかし、それではまず発案者本人が興奮できません。発案者が興奮できないものに、他人が興奮するわけがないですよね。だから「自分以上」になる道具が必要ですが、僕にとってはそれが「手描きの絵」なんですよ。機械を使って描く図面は非常に正確ですが、発想のはじめから機械で描くと、僕の場合は細かいところの不備が気になって前に進めなくなります。でも、手のスケッチなら、細かいところはコチョコチョと曖昧にしておき、アイデアの核心については力強く描ける。初期衝動の印象をかなりそのまま形にできる道具なんです。しかも、手はなかなか思い通りにはなりません。それで偶然に引いた描線が、自分の意図を越えていいものになる可能性もある。そういう意味で僕にとっての手描きの絵は、本人も興奮できる企画を作るための道具になるんですね。


佐々木隆(経営者)

物事に最初から最後まで成功する人はいません。いろいろ浮き沈みがあります。沈んだときに、つまり、周りの人より自分の数字が出なかったときに、あきらめてすぐ変えちゃう人は、ダメなのです。そこで頑張れるかどうか。ある意味で、専門分野を作れるかどうか、ということにもなります。


岩田松雄

人を治める前に自分を修める。まずは自分自身の徳を高め、まわりから信頼を得ることが大切。小さな約束を守っていくことで信頼関係はつくられていく。


高山泰仁

米国同時多発テロがあった年、このときは各国の空港が閉鎖されて旅行業界は大変なことになりました。ただ、その年に事務所を引っ越し、新卒採用1期生の採用を決めました。みんなが悲観的でしたが、むしろ今が攻め時ではないかと。逆張りの発想です。


山田満(経営者)

本来、医療機器開発というのは、日本企業が得意とする分野であると思っているのですが、現状は真反対です。外国企業が国内市場を抑えてしまっています。こんな有様を見せ付けられて、「これではいけない」と思っているのは私一人だけではないはずです。最近は小型精密機器を開発する技術力は上がってきており、日本人向きだと思っています。日本では新製品を開発しても、厚生労働省に申請し許可が降りるまでに最低で5年は掛かります。これだけ長く時間が掛かっては外国企業との競争に勝てません。スピードアップが必要です。


滝一夫

「何を作りましょう?」という受け身ではODM(相手先ブランドでの製品設計・生産)は成り立ちません。量販店は商品の在庫回転率が命ですから、絶対に売れると自信を持った商品ニーズをいち早く掴み、製品化にこぎ着けるかにかかっています。いわゆる「筋もの」の提案が競合に比べ勝っていることが取引拡大の最大の要因です。


西山昭彦

取り替えのきかない人材になるには、自分の適性に合った仕事をすることが大前提。たとえばマーケティングに向いている人に外回りの販売をやらせても、成果は出ない。外回りに向いていてそれが好きな人には勝てないのです。


土光敏夫

僕は急がんからね。できることから順繰りにやるよ。
【覚え書き|経団連会長就任時の発言】


亀谷誠一郎

今は自分の会社を立上げていますが、まだまだ世の中にはわからないことばかり。これからも新しいことに楽しみながらチャレンジし続け、より多くの事業に貢献していきたい。


孫正義

我々、1社で世界中の100万社を買収するというのは、それは無理。それよりも、100万社が活用しやすいプラットフォームを提供して、そのプラットフォームに乗るためのストレス、摩擦の部分を限りなくゼロにする。