名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石井久(立花証券社長)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井久(立花証券社長)のプロフィール

石井久、いしい・ひさし。日本の株式投資家、経営者。鉄工所の工員や警官そのほかの職業を経て、東京自由証券入社。その後、株で名を成し立花証券を設立。社員13名でスタートし最終的には800人規模の企業に成長させる

石井久(立花証券社長)の名言 一覧

どんな商売でも、創業者は人並み外れた才覚と努力で成功を勝ち取った人であり、その子供が二代続けて創業者と同等かそれ以上の資質を持っている確率は皆無に等しい。


「致命的かどうか」の判断と決断が経営の大きな差となって表れる。相場も同じことである。


一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまったためです。株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。


相場の社会に「一夜成金の一夜乞食」という格言があります。たしかにかつての株の世界には一攫千金のチャンスがごろごろ転がっており、こうしたことから、いろいろな伝説を作り上げた英雄豪傑も何人かいました。しかし、これらの人たちが20年、30年の長きにわたって名を成し続けた例はありません。


株の社会は以前、「勘」と「度胸」の世界だといわれていました。明治11年に株式取引所が開設されて以来、相場師のイメージは、丁半博打的なものです。


私には13人の兄弟がおり、両親が汗水流して懸命に働いても、生活は貧乏の極みにありました。学業成績は常にトップにありながら、師範学校への進学も断念したのも貧しさゆえです。しかし、その貧しさが私の野心、野望を培いました。たとえ学校は出なくとも、独学で己の才を磨き、いつの日か世に出てやると誓ったのです。


石井久(立花証券社長)の経歴・略歴

石井久、いしい・ひさし。日本の株式投資家、経営者。鉄工所の工員や警官そのほかの職業を経て、東京自由証券入社。その後、株で名を成し立花証券を設立。社員13名でスタートし最終的には800人規模の企業に成長させる

他の記事も読んでみる

宋文洲

僕は日本の大学院を卒業して、3カ月サラリーマンを経験してから、自分の会社を立ち上げました。ベンチャーですから、朝から自分でもプログラムを必死で書くじゃないですか。そうすると、やっぱり夕方5時ごろには頭が痛くなってきて、残業しようにもできない。ところが、日本の会社は毎晩、社員が遅くまで働いていると知って、日本人はなんと頑丈なのだろうと、僕は当時、本気で感心していました。でもそのうち、本当のことがわかってきた。なんのことはない、昼間、適当に手を抜いているから、残業する余力があるだけのことじゃないですか。


ビル・ゲイツ

私は、エキゾチックな環境の下で開かれる会議には偏見を持っている。その場所が魅力的であればあるほど、仕事の能率は低くなると思うからだ。


松井忠三

低成長時代は仕事を仕組み化しなければ勝てません。個人の経験に頼らず、会社が優れた仕組みを持つことが、その会社の成長を保障する資産となるのです。


荒濱一

一時的に儲かっても事業として継続できなければ成功とはいえません。長期的に稼ぐことができるかが大切なのです。「仕組み」が本格的に動き出すにはしばらく時間がかかる。それまでの期間頑張れるかどうか。多くの人は「仕組み」を思いついても、それを続けることができず挫折してしまう。


ながやす巧

休みはないですね。起きている以上は(漫画執筆を)やっていますね。描いていないと落ち着かない。生きていない気がする。


安田弘

たとえ国籍や宗教が違っても、必ず、人間力の高い人はいる。そうした人たちは、分をわきまえ、周囲の人とうまく役割分担しながら、いい所を引き出しあう。


マーク・ベニオフ

既存のやり方に疑問を投げ掛け、新しいアイデアを提案し、新たな産業を作っていける若い起業家が必要だ。日本の大企業や投資家らは、起業家の重要性を認識すべきで、彼らに投資し、彼らの商品を世界の市場に売り込む手助けをすべきだと思う。起業家の貢献が評価され始めれば、日本に成長と活力を生む新たな領域が見えてくると、私は信じている。


山崎照幸

私が社長になったのはいまから40年も前です。それ以来、一貫して4つのことを守ってきました。

  1. どんなに苦しくても新しい技術開発に努力と投資を惜しまないこと。
  2. 生産設備に対しても投資を惜しまず、最新の設備を整えること。
  3. 世界各国にきちんとアフターサービスのできる販売網を築くこと。
  4. 常に損益分岐点を下げる努力を怠らず、健全な財務体質を作ること。

長島徹

私の社長時代、取締役会で私以外は全員反対という案件もありました。そういう場合は当然見直しをして再構築ということになりますが、賛成と反対が拮抗するときは、社長が決断するしかありません。こっちで行くぞと。これはもうリスクテイク、チャレンジですよ。リスクテイクするのが、リーダーの役割です。


アンジェラ・ダックワース

自由に仕事を進められることが、異論や創造性を生み出す源泉になる。


泉谷しげる

親の苦労なんて家の中でグチャグチャ聞かせてもムダ。一回、外から見せなきゃダメ。貧しい生活も経験させることが出来て一石二鳥よ。


井元憲生

これまでのアパレル業界は「デザインを売る」ことに主眼を置いていました。しかし、それでは流行が終わるともうその商品に価値がなくなってしまいます。当社はその逆で、本当に良い物を長く愛用してほしかったのです。そこで優れた素材を研究・開発し、「機能を売る」という新しい価値づくりに全力を注いできました。