名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

真船豊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

真船豊のプロフィール

真船豊、まふね・ゆたか。日本の劇作家、小説家。福島県出身。早稲田大学英文科中退。大正末期から劇作を開始。代表作に『鼬』『遁走譜』など。農民運動にも参加した。そのほか、読売文学賞選考委員などを務めた。

真船豊の名言 一覧

人間はな、上を見てはいけない。下を見てもいけない。ただ己れの手先と足元を見ていれば何のこともない。至極平穏無事だ。


真船豊の経歴・略歴

真船豊、まふね・ゆたか。日本の劇作家、小説家。福島県出身。早稲田大学英文科中退。大正末期から劇作を開始。代表作に『鼬』『遁走譜』など。農民運動にも参加した。そのほか、読売文学賞選考委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

盛田昭夫

大手の電機メーカーさんは、5時を過ぎれば赤坂や新橋に繰り出すでしょう。我々が追いつくためには、夜中まで働かなければなりません。


磯崎功典

組織力の原点とは、コミュニケーション力にある。


谷田千里

紙の書類を減らすことが必須でした。そこで、社員に1人1台ずつ、タブレットの「Surface」を支給しました。今は5万円程度で買えるタブレットもありますが、あえて1台あたり15万円のものを選びました。以前の弊社はIT投資が少なかったという反省もあり、お金をかけることにためらいはありませんでしたね。それに大きな投資をすれば、社員たちに「タブレットをちゃんと活用してくれないと、お金をかけた意味がないじゃないか」と文句を言えますから(笑)。


石川康晴

当社は店員も含めて、全社員が正社員です。創業時に同業の先輩経営者たちから、「アパレルは浮き沈みが激しい業界。会社の収益が悪化した時に備えて、店員はアルバイトとして雇っていつでも切れるようにしておくべきだよ。人は調整弁だからね」と聞いていた。だけど、僕はそうしなかった。そんな考え方では、いい人材が集まらないと思ったからです。


小池百合子

勤務時間が短くなれば、仕事の優先度は変わります。そのとき「ワーク」だけでなく「ライフ」を見直すことにもなるはずです。働き方改革は自分改革です。個人個人が自分の時間の使い方、つまり自分の人生の優先順位を考え直すことで、日本の社会も変わっていくのです。


浦沢直樹

「次に描くのが最高傑作のはずなんだよ」とやる以外ない。


宮沢俊哉

単なる口先だけでは相手を説得することはできません。大切なことは、「私はこう思う」と自分の意見をしっかりと持つことです。


益子修

緩めることなく手を打っていくことが大事。再生をやり遂げた達成感に浸っている余裕はありませんし、安心感も持っていません。むしろ、真価が問われるのはこれから。


依田平

会社は、母親の胎内のような包み込む力を持った、安心できる存在でなければなりません。一度退職した社員も再び戻ってこられるくらいの懐の深さが必要です。


酒巻久

その人なりに真面目に取り組んだ末の失敗を、会社や上司は責めてはいけない。それは正しい失敗で、成功につながるプロセスだ。


江田麻季子

業界全体、社会全体が先に進まなければ当社の成長もありません。業界全体とともにイノベーティブな取り組みを進めています。いわば業界を交えた「共創」によって、お互いが盛り上がっていこうというわけです。


岡島悦子

昔の日本的大企業では、社内の空気を鋭敏に読み、男性社員間の暗黙の掟を厳守し、失敗を最小限に抑える、といった戦術が出世競争には有効でした。10年後の組織図を推測し、「次の次の社長」に結婚式の仲人を依頼するといったことを、そつなくできる人が偉くなっていきました。しかし現在は、優良企業ほどそのような戦術は通用しなくなっています。前例を忠実に踏襲するのではなく、環境変化に適応する能力こそが求められているからです。