名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石井昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井昌彦のプロフィール

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

石井昌彦の名言 一覧

数字と理念は相反すると考えられがちですが、数字には思いが乗るんです。思いを実現するには売り上げという数字を伸ばす必要がある。


スタートとゴールの間におぼろげに見える線の間に点を打っていく。とりあえず1回、その点に向けて動いてみる。それを繰り返し、成功と失敗を整理しながら点と点をつないでいくことで、最終的なゴールへの線が引かれていく。


石井昌彦の経歴・略歴

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

他の記事も読んでみる

辻亨

私が忘れられない言葉はいくつかありますが、ひとつ申し上げるとしたら「得意淡然、失意泰然」です。仕事がうまくいかない時、会社か厳しい状況になった時などに心に浮かんだ言葉です。


柴田励司

二次情報はあくまで何かを知るきっかけとして利用すべきであり、そこから先は自分で体験してみることが重要だと思います。自分の体験を通して一次情報を得ることこそ、より本質的な意味での勉強になります。そういった体験の積み重ねが支えとなり、やがてはちょっとやそっとの荒波でも沈まない自分をつくりあげることにもなるのです。


岡田卓也

お客様に来ていただける魅力がなければ始まりません。手を尽くして改装しても、お客様に来ていただけないようであれば、思い切って店舗を閉鎖する。15年間のジャスコ社長時代、実に約180店舗を閉鎖しました。


梅田望夫

20代の頃にわかっていた将来像は、「自分の名前で仕事ができたらいいな」ということぐらいです。本を書きたいなんて言う気持ちはありませんでした。「なりたい自分」って、途中で気づくものなんじゃないでしょうか。


小泉文明

20代の若いお客様や社員を見ていて、この世代は現状をニュートラルに直視すると感じています。たとえばかつての「おしゃれ」は、「最新トレンドを取り入れること」でした。メディアが「今年のトレンド色はイエロー」と言い出したら、一斉に黄色の服がはやった。「全員がトレンドを追うことがおしゃれ」という感覚ですが、現代の若い世代は「皆と同じってダサい」「自己表現した方がおしゃれ」と主張するのです。


六角精児

僕は脇役が多いけど、作品を面白くするために、自分の立ち位置を考えながら演じてます。これは主役にはない楽しさだと思いますね。


三毛兼承

従来にない大変革になる。これから先、いろいろな困難もあると思うが、行員とともに「率先難事(自ら進んで困難に立ち向かう)」の精神で先頭に立って取り組んでいきたい。


伊庭正康

会社や部署全体でも「やらなくていい」業務について考えてみましょう。具体的に言えば、朝礼や会議、日報などが当てはまるでしょう。これらをなくせば膨大な時間を捻出できます。たとえば毎日30分の朝礼をなくせば、月に10時間以上浮く計算です。もちろん、これらをなくすには、上司に提案し、許可を得ることが必要です。どこの職場でも、新しい提案は、すんなりと通らないもの。たとえば、朝礼の廃止を提案すれば、「朝礼がないと、皆の状況がわからなくなる」などと言われることでしょう。上司は、なくなることのリスクを恐れているわけです。そんな上司の壁を突破するコツは、「小さな実験をさせてもらうこと」です。たとえば、朝礼の件なら、「1週間だけ、朝礼をなくしてみませんか?」などと、期間限定で実験をすることを提案するのです。そのときには、「リスクのない範囲で」と強調しましょう。これなら、上司も、「それなら大きな問題は起きないだろう」と許可してくれるはずです。この実験で、同僚から好評価が得られれば、壁は突破したも同然。皆が喜んでいる姿を見れば、上司も反対する理由がなくなり、提案を通してくれるでしょう。その調子で、部署のムダな仕事をなくしていけば、かなり多くの時間が捻出できるはずです。


山口悟郎

稲盛がよく言うのは「泥棒を捕らえて縄をなう」という言葉だ。つまり、泥棒を捕まえてから縛るための縄をつくるということ。一般的には後手に回るというネガティブな意味だが、京セラは「泥棒を捕らえて縄をなう」式だ。工場をつくるときに「1年目にこういう注文がきます。2年目の注文は1.5倍になるだろうから、これだけの設備とスペースを用意しましょう」と言うと、必ず「ダメ」と言われる。要は予測通りにならないということ。まず1年目なら1年目の設備だけきちんと用意して、確実に注文がくる分だけの金額を投資するのだ。


堀之内九一郎

私の人生は失敗の連続でした。失敗していなければ今頃鹿児島でそれなりの人生を送っていたでしょう。失敗してよかったですよ。


小栗一朗

サラリーマン社長のように、短い任期の中で結果を出そうとすると、長期的視点に立った決断をすることはできない。創業家の人間だからできること。


長浜洋二

営業の仕事をする中、ひとつの商品を売るだけではなく、社会全体に関わる仕事がしたいと感じていました。NPOに興味を持ったのは、人生をリセットするために留学したアメリカでのことでした。