名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石井宏宗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井宏宗のプロフィール

石井宏宗、いしい・ひろむね。日本の経営者、経営学者。「サンシングループ」社長。青山学院大学経済学部卒業、明治大学大学院経営学研究科博士課程修了(経営学博士)。東証1部電気部品メーカー勤務などを経てサンシングループ社長、明治大学大学院特任講師を務めた。

石井宏宗の名言 一覧

技術的なイノベーションこそ、停滞する日本経済を再生させる主たる源泉。


お客様満足度の向上のためには、企業活動を競合先よりも迅速かつ正確に意思決定できるかが課題となる。


優秀な管理者を育成するために、OJTによる実践教育だけでなく管理者養成のための社内大学を設立して、定期的な理論教育を継続して行っています。


同じベクトルを持つ人脈を背景に実行力を築き、社員のやる気を引き出すことでビジョンと戦略を遂行することができる人物がリーダーである。


石井宏宗の経歴・略歴

石井宏宗、いしい・ひろむね。日本の経営者、経営学者。「サンシングループ」社長。青山学院大学経済学部卒業、明治大学大学院経営学研究科博士課程修了(経営学博士)。東証1部電気部品メーカー勤務などを経てサンシングループ社長、明治大学大学院特任講師を務めた。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

相手をこんなふうに変えてやろうとか、相手に何か働きかけてやろうとするよりも、自分が変わってやろうという気持ちが、良好な人間関係の秘訣である。相手を変えてやろうとするより、自分が変わってあげた方が、はるかに労力もかからない。


千玄室(15代目)

「お茶の世界とは、どういうものか」と聞かれることがよくありますが、私はいつも「道」だとお答えしています。お茶はセレモニーではなく、修行という意味においては「道」、「way」なのです。だから「茶道」と言うのです。


宋文洲

「残業を禁止して労働時間を強引に制限すれば、社員が自発的に様々な工夫を凝らし、自然と生産性も上がるだろう」。本気でそう思っている経営者がいたら、日本人というものを全く分かってないよ。江戸時代から美徳とされるのは、真面目に猪突猛進、滅私奉公、石の上にも3年、急がば回れで、とにかく愚直に量を追い求めること。だから、仕事を増やし労働時間を増やすと本人もうれしいし周囲からも評価される。逆に、同じ仕事をより短い時間でこなすことは手抜きと見なされて、サムライのやることではないとの価値観がある。そう考えたら、日本人が個人で効率を上げることなんて無理なんだよ。


柴山政行

重点を見抜く、分析する、といった習慣をつけ、鍛錬すると、ひらめきといった力になり、現場で応用できます。仮説を立て、検証し、それにしたがって勉強する。忍耐、創意工夫がなく、マニュアルでしか動けない人間は専門家ではありません。インサイダー、買収など、目先の利益を追ってしまいかねないでしょう。


橋本俊治(経営者)

目を付けたのが茶葉を生産する工場でした。茶葉の生産する期間は年間を通じて4月から6月の3か月。この3か月間だけ稼働して残りの9か月間は動いていない。それでも業界として成り立っていることに驚きを覚えると同時に、その未稼働期間を稼働期間に変えることができれば更に収益を上げられると考えました。稼働時間を延ばすためには品種の中でも収穫時期を3段階に分けられるようなものを選定していけばいいわけです。今では伊藤園の野菜飲料に使う野菜の乾燥を行ったり、お茶の一次加工品である荒茶の生産や、それを仕上げる二次加工などを行うことで、徐々に工場の稼働期間を延ばしています。


江越弘一

お客様の男女比、年齢構成というのはあくまでもデータにすぎません。我々はそれを立体化していきます。そこは実際に駅の散策や店舗訪問して確認するようにしています。


三宅秀道

同じ価値観、物差しを使って具体的にいろいろな生産現場を見ると、ここはムダを省けるとか、ここはもっと安くできるなど、「改善点が発見」できる。それが、トヨタ自動車の工場では年間100万件もの「改善点の発見」になる。


鈴木喬(経営者)

他社の株主総会や決算報告を見ていると、たいてい「そもそも我が国の経済は」といった文面から始まります。世の中の景気が悪いから、自分の会社の業績も悪いというわけです。しかしそんなことはないだろうと、私は思うわけです。世の中が駄目だから自社も駄目。それが本当なら、経営者など必要ありません。


内藤忍

情報はランダムに集めたところで、何かの形になるわけではないのです。情報収集そのものは重要ですが、仕事の中でアウトプットを意識しながら集めていく方が、はるかに効率がいいでしょう。


ロイ・キーン

間違った心構えでプレーしている限り、能力があっても負け犬だ。


安岡正篤

病弱とか、愚鈍であるとか、貧乏であるとか、多忙であるとかいうことは、逆に自分自身を鍛錬する非常な妙薬、否、妙薬以上のものであります。


鈴木章裕

開発費は3分の1くらいしか回収できませんでしたが、フロントランナーとして取り組んだことは、現在になってアドバンテージとして確実に生きています。

【覚え書き|失敗した事業を振り返って】