名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

矢田裕基の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

矢田裕基のプロフィール

矢田裕基、やた・ひろき。日本の経営者。飲食店プロデュース・コンサルティング会社「メントレプレナージャパン」社長。明治大学卒業後、商社、大手不動産デベロッパー、財務コンサルティング会社などを経て独立。

矢田裕基の名言 一覧

当社が出店するのは、2等立地や3等立地と呼ばれる場所。しかも15坪程度で席数も20席ほど。人材の苦労が絶えない飲食業だからこそ、2名や3名といった少人数でオペレーションできる業態を目指した。


私は「店舗を出店してドンドン儲けましょう」というのではなく、あくまでも生きていくための生業として提案している。今の時代、黙っていて貯蓄が増えるわけないですし、平均寿命も延びていきます。自分の身を守るためには、むしろビジネスを興すことだと思います。


飲食店はうまくいっているときはいいですが、リスクも非常に高い。だからこそ、初期投資は出来るだけ抑え、FCのように5~6年といった単位ではなく、1~2年で回収できるぐらいのスピードでやらないと、個人では怖くて独立できない。


矢田裕基の経歴・略歴

矢田裕基、やた・ひろき。日本の経営者。飲食店プロデュース・コンサルティング会社「メントレプレナージャパン」社長。明治大学卒業後、商社、大手不動産デベロッパー、財務コンサルティング会社などを経て独立。

他の記事も読んでみる

石川康晴

新幹線でずっと寝ている人を多く見かけます。一般の方に、移動中に「仕事をしろ」とは言いたくありませんが、マネジャーや経営層なら、移動時間を自分のビジネスの整理に有効活用することは、大事だと思います。そこで整理すると、次の日にものすごい勢いで仕事ができますから。


村岡恵理

慣れというのは時に鈍することでもあり、初心は忘れ果ててしまうもの。年を重ねれば重ねるほど、未熟者だった頃の自分に教えられるということも意外と多いのではないでしょうか。感覚の若さを失わないためにも心の記録としてノートは役に立ちそうです。若い頃の着眼点や発想が原石だったと後になって気づくことともあるかもしれません。


主藤孝司

アイデアをよどみなく生み出していくためには、アンテナを常に張っておくに尽きる。


吉田鋼太郎

しっかり稽古を積み、腑に落ちない演出を指示されたら、自分の意見を言うことにしています。自分が納得がいくまで準備ができていれば、どんな大舞台でもプレッシャーなんて感じません。やっぱり、稽古の時からとことんやるしかない。


広瀬すず

私も頑張らないと何も始まらないと思っているし、だからと言ってすべてがうまくいくわけじゃないとも思ってます。もしうまくいかなくて辞めちゃうなら、それはそこまでのもの。


中山哲也

企業には社員が安心し、安定して働くことのできる職場を提供する義務があります。ですから、いくらITシステムだけ構築しても、働く人が面白いと思わなければ意味がない。


デビッド・テイラー(経営者)

今までの会社の歴史の中でも最も大きな変革の時期を迎えています。今回の決算は、目標とする最終地点には到達できていないものの、意味のある前進を遂げられたと思っています。製品ラインアップ、サプライチェーン、企業の組織文化も、これからの成長に向けて大きく変換を遂げた年だったと言えます。


永守重信

私は、創業時から「子供は会社に入れない。後継者にしない」と宣言した。最初から「我々は世界的な企業になろう」と大きな志を立てたからだ。世界で通用する企業になるには、優秀な人材が必要である。子供や孫が優秀かどうかはわからないし、何より社員たちの士気が大事だ。成果をあげればちゃんと評価し、地位でも報酬でも報いなければならない。誰にでも社長になれる可能性があるべきなのは当然のことだ。


寺尾玄

最後は「本気度」が決め手になる。強い願いや思いがある人は、物事に本気で取り組みます。その本気度は、誰もが理屈抜きで感じるもの。それで人は動くのです。


原晋

その数字にたどり着けないとき、阻害要因がある場合には、なぜそれが起こるのか、いつになったら乗り越えられるのかを伝えますね。それらを伝えるのが管理職の役割だと思います。


西澤敬二

昨年、損保協会は設立100周年を迎え、新たなスタートとなる今年度は、「持続可能な社会実現への貢献」と「超スマート社会実現への貢献」という2つの観点から活動を推進していく。前者については、防災、減災、事故防止に向けた従来の取り組みに加え、業界としてさらに貢献できることがないか検討したい。後者については、デジタル技術による革新が日本の成長シナリオであることを踏まえ、それによって生じる様々な課題に対応していきたいと考えている。


アルフレッド・アドラー

劣等感を抱くこと自体は不健全ではない。劣等感をどう扱うかが問われているのだ。