名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

石井昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井昌彦のプロフィール

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

石井昌彦の名言 一覧

数字と理念は相反すると考えられがちですが、数字には思いが乗るんです。思いを実現するには売り上げという数字を伸ばす必要がある。


スタートとゴールの間におぼろげに見える線の間に点を打っていく。とりあえず1回、その点に向けて動いてみる。それを繰り返し、成功と失敗を整理しながら点と点をつないでいくことで、最終的なゴールへの線が引かれていく。


石井昌彦の経歴・略歴

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

他の記事も読んでみる

船ヶ山哲

できればビジネスが安定している間に、テスト感覚、遊び感覚で他の市場にアプローチすること。その遊びの中から、未来の収益の柱が生まれるのです。


鈴木馬左也

禅に「明暗双双底」ということがある。明は主観、暗は客観、すなわち主観と客観が互いに自由自在に動き回り、少しも凝滞しないことをいったものだ。今日、わしが2度目に聞いたのに、君は同じ返事を繰り返した。質問が変わっていたにもかかわらず同じ返事をしたのは、自己にとらわれて動きのとれない証拠である。すなわち主観にとらわれて客観に転ずることができなかったのだ。明暗双双底に徹する悟りの境地をつくらねばならない。


塚越寛

経営者がやるべきことは、社員に安心感を与えること。安心感を与えることは、社員のモチベーションアップにもつながる。


森下一喜

今はスマホに乗り換えたばかりのユーザーも多いので、伸びていくでしょう。ですが、ひとつ言えるのは、このままだとそのうち飽きられるということです。


桐山一憲

多くの企業はグローバル企業になりたいが、日本企業であることを捨てきれない。P&Gもアメリカ企業として20年前はそうしたジレンマを抱えていました。でも大きく舵を切ってグローバル企業に脱皮しました。今、日本企業もそんな選択を迫られる時期に差しかかっているのではないかと思います。


猪瀬直樹

安定感こそが一流のビジネスマンの最大の条件。納期やアポイントも同じです。約束にほんの5分遅れただけで、実害がなかったとしても、周囲には不安感をまき散らすことになります。こういう小さなことに配慮できない人は、まず成功しないでしょう。


伊藤直彦

最近、大人は子供を叱ることを避けていないでしょうか。子供たちの傍若無人な振る舞い、服装や言葉遣いの乱れについても無関心を装っていないでしょうか。子供を叱るのは大人の役割、責任です。他人の子より自分の子を強く叱るのは、それだけ愛情が深いからにほかなりません。


近藤太香巳

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分。この気持ちを忘れずに頑張ってほしいですね。
感動できる人にしか人は感動させられない。心が貧乏なことが一番不幸なこと。


茂木健一郎

脳の「アンチエイジング」においてもっとも大切なのは、「新分野」に挑戦することである。自分ができるかどうかわからないことに取り組んで成功すると、脳の報酬系のドーパミンが前頭葉を中心とする回路に放出される。ドーパミンが放出されると、脳は喜びを感じるとともに、そのきっかけとなった行動の回路が強化されるという「強化学習」が起こる。


貝原益軒

節制には七養あり。これを守るべし。
一には言すくなくして内気を養う。二には色欲を戒めて精気を養う。
三には滋味を薄くして血気を養う。四には津液(唾液)をのんで臓気を養う。
五には怒りをおさえて肝気を養う。六には飲食を節にして胃気を養う。
七には思慮をすくなくして心気を養う。
これ寿親老書(明時代の医学書)に出たり。


山本梁介

ビジネスホテル事業を始める前に、マンション経営で培った経験とノウハウを生かせることに気づきました。宴会や飲食といったサービスは伝統あるホテルに敵わないけれども、宿泊に特化すれば強みになるのではないかと。それまでシングルマンションのお客様からは、1年以上の長期間入居されていることもあり、非常に多くのクレームを頂戴しました。そうした反省をふまえ改善の努力をしてきたので、ホテルにおいても、お客様にとって安全で清潔でぐっすり眠れる宿泊施設を提供することには自信があったのです。


佐藤富雄

脳は、事実と想像の区別がつかないので、まだ起こっていない心配事について悩んでいても、いまその心配事が起こっているかのような体の反応を引き起こします。心配性な思考習慣が、実際にネガティブな結果を招いてしまうのです。