矢頭美世子の名言

矢頭美世子のプロフィール

矢頭美世子、やず・みよこ。日本の経営者。「やずや」会長。北海道出身。夫・宣男とともに「やずや」を設立。専務などを経て社長に就任。著書に『社長室はいりません やずやの少数盛栄経営』。

矢頭美世子の名言 一覧

食品や健康補助食品を扱う会社なのですから、自分たちの食事にも気を配り、元気に働ける環境にしなければならない。


やずや本体の社員数は今でも110人程度でその社員に幸せになってもらうには、会社としてどれくらいの利益を出せばいいか。そうやって遡って売り上げや利益の目標を立てていくのです。こうして規模の拡大を第一にはせず、「少数盛栄」の経営を目指したことが、結果的には売り上げを伸ばすことにつながったと思っています。


毎月の給料とボーナスは今でも現金で手渡ししています。その方が感謝の気持ちが伝わりますし、社員は家に帰って家族に渡すときに今度は自分が感謝されるからです。ボーナスを手渡しする際には、一人一人と面談をします。さらに「ここをこうしたらもっと成長できる」といったメッセージを添えています。ありがたいことに、全員からお礼が返ってきますよ。


私はこの会社を企業だけれどファミリーだと考えています。社員たちを愛することは、ほかのどんな社長にも負けてはいませんし、「人財」を育てることが私の使命だと思っています。


周囲の否定的な見方を覆すために、主人が亡くなる前年に32億円だった売上高を2倍の60億円にする目標を立てました。私も必死でしたし、社員も夜の10時になっても帰らずに仕事を続けました。見かねて「体が大事だからもう帰って」と言うと、今度は朝の5時半に出社してくる社員もいて、7時にはほぼ全員がそろうんです。前年に発売した「熟成やずやの香醋」の販売に集中したことも成功し、その年の売上高は目標を上回る62億円に達しました。人間の力ってすごいなって思いましたね。


主人(創業者・矢頭宣男)が亡くなって「カリスマ社長がいなくなった会社はつぶれる」「やずやはこれで終わりだ」という声が周りから聞こえてきました。でも、社員は誰一人として辞めませんでした。パートさんまでが「社長、自分で全部背負わないでくださいね」と言ってくれた。これは後から知ったことですが、「全員で頑張っていこう」と決起大会まで開いてくれたそうです。今度はこの社員たちと一緒に夢を語り合いながら、人生を送っていこうと決心がつきました。


主人(創業者・矢頭宣男)が突然亡くなったときのことを思い出すと、いまでも涙ぐんでしまいます。専務として、社長である主人の夢を一緒に追うのがそのころの私の夢でしたから、自分に社長が務まるなどとは考えてもいませんでした。そんな泣き虫社長を支えてくれたのが、社員と子供たちでした。


矢頭美世子の経歴・略歴

矢頭美世子、やず・みよこ。日本の経営者。「やずや」会長。北海道出身。夫・宣男とともに「やずや」を設立。専務などを経て社長に就任。著書に『社長室はいりません やずやの少数盛栄経営』。

他の記事も読んでみる

鈴木あや(IBM)

いちいち指示しないと部下が行動を起こさず困っているなら、まずは自分の行動を振り返ってみる方がいいかもしれません。すべて自分の思い通りに事が運ばないと気が済まない、部下から提案に耳を貸さない上司の下では、部下は受動的にならざるを得ません。懸命に考え、先回りして仕事を進めても、最後に上司の一存で何もかもひっくり返ってしまうなら、無駄な努力はしない方が賢明だと部下は考えるからです。


畑中好彦

常に自分自身に問いかけ続けることが重要。例えば、「ジェネリック薬は本当にやらない方がいいのか」「もっと新興国に投資した方がいいのでは」など自分の判断に疑問は出てきます。それを毎年経営企画部に検証させています。


池上彰

まずは、思いついたことを思いつくままに書いてみる。次に、その書いた文章をみながら「一人ツッコミ」をする。さらに、周囲の人にその内容をぶつける。こうした訓練をするうちに、文章力も内容も、格段に向上していくことでしょう。


鎌田富久

優秀な人材を抱え研究所を持っている大企業はたいていのことができるので、ベンチャーは大企業が参入するには小さすぎるような市場を対象にしたほうがよい。


廣瀬光雄

「ハゲタカ」と批判されていたわけですから、(倒産したゴルフ場の買収・再建事業から)手を引くという選択肢もありました。しかし何もしなければ日本の企業がどんどん倒産して日本経済は落ち込んでしまう。ひいてはグローバル競争で生き残ることができなくなります。ですから、決して諦めるわけにはいきませんでした。結果として、現在、PGMホールディングスの従業員は9000人近くおり、139のゴルフ場を保有・運営しています。もし企業再生ファンドが援助しなければ、これらの存在がなくなっていたわけです。何よりもPGMの会員である16万人を守ることができました。今では企業再生が目に見える形になったので、関係者の方々からは「ありがとう」と感謝されるようになりました。


池田千恵

自分なりの早起きの「合格基準」と、達成できた時の「ご褒美」を決めておくと、早起きのモチベーションを維持しやすい。ポイントは基準を緩めにすること。最初から厳しい目標を掲げると、つらくなってしまう。挫折しないように注意しましょう。


羽生善治

局面をみて最初に思いついたことは、ある意味で邪念がないアイデアです。もちろん必ず正しいとはかぎりません。しかし、自分の発想や考え方が端的に現われているアイデアのはずです。さらにじっくり考えるにしても、そこから出発して考えを組み立てていくほうが自然で、やりやすいのです。


岡野喜太郎

事業家は、1度や2度は失敗しないと大きくならない。あなたはまだ失敗が足りないかもしれぬ。失敗をすると、世の中の本当のことがわかる。それで初めて立派な成功ができる。失敗は恥ずかしいことではない。失敗に意気がくじけてしまうことが恥ずかしいことです。あなたはいい経験をされた。これからその経験を活かすことが大切です。
【覚書き|銀行に来た、失敗した若い事業家に対する励ましの言葉】


麻野進

外資系企業で長年生き延びている人は、じつはパフォーマンスが高いタイプより、担当業務の専門性を引き継ぎ不可能なレベルにまで引き上げているタイプだというのも示唆的です。ただ専門性が高いだけでなく、小規模なりに社のミッションとして成り立つもの、あるいは事業として予算を達成していけるものがベストでしょう。


山本昌(山本昌広)

僕は、自分に自信が持てない人間なんですよ。だから、人に言われたことはまず試し、必要なものは取り入れて、不要なものは捨てる。素直なのですが、ポジティブとネガティブが入り混ざった珍しい性格なのかも(笑)。


八田進二

経営者の場合、ご自分がトップに立って、その組織を引っ張っていく役割を担う、そのとき当然、効果的・効率的に運営すること、そして法令遵守をしていくことが結果的に、自分の身を守るわけです。そのための一連の仕組みが内部統制なのです。経営者の足を引っ張るのではなくて、経営者の身を守るシステムです。薬でいうと、特効薬ではないけれど、漢方薬のようなもの、ということですね。


小笹芳央

講演が終わるといつも、2つほど、していることがある。1つは録画した映像のチェックです。話の速さや抑揚、表情やアクションなどを見て、反省材料にしています。もう1つはお客さんのアンケートすべてに目を通すこと。自分が伝えたかったことよりも、それを引き立てるために仕込んだ「小ネタ」のほうが実は受けた、ということも往々にしてあるのです。そうなると、「次は今回の小ネタを膨らまそうか。それとも別の引き立て役を仕込もうか……」と考えることができる。そうやって講演の中身を磨き上げています。


東英弥

会話の中から新たなものが生まれることがある。志のある方とご一緒することは本当に大事なこと。


水谷修

僕は学生運動をしているときでも、どっか冷めていたんだよ。どっぷりとは組織には入らない。まあ、生まれつきのアウトサイダーなんだろうな(笑)。何かをやりながらも、いつも「これでいいのか?」という意識があって……、孤立化する前に自分から身をひいたんだ。


高田明(ジャパネットたかた)

明日を変えるのは今しかない。過去に起こったことはどんなに頑張っても変えられない。一方、未来も変化が早く、3年後や10年後のことを考えても空論にしか過ぎない。


ページの先頭へ