名言DB

9412 人 / 110637 名言

矢野一郎の名言

twitter Facebook はてブ

矢野一郎のプロフィール

矢野一郎、やの・いちろう。日本の経営者。「第一生命」社長・会長。東京府出身。東京帝国大学農学部農業経済学科卒業。三菱銀行を経て父・恒太が創業した第一生命に入社。取締役、常務などを経て社長に就任。また、生命保険協会会長を務めた。

矢野一郎の名言 一覧

第一主義はものすごく重要だ。一番初めにことを始めるには、必ずそこに創意工夫、努力、そして勇気が必要だ。それをしっかりとDNAとして受け継いでいこう。


矢野一郎の経歴・略歴

矢野一郎、やの・いちろう。日本の経営者。「第一生命」社長・会長。東京府出身。東京帝国大学農学部農業経済学科卒業。三菱銀行を経て父・恒太が創業した第一生命に入社。取締役、常務などを経て社長に就任。また、生命保険協会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

時代は変わるものだ。いい悪いはともかく、変化に対して自分たちも変わっていかなければ倒れてしまう。


水木しげる

私には驚く力が常人の十倍ぐらいありました。81歳を超えたいまでも、「フハッ!」と驚くことが1日に何度もあるのです。こうした能力は勉強しても伸びない。才能なんです。


秋元信行

新規事業開発部などを社内に設けている大手企業は多いが、既存のビジネスを壊さない提案にとどまりがちだ。また大手であればあるほど、高い完成度とリスク対策が求められるためアイデアを世に出すのが遅くなってしまう。


種田陽平

ディティールの積み重ねにより全体ができあがり、そこではじめてある世界が生まれるという美術の爆発力は、過度に検証しすぎるプロセスの中では消えてしまいがちですからね。現実を器用にマネしただけの美術って、つまらないと思うんです。


ジェームズ・ダイソン

私は他社製品をコピーして少し安く作ることには興味がありません。より良い製品にするための新技術を開発することにしか興味がないのです。


有田浩之

事務でも仕事は仕事。ビシッとやれ。


石坂典子

父(創業者)は本当に即断即決の人で、物事を決めるのがとても早い。さらに、決めたことを実行できるというスピード感もあり、それが当社の強みだと思いましたし、中小企業の強みなんだと思うんですよ。役所や大手企業では決裁が遅いといった問題があるように、組織が大きくなると問題になることが、中小企業では社長の一言で雰囲気を変えられるわけですからね。そう思うと、社長次第で会社は変わるということを父の背中を見て学びましたね。ですから、会社に入って父親を見た最初の印象は、ある意味ですごいなというものでした。


太田彩子

会社から、「新しい提案を出してほしい」と言われたにもかかわらず、会議で自分のアイデアを叩かれたことがあります。せっかく提案したのに……と悔しい思いをしました。ただ、冷静に考えてみると、最終的なゴールは「自分の企画を実現すること」です。であれば、小さな失敗は気にせず、より良いものにするために他者からのダメ出しにも耳を傾けようと、気持ちを切り替えることができました。


鈴木秀則

私達は自分の状態をいつも一言で表現できるように心掛けています。自分の現在の仕事や状態を簡潔に述べられない時に限って、抱え込みすぎて身動きの取れない状態に追い込められていることが多い。こうなる前に何かできないかということです。一言で説明できれば、自分の今置かれている状態を明確に認識していることになります。私達がこれほどまでに言葉を大切にしているのは、困難に直面した時や判断に迷った時に、いつでもこの原点に戻れるように、言葉の本質を深く理解したいと思っているからです。


田崎真也(田崎眞也)

人を誘うときは、単に店の予約を入れて連れて行くだけでは不十分。おもてなしは、事前のリサーチから始まって、「美味しかった。ごちそうさま」のゲストの感謝の言葉で、誘う側のマナーを果たしたことになる。


パンカジ・クマール・ガルグ

農業は英語でアグリカルチャーといいますよね。アグリカルチャーという単語の中には、カルチャー(文化)という単語が含まれています。これは農業と文化が密接に結びついていることを意味しています。農業を失うと文化にも影響します。


池谷裕二

動物は、ご褒美なしに何かを習得することはほぼありません。進化的に見れば、人間の脳も動物と基本は同じです。報酬をもらえば脳の「報酬系」が活性化して、やる気を起こさせる脳内物質であるドーパミンが分泌されます。報酬がもらえるという未来への期待を抱いたときも、同じ現象が起こります。やる気を出してもらうにはムチではなくアメ。これはある程度は人にも当てはまります。人を育てる立場の方には心がけていただきたいですね。


小柳津林太郎

とくに仕事では、自分のスタンダードを他人のスタンダードと思わない方がいいでしょう。これは、マネージャー時代の経験で学んだことです。自分の視点が絶対ではないことを肝に銘じてじっくり話に聞き入れば、相手の本意もすんなり理解できることが多いものです。その結果、意思疎通が容易になり、互いにストレスを感じない仕事ができるようになると思います。


織田大蔵

結局は自分の幸福をつくり出すのは自分以外にはないのだ。社会保障なんてあてにしているほうが馬鹿だ。金などは手を広げていても天から降ってはこない。自分で努力し、金を貯めていくほか方法はあるまい。


三村孝仁

何事も正面から向き合うことが大事です。相手は中国人で自分たちは日本人だからと遠慮しすぎない。叱るべき時はきちんと叱る。同じ人間だから分かってくれます。中国時代の部下たちは今では幹部に育っています。