真藤昌瑳熙の名言

真藤昌瑳熙のプロフィール

真藤昌瑳熙、しんどう・まさひろ。日本の経営コンサルタント、占術家。栃木県出身。東京大学工学部卒業後、リクルート、経営コンサルティング会社を経て独立。著書に『任せきりでも10億円! 週休5日社長の任せる力』。

真藤昌瑳熙の名言 一覧

人の性格は様々ですから、コミュニケーションの仕方は一様ではありません。部下への任せ方も同様に、タイプによって変えるべき。


上司が自立的であればあるほど、部下は上司への依存を強めていきますから、部下は育たない。


部下に仕事を任せるにあたってまずすべきことは、「部下が良い仕事をすれば、自分の昇進へとつながる」という考え方に切り替えること。


あえて依存型のダメ上司を演じ、部下の能力を引き出すのも手。「どうしたらいいと思う? 君の意見を聞かせてくれないか」とあえて部下に依存するマネジメントをすることで、任せる上司へと変わることができる。


部下に仕事を任せられない問題のほとんどは、本人のマインドセットに原因があります。多くの上司は「自分でなければこの仕事はできないから、部下に任せられない」と口にしますが、本当は「仕事を多く抱えることで自分を重要な存在だと思いたい」「部下が自分よりも成長すると、立つ瀬がない」という「無価値感」への恐怖があるのです。


真藤昌瑳熙の経歴・略歴

真藤昌瑳熙、しんどう・まさひろ。日本の経営コンサルタント、占術家。栃木県出身。東京大学工学部卒業後、リクルート、経営コンサルティング会社を経て独立。著書に『任せきりでも10億円! 週休5日社長の任せる力』。

ページの先頭へ