名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

石井久(立花証券社長)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石井久(立花証券社長)のプロフィール

石井久、いしい・ひさし。日本の株式投資家、経営者。鉄工所の工員や警官そのほかの職業を経て、東京自由証券入社。その後、株で名を成し立花証券を設立。社員13名でスタートし最終的には800人規模の企業に成長させる

石井久(立花証券社長)の名言 一覧

どんな商売でも、創業者は人並み外れた才覚と努力で成功を勝ち取った人であり、その子供が二代続けて創業者と同等かそれ以上の資質を持っている確率は皆無に等しい。


「致命的かどうか」の判断と決断が経営の大きな差となって表れる。相場も同じことである。


一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまったためです。株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。


相場の社会に「一夜成金の一夜乞食」という格言があります。たしかにかつての株の世界には一攫千金のチャンスがごろごろ転がっており、こうしたことから、いろいろな伝説を作り上げた英雄豪傑も何人かいました。しかし、これらの人たちが20年、30年の長きにわたって名を成し続けた例はありません。


株の社会は以前、「勘」と「度胸」の世界だといわれていました。明治11年に株式取引所が開設されて以来、相場師のイメージは、丁半博打的なものです。


私には13人の兄弟がおり、両親が汗水流して懸命に働いても、生活は貧乏の極みにありました。学業成績は常にトップにありながら、師範学校への進学も断念したのも貧しさゆえです。しかし、その貧しさが私の野心、野望を培いました。たとえ学校は出なくとも、独学で己の才を磨き、いつの日か世に出てやると誓ったのです。


石井久(立花証券社長)の経歴・略歴

石井久、いしい・ひさし。日本の株式投資家、経営者。鉄工所の工員や警官そのほかの職業を経て、東京自由証券入社。その後、株で名を成し立花証券を設立。社員13名でスタートし最終的には800人規模の企業に成長させる

他の記事も読んでみる

鈴木秀則

一見関係ないと思われることでもあらゆる事象は有機的に繋がっていて、ほんの些細な心掛けの積み重ねが良い方向に繋がっていきます。ですからお客様へのご返信の電話一本を一秒でも速く返せるように、また紙一枚でも気持ちが伝わるようにと、どんな小さなことでも意識を持って行動するようにしています。


青木高夫

既存のルールに関しては従来通りに尊重しつつ、おかしなものについては異を唱え、ルールづくりや変更にも積極的に関わる。国際競争を勝ち抜くには、その姿勢が大切だ。


鈴木喬(経営者)

どうせ現実は何が起こるか分からないのだから、市場調査に時間をかけて出遅れるより、転んだときの備えをした上で、とにかくまず走ってみたほうがいい。


エルバート・ハバード

給料以上のことをしない人は、いま以上の給料は得られない。


中野裕哲

起業の方法は、大きく分けて、個人事業主として開業するか、法人を設立して起業するかの2つ。個人事業は開業届を出すだけなので、簡単に始められますが、法人に比べ信用力が劣るため、大手企業との取引や、融資を受けるのが難しいというデメリットも。事業拡大を目指すなら、法人として起業するのも有効な手段です。規模や業種によってどちらが良いかは様々ですが、それぞれにメリット、デメリットがあるので自分のビジネスに合わせて選択しましょう。


山中勧

私どもは、「神戸で一番おもしろい会社をつくろう」「珍味を極める」といったスローガンのもと、社員もパートさんも、協力工場の方々も全員一丸となって、すばらしく美味しい珍味づくりとその普及に全力を注いでいます。


大西洋

伝統に支えられてきたものは、どうしても時間を経る中で、そのスケールやロイヤルティーが落ちていきます。存続するには新たなことに挑戦しなくてはなりません。


中村靖(経営者)

10年後の働き方が、今と同じわけがない。


笠井伸啓

当社はプライベート・カンパニーですので、上場企業にありがちな短期的な成果を目指すことなく中長期的な視野で事業を進められますし、そうした中長期的な事業活動を支える潤沢な手持ち資金もあります。


須田将啓

最終的には数は少ないけれどリピートしてくれているユーザーがいたことが支えになりました。ユーザーがいるなら価値があるはずで、これを続けていけばどこかで必ず流行するということは自分のなかで確信を持つことができました。


臼井由妃

仕事はチームでするものです。そして組織のリーダーであれば、リーダーにふさわしい重要な仕事に集中しなければなりません。仕事のおよそ8割については「やらない」、すなわち人に任せるべきだというのが私の持論です。


田村潤

「他責」から「自責」へのマインドチェンジ。そうなればミスは減り、個人も、組織も、変わっていきます。ミスは管理するのではなく、根っこの意識を変えることで必ず防げる。