矢島稔の名言

矢島稔のプロフィール

矢島稔、やじま・みのる。日本の昆虫学者。東京府出身。東京学芸大学卒業。豊島園昆虫館館長、上野動物園水族館館長、多摩動物公園園長、東京動物園協会理事長、ぐんま昆虫の森園長、日本鳥類保護連盟代表理事、日本ホタルの会名誉会長などを歴任。虫に関する本を数多く執筆。

矢島稔の名言 一覧

大切なのは、親と子の関係です。子供たちが虫と接し、その魅力から好奇心を広げていく体験に、親も一緒に付き合ってください。そうしたらきっと、命の重さに気が付くはずです。


子供の興味は、身近で見えるもの、動くものが全てです。だから、虫が好きなんです。大人から見ると気持ちが悪い、触ると丸くなって動かなくなるダンゴムシなんかはいい例です。「汚いから触るな」などと言ってはいけません。むしろ、何で丸くなるのかという好奇心を、伸ばしてあげる会話をしてください。


子供の質問に対し、つい大人は、「それは難しいな」と言って、答えるのを放棄してしまいがちです。分からなければ、「不思議だから調べてみよう」「昆虫館に行って聞いてみよう」と、子供と一緒に学べばいいんです。そうした姿勢が、子供の好奇心を持続させるためには欠かせません。


子供は虫と接することで命の重さを親から、そして自分の体験から学んでいました。芋虫や毛虫、アリにだって命がある。子供は面白がって虫をいじめたり、殺してしまったりするものですが、その時に親や周りの大人から注意されることで、小さな命に対する慈悲の心を持つ大切さに気付かされていました。今はこんなに平和なのに、生きているものに心を寄せる気持ちがどんどん希薄になっているのは、幼少期に虫に接する機会が減ったからではないでしょうか。


NHKラジオ第1放送の『夏休み子ども科学電話相談』などで、30年以上も質問を受けてきました。最近は質問をする子供たちがどんどん低年齢化しています。その分、子供との接し方は難しくなりました。「カマキリの目の色が夜になると、緑から黒になるのはどうして?」という質問があったとしましょう。詳しく答えるなら、「複眼を構成する2万~3万の個眼の表面は緑色だから、昼は目が緑に見える。夜になると、個眼と個眼の間にある薄い膜状の細胞の下から黒い色素が上がってきて、黒く見える」ということになります。小学校高学年なら理解できるかもしれませんが、未就学児は分からない言葉ばかりで嫌になってしまう。それでも、せっかく芽生えた科学への興味を失わせないように、嘘ではなくかみ砕いて説明しなければなりません。「人間とカマキリは違うけれど、人間でも黒い眼鏡をかけた方がよく見えることがあるでしょう」といった具合にね。


矢島稔の経歴・略歴

矢島稔、やじま・みのる。日本の昆虫学者。東京府出身。東京学芸大学卒業。豊島園昆虫館館長、上野動物園水族館館長、多摩動物公園園長、東京動物園協会理事長、ぐんま昆虫の森園長、日本鳥類保護連盟代表理事、日本ホタルの会名誉会長などを歴任。虫に関する本を数多く執筆。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

良いアイデアや言葉というのは、思いがけないときに、突然ぽっと浮かんでくる。


松岡修造

僕自身、いまでもネガティブな心の声が聞こえてきます。毎日です(笑)。「生放送で失敗してしまうんじゃないか」とか「講演会で上手く話せないかも」などいろいろ不安な言葉が湧いてきます。そこで心に「ストップ」と言います。一番つまらないのは、プレッシャーや迷いによって自分の、ベストを尽くせないこと。悔いが残ります。


成田和幸

「夢と目標を持って人生を生きる」が私の信条です。夢と目標を持とう。


永守重信

私の教育は「叱って育てる」スタイルです。部下にメールを送るときも、褒めるよりも叱るケースが圧倒的に多いです。しかし、叱られるのは、その人が積極的にチャレンジしている証拠です。社内では「社長に叱られるほど偉い」というイメージが出来上がっています。


井上礼之

時代の大きな転換点には、人々の働くことへの意識も大きく変わる。その時代に生きる人々のやる気を引き出す人事制度をいかにしてつくるかということが企業競争の勝敗を決める。人事のマンネリ化は、企業の存亡に関わる問題。


辻庸介

健全な焦りや危機感は人を動かす。それがなければ人間はダメになる。


ルパート・マードック

自由への最初の道は生存能力だ。


箱田忠昭

仕事とは、目標、計画、実行、フォローアップ。この繰り返しで完成を目指すのですが、ここで重要なのは、「進行状況」です。つまり、その時点での結果を見える化しておくことです。進歩していることがわかれば達成感があるから頑張れる。計画通りに進んでいないことがわかれば、そこで修正することができます。


野津基弘

これまで当グループには経営の「軸」となるものがなかった。新体制移行にあたり、9ヶ月かけて約2800人の全従業員と面談し、各事業会社が抱える課題や取り組むべき投資計画などを洗い出し、グループの存在目的と経営方針を策定しました。


長崎忠雄(経営者)

我々の利益を最優先にするのではなく、まずはお客様のニーズに応えることで満足を高めていくことが、最終的に自分たちの成長につながる。


堀之内九一郎

感動や驚きが人の心を動かし、意識を変える。


吉永泰之

現在のスバルの社員の多くが意識しているのは、いわゆるエンスー(熱狂的な愛好者)のニーズに寄っていってしまうと、販売台数が落ちてしまうということです。クルマとしては尖った面白いものができるかもしれないけれど、どうしても台数は減ってしまう。もちろん、あまりそのことを意識しすぎるとスバルらしい個性を失ってしまう危険性がある。それは恐ろしいことです。そうなったら、スバルの存在意義がなくなってしまいますからね。しかし現実的には、尖りすぎることのほうが怖いんですよ。スバルのDNAは、放っておくとどんどん尖っていってしまうんです。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

多少、性格に難があっても、自分より少しでも優れた能力を持つ部下に対しては、上司はひたすら信じて、任せるしかないと思います。でなければ、上司の能力範囲によって部下の能力が決まってしまいます。


小笹芳央

他人は自分の力では変えられません。「他人」「感情」「生理反応」「過去」は変えられないもの。すぐにできることと言えば……自分の意識の外に出して、可能な限り考えないようにすることぐらいです。


川野幸夫

一番大事なことはブレない経営哲学です。「売れればいい」「儲かればいい」ではなく、「何をすればお客様が喜んでくれるのか」。それを追求し続けることがヤオコーの存在理由であり目的です。


ページの先頭へ