名言DB

9429 人 / 110879 名言

石井久(立花証券社長)の名言

twitter Facebook はてブ

石井久(立花証券社長)のプロフィール

石井久、いしい・ひさし。日本の株式投資家、経営者。鉄工所の工員や警官そのほかの職業を経て、東京自由証券入社。その後、株で名を成し立花証券を設立。社員13名でスタートし最終的には800人規模の企業に成長させる

石井久(立花証券社長)の名言 一覧

どんな商売でも、創業者は人並み外れた才覚と努力で成功を勝ち取った人であり、その子供が二代続けて創業者と同等かそれ以上の資質を持っている確率は皆無に等しい。


「致命的かどうか」の判断と決断が経営の大きな差となって表れる。相場も同じことである。


一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまったためです。株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。


相場の社会に「一夜成金の一夜乞食」という格言があります。たしかにかつての株の世界には一攫千金のチャンスがごろごろ転がっており、こうしたことから、いろいろな伝説を作り上げた英雄豪傑も何人かいました。しかし、これらの人たちが20年、30年の長きにわたって名を成し続けた例はありません。


株の社会は以前、「勘」と「度胸」の世界だといわれていました。明治11年に株式取引所が開設されて以来、相場師のイメージは、丁半博打的なものです。


私には13人の兄弟がおり、両親が汗水流して懸命に働いても、生活は貧乏の極みにありました。学業成績は常にトップにありながら、師範学校への進学も断念したのも貧しさゆえです。しかし、その貧しさが私の野心、野望を培いました。たとえ学校は出なくとも、独学で己の才を磨き、いつの日か世に出てやると誓ったのです。


石井久(立花証券社長)の経歴・略歴

石井久、いしい・ひさし。日本の株式投資家、経営者。鉄工所の工員や警官そのほかの職業を経て、東京自由証券入社。その後、株で名を成し立花証券を設立。社員13名でスタートし最終的には800人規模の企業に成長させる

他の記事も読んでみる

冨永照子

最初は阿波踊りでも呼ぼうかという話だったんですが、亡くなった喜劇役者の伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオのカーニバルだよ」って台東区長に話したそうで。区長と浅草の旦那衆がみんなでリオに見に行っちゃった。お腹を壊した人もいたけど、帰ってきたらみんな「あれはいいよ!」と盛り上がってサンバに決まりました(笑)。今、サンバは花火より盛り上がっていますよ。サンバの日は朝からおじさんたちが、熱射病対策のペットボトルを抱えて場所取りして動かないのよ。商店街の活性化ですから、「清く正しく美しく」だけじゃ駄目なんです。チラリズムにあると思っています。


伊藤嘉明(経営者)

ハイアールアジアは、過去約10年間にわたって赤字だった組織(三洋電機白物家電部門)を引き継ぎました。だから、そのままでは黒字になるはずがない。社長に就任してからは、頻繁に制度や組織変更を行なっています。


デーモン閣下(デーモン小暮)

基本的に、来るもの拒まずのスタイルなのだ。だから「これをデーモンにやらせてみたらどうか」と、予想もしないオファーがあったりして、結果として仕事の幅が広がっていくわけだな。


佐藤浩志(コンサルタント)

重要なのが「消費者の目線」です。インサイト(本音)をはっきりさせなければ、売り手の一方的な論理に終ってしまいます。消費者にどう思われたらビジネスが成功するのか、という「認知ゴール」を設定し、その認知を獲得するために戦略を立て、戦術に落とし込むのです。


アンドリュー・トーン

化粧品はパッケージや広告にお金をかけますが、一番大切なのは中身。ラッシュはパッケージにはお金をかけません。容器を共通化してコストを抑えるなど、パッケージにはお金をかけず、宣伝や広告も行わない。


森山眞弓

限られた時間で仕事をこなす習慣を身に付けたおかげで仕事の生産性が上がっていった。


塚越寛

会社の目的は「人を幸せにすること」に尽きる。ところが、会社の目的は業績を上げることだと勘違いしている人がほとんどだ。業績を上げることは手段のひとつではあるが、目的ではない。ここを勘違いすると良からぬ結果を招く。


小田禎彦

世間を知らないで加賀屋の中にだけいると、いつしかお客様の立場で考えずに料理をつくってしまい、それでいてこれが一番いいんだと思いこんでしまう。これはこれでいいんだという自己満足にもなりかねないわけですね。加賀屋の常識と世間の常識とが乖離してしまい、オーナーをはじめとして社員の誰もがそういう認識ができなくなれば、いずれは廃業につながる。


五木寛之

日本には世界に誇るべき思想がふたつあります。ひとつはSyncretism(シンクレティズム)、神仏混淆という考え方です。仏壇と神棚が同居していても争いにならない。一神教同士の原理主義的な宗教対立が先鋭化して世界の発展を阻害している時代だからこそ、共存思想が輝きを放つのです。もうひとつが、Animism(アニミズム)、山にも川にも、一木一草にも精霊や神が宿るという考え方です。今日の環境問題の根底には西欧的な人間中心主義があります。人間も地球の一員という発想は、アニミズムの根からしか生まれてきません。


牧野正幸

IPOに目的を合わせるのではなく、志を高く持って果敢に挑戦していただきたい。IPOに目的を合わせてしまうと、達成したとたんに社員が辞めてしまいます。夢も希望もないと感じるからです。夢が社会貢献だからこそ、社員は一生懸命働いてくれるのです。