名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

石井昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井昌彦のプロフィール

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

石井昌彦の名言 一覧

数字と理念は相反すると考えられがちですが、数字には思いが乗るんです。思いを実現するには売り上げという数字を伸ばす必要がある。


スタートとゴールの間におぼろげに見える線の間に点を打っていく。とりあえず1回、その点に向けて動いてみる。それを繰り返し、成功と失敗を整理しながら点と点をつないでいくことで、最終的なゴールへの線が引かれていく。


石井昌彦の経歴・略歴

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

他の記事も読んでみる

桜井弘(櫻井弘)

立て板に水のごとく流暢に話せても、コミュニケーション上手とはかぎりません。話し方の基本を身につけている人は「かいわの法則」を心がけます。「か」は簡潔に、「い」は印象深く、「わ」は分かりやすく。とくに結論は先に言いましょう。


大坪勇二

自分のメンタルを整理する時間をどこかで持たないと、モチベーションはガタ落ちします。努力しているのに、「これは違うな?」と感じたら、自分にできることか、など洗い出してみることが大切です。


矢野博丈

焦る必要はまったくない。一歩ずつでも、自分をいい方向に導いていけばいいんだよ。


嶋津良智

人の行動には「目的」と「目標」があります。目的とは「何のためにやるのか」という行動の理由で、「目標」とは「いつまでに、何をどうするか」という手段です。部下が「自分は何のために仕事をしているのか」と目的の面で悩んでいるとき、上司が「今月の売り上げの目標を達成しよう!」と鼓舞しても逆効果です。部下が何を考えているか。知っているつもりになっていても、いや、知っているつもりになっているからこそ話し合う場を設けるべきです。それが「君のことを理解したい」というメッセージにもなります。


西江肇司

これまで企業が行ってきた広報PRという手法は、ニュースリリースの言うなれば垂れ流しだった。それがたまたまメディアの目に留まれば取り上げてもらえますが、無駄撃ちが多すぎる。私たちが採用したやり方は企業の広めたい情報を世間の流行や出来事とリンクさせ、ニュースとして取り上げてもらえるようにする、いわゆる戦略PRと呼ばれるものです。


福嶋康博

私は実績データを尊重します。予想については間違いが生じることはありますが、実績データに間違いはなく、自分で立てた予想が事業企画に合致しているかをこれらのデータと照らし合わせることで、素早く検証し、企画の修正が必要かどうかを判断することができるからです。


園田天光光

長生きの秘訣に食べ物のことを聞かれます。毎日三食しっかり取り、余計に食べないこと。そしてできるだけゆっくり食べます。「人間は、一生の食べる量をご先祖から頂いて生まれてくる。それをどう食べつないでいくかは、その人間のありようで決まる」。私は祖母にこう教えられて育ちました。


熊坂隆光

「大衆迎合的なことを言えば部数が伸びるよ」と忠告して下さる方もいるのですが、きちんと言うべきことを言う新聞があっても良いと思うんです。ですから、我々はずっと変わっていないのです。その我々の方針を支持してくださる読者の方が増えて下さったということは、時代の大きな変化だと思います。


ビリー・ブランクス

この場所へ心が導いてくれた。明日の場所へ心が導いてくれる。


村上太一

先が見えにくい不確実な時代ですから、将来の安定を求める心理は僕も同じです。ただ、何か大きなものに頼ることで安心するのは、安定の意味をはき違えているのではないでしょうか。僕が考える安定とは、組織に依存しないで自分の足で立つことです。自分自身が力を持っていれば、たとえば会社が揺らいでもまっすぐ立っていられるわけですから。


楠木新

40歳までは、定年後のことなど考えず、目の前の仕事をしっかりすることをお勧めします。組織内で働くということは、ビジネススキルやコミュニケーション力などの社会人としての基礎力を高めるチャンスになる。この時期にどれだけの能力を身につけられるかで、中高年以降の選択肢の広がりが違ってきます。


小野澤一成

政府が掲げる地方創生が間違いだとは思いませんが、机上で考えた政策と現場とでは隔たりがあるのも事実です。例えば、魚沼では第二創業に関心を持った若い経営者が増えていて、政府の施策ではそうした部分への支援が手薄です。そこで私どもでは若手経営者のための経営塾を開いたり、破綻した個人を救済したり、地域経済を底辺から支えたいという思いで、私たちなりの地方別生に取り組んでいます。