名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

真角暁子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

真角暁子のプロフィール

真角暁子、ますみ・あきこ。日本の広報コンサルタント。トヨタ自動車広報部、プライベート・エクイティ・ファンド「シュローダー・ベンチャーズ」、アメリカのPRエージェント会社「バーソンマーステラ」などでPR関連の仕事に従事。ボストン・コンサルティング・グループ広報マネジャーを経て独立。広報コンサルティングを行った。

真角暁子の名言 一覧

コミュニケーションの最重要ポイントは「メッセージは何か」ということ。プレスリリースはもちろん、メールなど、日々のやり取りでも、「誰に、何を、どう伝えて、どうしてほしいのか」を明確にすることを心がけています。


ロジカルな文章を書く基本は「結論から先に」です。これはリリースでも同じ。


自分の会社や製品を第三者的な立場から見る視点も必要です。その会社や業界では当たり前でも、部外者から見れば価値を感じられるものはたくさんあります。私たちがお客様にヒアリングをすると、「こんなに面白いデータをお持ちじゃないですか!」という発見がよくあるのです。自社や製品の良さに気づく客観的な視点があれば、その魅力が伝わる文章も書けるようになるはずです。


企画書や報告書のタイトルやサブタイトルを書くのに、コピーライティングのようなスキルが必要な訳ではありません。それよりも大事なのは、日頃から世の中の動向に注意を払い、どんな情報にニュース性があるかを判断する力を養うこと。自社の業界だけでなく、社会・経済全般を広く観察し、手持ちの情報と照らし合わせていくスキルが求められるのです。


プレスリリースでは、何よりもタイトルが重要です。このリリースが何を伝えるものなのかが一目瞭然でなければなりません。新製品の発表なのか、調査結果の報告なのか、業績のお知らせなのか。それを一行で伝えなくてはいけません。そして、このリリースにはニュース価値があると思わせること。「高齢化社会を支える」「エコライフに役立つ」といった時流に即したキーワードを使って、インパクトのあるタイトル作りを心がけています。とにかく、ここで興味を惹かなければ、あとの文章は読んでもらうことさえできませんから。


「この製品はすごい」という表現は、書き手の主観なのでNGです。その製品のすごさを伝えたいなら、根拠となる具体的な数字や導入事例、エビデンス(証拠)などの事実を使って、相手に納得してもらわなくてはなりません。その製品がすごいかどうかを判断するのは相手にお任せして、こちらは客観的な情報だけを提供するのです。また、こちらが伝えたい情報や相手が興味を持ちそうな情報は文章の中で繰り返して、その部分に厚みを持たせる、などの工夫をします。


提案書や企画書を書くときは相手の立場をおもんばかることも大切。営業や企画の仕事なら、提案書や企画書を渡す相手側の担当者が、最終的な意思決定者ではないことも多いでしょう。その場合は、どんな情報を提供すれば、その担当者が自分の上司を説得しやすいのかを考えます。その会社がコストを重視しているなら、「この製品を使うと、30%のコスト削減になります」といった情報を中心にお伝えすることで、担当者が上司への報告や説明をしやすくなるはずです。


文章を書く際に一番大事なのは、相手の側に立って書くことです。そのためには、まず相手のニーズを知ることが必要です。メディア関係者にリリースを送る場合なら、その雑誌や番組を研究したり、担当者に直接会ってヒアリングをしたりして、どんな情報が求められているのかをリサーチし、それを踏まえて文章を書きます。


情報を発信する前にはメッセージの構築が必要です。新商品のプレスリリースを作るのであれば、まずは何をメッセージとして打ち出すのかを、その企業の方とディスカッションします。


真角暁子の経歴・略歴

真角暁子、ますみ・あきこ。日本の広報コンサルタント。トヨタ自動車広報部、プライベート・エクイティ・ファンド「シュローダー・ベンチャーズ」、アメリカのPRエージェント会社「バーソンマーステラ」などでPR関連の仕事に従事。ボストン・コンサルティング・グループ広報マネジャーを経て独立。広報コンサルティングを行った。

他の記事も読んでみる

酒井誠(経営者)

ポータルを構成するコンテンツの一つひとつでは、競合する会社がいます。ただ、全体としてみればいない。なぜ、全体だと競合がいないのか。それは初期投資の費用がかさむからです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自分を「弱い」などと、思わないことです。弱さは、強さに変えられます。エネルギーを何に向けるかで、それはパワーに変わります。思考の流れを、自分を高める方向へ切り替えましょう。虚しい願望や、前に進まない後悔は、捨て去ることです。不平や不満、自分への慰めは終わりにしましょう。


御手洗冨士夫

キヤノンでは毎朝一時間ほど役員たちが朝会を開いています。50年ほど前から続く伝統です。ざっくばらんな議論の中で、互いの考え方を知ることができます。お互いを知ることによって信頼関係も生まれます。海外の出張先から相談の電話がかかってきても、普段のコミュニケーションが土台にありますから、相手の考えや問題意識を即座に把握することができる。スピーディに意思疎通が図られ、答えを出すことができるんです。


ラリー・ペイジ

現代のテクノロジーという水平線を見渡せば、次にできることが見えてくる。テクノロジーについて知れば知るほど、さらなる可能性が広がる。


安田隆夫

部下に動揺した姿を見せれば、社内で動揺がどんどん増幅する。それはまずいから、とにかく平静を装う。そうして装い続ける作業を、朝から晩までやっていると、それが演技なのか、本来の心境なのかわからなくなってくる(笑)。


村井史郎

上海に工場をつくったとき、現地の幹部に「なぜ一番コストの高いところへ?」と質問されました。うちは土地もビルも自社で買うんですが、一時でなく根を下ろしたいからと答えました。「長期的には経済合理的」という考えもあるにはある。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

自分たちしかできない、新しい価値を追求するという流儀は終始一貫して変わらない。


和田眞治(和田真治)

少子高齢化の時代を迎えた日本のエネルギー業界が、今までと同じ状態でいいわけがない。もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はダメになってしまう。


松浪健四郎

大事なのは自分の弱点を理解すること。下半身が弱ければ下半身を強くする。皆と同じことをやっても意味がない。自分を自分で把握しておかないと強くはなれない。


酒巻久

時間に追われてどうしようもない状況に陥ったら、まずはとにかく「自分にかかっている圧力」を減らすことです。そのためには、最初にやるべきことをひとつ決め、それを片づけることです。


吉井信隆

母体企業から切り離して当社のオフィス内でビジネスを立ち上げる「出島」方式も取り入れています。会社の中で起業を目指すと上司の意向に逆らえず、気に入られるようなプランを作ってしまい、マーケットの要望から逸脱します。ここに新規事業の落とし穴があります。そこで、会社から隔離をして我々と一緒に侃々諤々と議論を行い、知恵を出すだけじゃなく、他企業とのコラボレーションや事業提携なども一緒に構築していきます。


藤田晋

信用は「言ったことはやる」という約束を積み重ねて得ていくもの。言った以上はそれもしっかり守る。仕事の約束はもちろん、普段のつき合いの中で生まれる小さな約束を守っていきましょう。