石井一久の名言

石井一久のプロフィール

石井一久、いしい・かずひさ。日本のプロ野球選手(投手)。千葉県出身。東京学館浦安高等学校で活躍したのち、ヤクルトスワローズにドラフト1位で入団。同チームの中心選手として活躍。その後、大リーグに挑戦し、ロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・メッツなどで活躍。帰国後、西武ライオンズでプレイしたのち引退。

石井一久の名言 一覧

僕は現状にとどまりたくなくて、どんな仕事に就いたとしても、今年より来年、来年より再来年と変化し続けたい。


僕は大した選手ではなかったけれど、日米で22年間続けられたのは、「チームの中で必要とされる存在になろう」と心がけてきたからだと思う。


ピッチャーが一人前に育つプロセスでは、場数を踏むことが大切。打たれたときには、なぜ打たれたかを振り返り、次に活かすことで成長できる。


問題意識を持たずに、漠然と練習をしている人も伸びません。自分で考え、もがきながら体得していくしかない。


プロでやっていく限りは、他人から言われたことしかできないようでは厳しい。


プロだから、野球の技術を磨くのは当然のこと。だけど、でも野球しか取り柄がない人間にはなりたくない。


「負けたらどうしよう」といったマイナスなことは決して考えなかったし、「考えないようにしよう」と思ったこともない。「どうすれば勝てるか」といった勝ち方しか考えていなかった。


「石井に任せたら必ずやってくれる」という期待を裏切らないプレーの積み重ねが信頼につながり、チームから重宝される存在になれたんだと思う。


一瞬だけ力を発揮して結果を出すことは、誰でもできると思うんです。でも、平均的な力を継続して出すのは難しい。チームが求めるのは、その「安定感」だと思います。


余力があるうちに別の世界に飛び込み、新しいことに挑戦した方がいいと思った。
【覚え書き|通算200勝を目前に引退を表明したことについて】


大切なのは、ちやほやされたからといって浮き足立ったりせずに、自分を保ち、磨き続けていくことです。「あの人は野球だけではなくて、人間的にも魅力があるよね」とか「向上心を持って物事に取り組むことができるよね」という人であれば、たとえ引退して野球界を去らなくてはいけなくなったとしても、みんなから信頼されたり、尊敬を集めたりすることができます。社会から受け入れてもらえる。


野村(克也)監督は、ただ選手を感情的に叱り飛ばすのではなく、理詰めで「どうすべきだったか」まで含めて説教をされます。非難のされっ放しだと、選手としては「じゃあ、どうすればいいの?」という気持ちになりますが、根拠のある叱り方をしてくれるので納得ができるのです。


僕は他人のアドバイスをなんでもかんでも取り入れることはしないようにしています。参考になる言葉とならない言葉を、自分で選択しています。結局は自分で考えるしかないと思う。


一歩引いた目線で視野を広げれば、一段高い次元で物事を捉えられて、気持ちに少し余裕が生まれる。「迷っても仕方ない」と思えるので、「やるしかない」という前向きな思考で挑戦できます。


僕はいつも「一歩引いた視点」で物事を見ています。すると視野が広がり、物事を客観視できる。目の前で起こる出来事に一喜一憂せず、冷静な判断につながる。


「あきらめる」とか「あきらめない」とか、そんな次元のマインドではないんです。僕にとって「あきらめないのは当たり前」で、それよりも、「何が何でも結果を出す」という向上心の方が勝っている。「あきらめない」という言葉は、崖っぷちに立った時に使うような「余裕のなさ」を感じます。


リハビリは孤独な作業ですが、挫折や不安を感じたことは一度もありません。「人にはできない経験をしている」「ケガして投げられない時間が人生のすべてではない」と思えたから。


ケガや命に関わる手術などもしましたが、挫折を感じたことが一度もありません。ケガをしている期間は人生の中でいうとほんの一瞬で、それが人生のすべてではない。だから落ち込む必要がないと思うんです。ケガをしたら、その状況でやるべきことをやらないと、前に進まない。「挫折している」と思う時間がもったいない。


やるべき準備をし、自信を持って臨む。集中力を研ぎ澄ませたピッチングをすれば、必ずイメージ通りに勝てると信じていました。「必ずできる」と自分を評価してあげることが大事。


僕は毎日ストイックに野球と向き合えるタイプではない。集中力には限界がありますから。適度に力を緩めつつ、必要な場面で集中して結果を出すタイプです。


野球は僕にとって「給料をもらうための仕事」。野球を始めたのも、プロの世界に入ったのも、父が野球が好きだったからです。野球が人より上手だったから、仕事として通用しただけ。逆に質問すると、仕事が好きな入っているんですか? 好きなことを仕事にして成り立つほど世の中、甘くないと思います。仕事というのは、つらい時間を乗り越えなければそれなりの対価は生まれません。つらい時間が好きな人はそういませんよね。僕は負けず嫌いだったので、そうした環境に身を置くことで逆に、野球に情熱を注ぐことができた。だからこの仕事を続けられたのだと思います。


常に目つきが鋭く野望に満ちあふれている人や、ストイックな人より、眠たそうな目で「どうせ僕なんて……」と言っている人の方が周囲から警戒されないし、必要以上の期待もされない。もちろん心の中では、「どうせ僕なんて」とは一切思っていません。でも普段から、「何だかぼけっとしている人だな」と思われる「ゆるキャラ」の方がかわいがられるし、結果を出した時にそのギャップで印象に残りやすく、評価されやすい。


トップアスリートは、「努力・根性・気合・男気」などというイメージがありますが、体が疲れている時でも、「大丈夫です」と男気をアピールしながらプレーし続けると、いつかケガで終わります。長く続けるには「無理をしない」ことが大事。その代わり、勝たなければいけない大事な場面では神経を研ぎ澄ませて集中し、1年に1~2回でもいいから「絶対に勝つこと」を自分に課してきました。


石井一久の経歴・略歴

石井一久、いしい・かずひさ。日本のプロ野球選手(投手)。千葉県出身。東京学館浦安高等学校で活躍したのち、ヤクルトスワローズにドラフト1位で入団。同チームの中心選手として活躍。その後、大リーグに挑戦し、ロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・メッツなどで活躍。帰国後、西武ライオンズでプレイしたのち引退。

他の記事も読んでみる

常見陽平

絶対的な経験不足は能力では補えない。経験豊富な上司がアドバイスをすれば、業務効率は改善する。


長榮周作(長栄周作)

旧松下電工は非常に風通しのいい会社で、私は若手の頃から上司に対してどんどん自分の意見を述べていました。あとで気づいたのですが、若手でも遠慮せずに意見を述べられる雰囲気がつくられていたということは、その上司が、私のような若手社員から「衆知を集めて」いたのではないかと思います。


木村尚敬

意識したいのは、自分の価値観を恥ずかしがらずに表現して伝えることだ。普段の仕事を通して自分の価値観は伝わっていると考えがちだが、部下は上司にそれほど強い関心を持っていない。「自分は知っているが、他人は知らない」という領域は案外広いのだ。


奥田碩

最近はROE(株主資本利益率)重視に走る企業が多いと感じています。ROEでしばられて、ROEが悪くなるから投資はやめようという考えではなく、成長とバランスを考えることが必要だと思う。うちのやり方は、先に網を張っておいて、よしんば下がっても、網を張った会社が元気に成長してくれて、結果的にROEが上がってくれればいい。ROEにあまり拘泥すると矛盾が生まれます。


京和将史

リーマンショックで大打撃を受け、40%強売り上げが下がりました。どうしようかなぁと思って悩んだんですけど、初心に返って泥臭い電話営業をひたすら続けました。


ジェリー・ドリザス

日本人は非常にチームスピリットが高く、それはそれで大変な美質だと思いますが、そうした文化的な特徴は、もう少し変わっていった方がいいように思います。チームの構成員それぞれが、自分自身のリーダーでもあるというか、自分自身の主人であるという意識をより強く持った方がいい。そうした意識が高まっていけば、自分自身の考え方で、イノベーションやマーケットの変化に対応していけるようになるのではないでしょうか。


津田秀樹

人は自分が助けてもらった人以上に、助けた相手に対して親しみを感じるという実験結果があります。親しくなりたい場合には、こちらが何かしてあげるよりも、相手にしてもらった方が効果があります。ただ、負担の大きい頼みごとをするのではなく、「手土産にできるお菓子のお店を知らない?」のような、軽い相談事を頼んでみるといいでしょう。相談に乗ってもらったあとは、「あのお菓子、喜ばれました、ありがとう」とお礼を伝えれば、さらに関係は良好になるでしょう。


高汐巴

宝塚音楽学校は楽しいと同時に厳しく、非日常的な世界でした。夢のステージに立つため、必死に2年間勉強しましたが、先生も先輩も厳しく、挨拶や礼儀でよく怒られたものです。苦楽を共にした同級生と陰口を言ったことも、こっそり逃げ出したこともありました。今振り返れば、たくさんのことを教えてくれた貴重な場所だったと思います。


高岡浩三

資格があるかはともかく、自分はリーダーとして人をまとめることが好きだと気づいたのはこのころからです。
【覚書き|大学生時代、大規模テニスサークルの幹部をしていた当時を振り返っての発言】


児玉光雄

多くのビジネスパーソンは、仕事の「結果」を重視しています。しかしそれにとらわれていると、望む結果が出ない場合には著しくモチベーションがダウンします。結果よりもプロセスに目を向けることができれば、たとえ望むような結果が出なくても、高いモチベーションを維持できるはずです。


倉富純男

天神と博多はよく比較されますが、実際は互いが連携してやっています。全体では手を繋ぎ、街づくりではそれぞれが先頭を競い合う。そうして全体の質を高めているのです。


弘兼憲史

「目上に敬意を払い、かわいげのある人間になること」。年配者を味方につけるには、これに尽きます。


久野康成

競争は、社内でするものではなく、社外の競合他社とするもの。組織の中で勝者と敗者を生む文化をつくることは、ギスギスした組織風土が生まれ、良い協力関係を構築することができません。


勝田忠緒

先代(父)が亡くなったことで最終的に社長業を継ぎました。私が35歳の時です。社長就任当時、こんな若造に社長が務まるかという雰囲気がありました。私自身、一人で先走ったような結論は出さず、先輩や友人の意見を広く聞きました。でも、最後は自分で決断しないといけませんから、100%正解かどうかはわからなくても周囲ができる限り納得できる最大公約数を考えて判断しました。


高島宏平(髙島宏平)

社長の私が何度言っても変わらなかったことが、お客さんの生の声で次の日から改善、なんてことはよくあります。


ページの先頭へ