矢島雅己の名言

矢島雅己のプロフィール

矢島雅己、やじま・まさみ。日本の公認会計士。大学在学中に公認会計士二次試験合格。外資系大手会計事務所、IT系サービス会社経理部長などを経て独立。著書に『決算書はここだけ読もう』『決算の謎』。

矢島雅己の名言 一覧

会社経営は健康管理に例えることができます。健康診断で、必ず受けるのが血液検査です。血液を調べれば病気の兆候が見つかるでしょう。同じように、決算書で企業活動のお金の流れを確認すれば、企業が健全であるかどうかがわかるものです。


ひとたび赤字に陥ってしまうと黒字化は容易なことではありません。なぜなら、従来の収益構造を抜本的に見直す必要があるからです。赤字事業が好転する兆候を掴むには、それまでの赤字の原因にどんな打開策を講じているかを調べるべきです。


売上高と利益が伸びているということは、企業がそれだけ営業努力をしているということにほかなりません。それが2期、3期と継続していけば増収増益このような場合、売上高よりも利益の伸び率が高くなります。なぜなら売上高ほど人件費などの固定費は増えませんから、利益の伸びのほうが大きくなるのです。そのため、決算書を読むときには利益の増え方に注意してください。売上高は減っているのに利益が伸びているというのは不自然であり、原因は何かを探る必要があります。


矢島雅己の経歴・略歴

矢島雅己、やじま・まさみ。日本の公認会計士。大学在学中に公認会計士二次試験合格。外資系大手会計事務所、IT系サービス会社経理部長などを経て独立。著書に『決算書はここだけ読もう』『決算の謎』。

他の記事も読んでみる

ナポレオン・ヒル

怠惰な人間はいない。怠惰に見える人間は、自分に合った仕事を見つけられないでいる不幸な人たちなのだ。


高橋政史

大半の人は、必要な行動を導き出す思考プロセスを知らないか、知っていたとしても、頭の中でなんとなく考えているだけなのでしょう。低いレベルの問題を解決するだけなら、それでも十分に対応できるかもしれませんが、「新規商品の開発」や「不振事業の立て直し」のような難易度の高い課題を解決するとなると、そうはいきません。ノートを使って思考を整理しないと、効果的な行動を導き出せなくなります。


レイ・クロック

我々が進歩するためには個人でもチームでもパイオニア精神で前進するしかない。企業システムの中にあるリスクを取らなければならない。これが経済的自由への唯一の道だ。他に道はない。


和田博(ヴァリアント社長)

結果的に失敗したなら、それは仕方ない。でも、振る前にはあくまで「こういう風にしたら上手くいく」というイメージは持っておかないと、結果がどうであれ、そこから何も得られなくなっちゃう。はい。そうでないと、失敗そのものに恐怖感が増しちゃって、失敗を恐れてさらに失敗するという悪循環に入っちゃいますから。一度そうなったら、抜け出すのは大変ですよ。


前川孝雄

現場のことは部下に頼っていいのです。ただし、ビジョンだけは上司が中心になってメンバーと決め、どの部下よりも強く意識すること。そして、折に触れて、自身の言葉でメンバーに話さなければなりません。上司とは、ビジョンを示し、そこへ向かっていくためにチームメンバーそれぞれに役割を分担させる役割です。


堤智章

業績向上の方程式は「商品(品質)×制度×心」。製品の品質、従業員やエイボンメンバーのやる気が出るような制度、そして仕事への情熱が必要。


内藤加奈子

売れるかどうかは、どこまでお客様に「特別感」を与えられるかにかかっています。


橘フクシマ咲江

初回の面談依頼メールで心がけているのは、「ぜひお会いしたい」という熱意が伝わるように、受け手の立場に立って書くことです。私も他の企業から、肉筆の依頼状を受け取ったことがあります。ただし、よく見ると「肉筆風」の印刷物で、不特定多数に送っている「マスメール」だとわかり、ガッカリした経験があります。相手に「自分でなくてもいいんじゃないか」と一瞬でも思われたら、その後の関係確立は難しくなります。


茂木健一郎

社会人の大半は「時間がないから勉強できない」と思っている。しかしそれは思い込みにすぎない。大事なのはいかに長時間勉強するかではなく、いかに深く集中するかなのだ。


藤本やすし

自己プロデュースということには、徹底してこだわってやってきました。たとえば「必ずキャップをかぶって丸メガネをかけ、ヒゲを生やす」というのも、それが単に好きだから始めたわけではなく、自己プロデュースを意識して始めたことなのです。


松本洋(コンサルタント)

管理帳票は各部署や個人の仕事の実態を管理者が把握し、無駄をなくして効率を上げたり、問題の原因を調べて再発予防に役立てたりするためのものです。さらには、業績のアップへとつなげられなければ帳票の意味がありません。


荻田伍

社員とのコミュニケーションはものすごく大切だと思っています。現在の経済環境、社会環境、そしてアサヒビールが置かれた環境を私がどう認識しているかを、いろいろなかたちで情報発信しています。その環境の中で我々はどこへ行こうとしているのか、何をやろうとしているのか。それを社員としっかり共有していく必要があります。こうしたコミュニケーションを繰り返し繰り返しやっていく以外にないと思っています。


鈴木敏文

伊藤(雅俊・創業者)さんは我慢強いんですよ。まあ、慎重という表現もできるよね。例えば、伊藤さんは、僕がコンビニをやると言ったときも、アメリカのセブンイレブンを買うといったときも反対だった。中国進出も銀行設立もね。何事にも反対したのは、性格ですよ。それでも、反対されたことを僕が何とかものにしてきたから、割合と意見を聞いてくれるようになった。この範囲までやってダメだったら諦めますと、きちっと宣言するわけ。そうすると、じゃあ、まあ、となるんだ。


テリー伊藤

どんなスーパースターでも面白いときは褒めてほしいのだ。そうでなければ彼は孤独のまま、「俺って本当に面白いのか?」と不安になってしまう。そして、芸能人に限らず、人はみな褒めてほしいのだ。


アール・S・国元

なぜ待つ。待てば正しい結論が出る確率が高まるのか。


ページの先頭へ