名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

矢沢大輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

矢沢大輔のプロフィール

矢沢大輔、やざわ・だいすけ。加速学習コーチ、コピーライター。「心と脳の仕組み研究所」代表。大阪府出身。

矢沢大輔の名言 一覧

脳が好むのはスモールステップ。一度にたくさんの情報を詰め込むのではなく、小分けしたり、ポイントを示したりして、処理しやすいように準備する。すると、格段に記憶力がアップします。


1度目は、メモを見ながらでいいので、内容を口に出してみる。2度目からはメモを見ずに記憶を頼りに、内容を口に出す。内容を全て思い出せなくても、間違ってもOK。このトライ&エラーを繰り返すうちに、曖昧な記憶が正確な記憶になっていく。


脳には「問いと答え」を連携させながら覚える機能があるので、それを活用する。「この本から何を知りたいのか?」という問いを立てると、脳は膨大な情報量の中から必要な情報を「検索」して絞り込んでいく。


目次は本全体の概略が書かれた地図のようなもの。見知らぬ土地に行く前に地図を確認するように、本文を読む前に目次を読めば、脳が効率的に情報を整理できる。


矢沢大輔の経歴・略歴

矢沢大輔、やざわ・だいすけ。加速学習コーチ、コピーライター。「心と脳の仕組み研究所」代表。大阪府出身。

他の記事も読んでみる

出雲充

本当に新しい発想やアイデアは、何もない場所でこそ生まれる。


澤田貴司

新卒で就職した伊藤忠商事㈱では、6年間、事務処理の仕事をやっていました。同期の人間は海外を飛び回っているのに、僕は机に座ってコツコツと裏方の仕事。でも、決して腐りませんでしたね。裏方の仕事には裏方の深さがある。港湾の荷役や船の手配をしながら、川上から川下へとモノがどう流れていくか、どんな人が携わっているか流れをつかめた。工場の方たちとのつき合い方もわかったし……。その下積みを経て営業に移ったときに、一気に花開きました。化学品の分野では、伊藤忠でもトップクラスの営業マンになった。


窪田良

ベンチャー企業は大企業と同じことをしていても、組織力や資金力で敵うはずがありません。それに、99%は失敗に終わるようなハイリスクなことを手がけない限り、イノベーションは生まれないし、存在意義もないでしょう。


渡辺秀一(経営者)

当社はあくまで物を右から左に動かして売買差益を得るトレーディングカンパニー。それに関わる事業領域の中で投資してビジネスの芽を育てていこうと思っています。可能性を持っている会社でも、大きく発展するには資金がいる。それと流通。僕たちはそれを持っています。ならば自分たちで種をまいて商品を育て、発売された暁には、流通を優先的に担わせてもらって果実を得るわけです。


遠山正道

スマイルズの企業理念は、生活価値の拡充です。21世紀の生活者の日常を豊かにすることがミッション。これからは食にとどまらず、衣住の品質も見直し、「世の中の体温を少しあげる」事業を手がけてみたい。その結果、社名もスマイルズとしたように、世の中の笑顔を増やしていけたら嬉しいですね。


稲盛和夫

人を動かす原動力は、ただ一つ、公平無私ということだ。天賦の才を決して私物化してはならない。むしろ、謙虚に、集団のためにその才能を使うべきなのだ。誰かと議論を行う際は、初めに相手の立場を考え、相手を思いやることのできる心の余裕が必要だ。そうすれば、互いの相違を乗り越えた、本当に建設的な議論ができる。


菊池武茂

公(おおやけ)の出仕や、私(わたくし)の交際の外には、名聞栄華を好んではならない。俗界にある身であるから、少しは退屈を慰めるために世俗の振る舞いを行なうのは仕方がないが、当世に流行る不実者の振る舞いをしたり文武両道に外れたり、仏法興隆の妨げとなったり、法をくぐって国家に御迷惑をかけたりすることは、正法護持のために固く慎まなければならない。


朝倉千恵子

名刺交換ひとつとっても、「この人のやり方、カッコイイな」と感じたときに、その振る舞いを真似してみるといいでしょう。水泳を習うときに、泳げない人からは学びませんよね。それと一緒で、名刺交換も上手にできる人から学ぶ方が近道です。


森川亮

人脈づくりで一番大事なのは、自分に何らかの価値がないといけない、ということ。相手にとって、自分とつき合うことに何かメリットがないと、次につながらない。自分の価値を高めることが、人脈を広げるスタート。


杉浦広一

第2世代に経営を委ねると宣言して以来、自分はスギ薬局の役員会だけではなく主要な会議は一切出ないようにした。会社に出社するのも基本、月曜日だけ。半年間くらいは、もう気になってストレスがひどかったね。塗炭の苦しみですわ。でも、この苦しみを経て事業継承があるんでしょうね。


川村益之

弊社には社長室がなく、私は社員と同じ部屋にデスクを構えています。ですから、彼らの顔も見えるし、声も聞こえます。電話で話す声から、トラブルを抱えていそうだなということもピンとくる。そんなときは担当役員や直属の上司を呼んで、「ちょっと本人に聞いてみて」と頼みます。そうすると、やっぱりトラブルを抱えているんですね。もし、放っておいたら、大きな問題に発展したこともあったと思います。


スティーブ・ヴァンアンデル

どの国でビジネスを行うにせよ、最も大事なのは基本的な理念だと私は考えています。基本理念はどこの国に行っても適用可能なはずです。