石井昌彦の名言

石井昌彦のプロフィール

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

石井昌彦の名言 一覧

数字と理念は相反すると考えられがちですが、数字には思いが乗るんです。思いを実現するには売り上げという数字を伸ばす必要がある。


スタートとゴールの間におぼろげに見える線の間に点を打っていく。とりあえず1回、その点に向けて動いてみる。それを繰り返し、成功と失敗を整理しながら点と点をつないでいくことで、最終的なゴールへの線が引かれていく。


石井昌彦の経歴・略歴

石井昌彦、いしい・まさひこ。日本のクリエイティブディレクター。博報堂に入社。同社で執行役員エグゼクティブクリエイティブディレクターを務めた。数々の主要広告賞を獲得。

他の記事も読んでみる

佐藤大和

絶対にやってはいけないのは、ライバル企業の悪口だけを言うことです。自分への信頼感を落とす行為になりますし、過度な悪口は「業務妨害」等になることもあります。


木村宏

私は若いころから、ものごとを決めない会議には出なかった。資料をもらえば済むからだ。情報をシェアするために、わざわざ大人数が集まるのはバカらしい。しかも、最後まで一言も発言しないような人がいると、なんのための会議か疑問に思う。


堀尾正明

30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。たとえば、「NHKアナウンサーは正確で読みも上手いけれど、面白くない」と思われているなら、自分は「タレントより面白い」と言われるようになろうじゃないかと。つまり、NHKアナウンサーのプラス面を極める王道を歩めないなら、マイナス面を全部ひっくり返す道を行ってやろうと考えたわけです。


柴山政行

信頼できる専門家を見抜く基準は、相談したときのレスポンスが早いかどうかです。10年選手であれば、専門外のことを相談してみるのもいいでしょう。優秀な専門家には、優秀なネットワークがあり、適切な専門家を紹介してくれるでしょう。


勝海舟

坂本龍馬が、かつて俺に「先生はしばしば西郷の人物を賞せられるから、拙者も行って会ってくるにより添書(紹介状)をくれ」と言ったからさっそく書いてやったが、その後、坂本が薩摩から帰ってきて言うには「なるほど西郷というやつは、わからぬやつだ。少しく叩けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろう」と言ったが、坂本もなかなか鑑識のあるやつだよ。


イチロー(鈴木一朗)

ひとつだけ言えるとしたら、メシのタネに野球をやっている選手では、絶対にここまで来られないと思います。野球が生活の手段になってしまったら、もっと前に進みたいという気持ちは消えてしまいますから。こちらでも、野球が手段になってしまっている選手はムチャクチャ多い。


中井政嗣

人はお世話になったら、あとでお返しをするものです。小さな損を重ねて「お世話」をし、やがて大きな得として返してもらう。それを待たずに、早めに利益を回収しようとすると間違えるのです。


平本あきお

モチベーションが上がらない理由のひとつに、成果がなかなか見えないことが挙げられます。「英会話を勉強しているが、上達しているのかよくわからない」といった例が典型的です。この場合は、「英語が話せる」という成果を測る物差しよりも、「1日に1フレーズ覚える」といったような具体的な行動に対する指標をつくるといいでしょう。1週間で7フレーズ、2週間で14フレーズと数が増えていくことで、やる気も持続します。


張本邦雄

経営再建計画「Vプラン」が出来上がったとき、部課長連中に任せず、自分で現場の製造員のところを回りました。そこでしっかりと「Vプラン」の意味を説明しました。そして、「TOTOという会社は先輩たちのおかげで蓄積がある。わかりやすくいえば貯金があるから、こんな状況がたとえ10年続いてもつぶれない。そのかわり、いまのままでは絶対に強くならないから、革新するぞ」と、各現場で宣言して回りました。


出口汪

ウケを狙ったりパフォーマンスする講師も多い中、私は淡々と授業をしていましたが、生徒にはちゃんと伝わりました。私の講義を受けた生徒は、「わかりやすい!」と思うようです。それは当然のこと。他の先生が「ここは試験に出るぞ」とテクニックを教えたのに対し、私はなぜ答えはそうなるのか論理的に説明したからです。


堀内光雄

戦争が一般の人たちまでも巻き込んで悲惨な戦いをするものだということを若い人に知らせなければならない。


大谷米太郎

たった今から収入の一割の貯金をしたまえ。自分で苦労したタネ銭がなくては、芽も出てくるまい。


住谷栄之資

ビジネスの話し合いでは、まずは相手との人間関係を深める必要があるでしょう。相手に信用されるための努力をすべきだと思います。


片山善博(政治家)

明治維新、終戦直後……。日本はダメになって初めて気づくんです。歴史からは学ぶことが多いですよ。


勝間和代

最初に決めた目標によって、その成果は8割方決まります。つまり、目標が適切でなければ、どれだけ努力しても実らない。ですから、最初に適切な目標を定めることは、極めて重要。


ページの先頭へ