名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

真田幸俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

真田幸俊のプロフィール

真田幸俊、さなだ・ゆきとし。日本の工学者。慶應義塾大学理工学部教授。東京出身。慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業、ビクトリア大学電気・計算機工学専修修了、慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了(工学博士)。東京工業大学工学部助手、慶應義塾大学理工学部専任講師・助教授などを経て教授に就任。真田家14代当主。

真田幸俊の名言 一覧

一つのことを追求しようというか、粘り強くというのは研究者の基本。


人事をやる時は、徹底的に説明して納得させないといけない。


人材登用という話は企業はもちろん、基本的に我々のような研究室でも同じだと思います。つまり、特定の学生に対して入れ込んでしまうと周囲とのバランスがとれませんし、誰に対しても公平なスタンスで接しなければならないと思うんですね。変な肩入れがあると学生もそれを見ているわけですから、きちんとしたルールを持っておくべきですね。


真田幸俊の経歴・略歴

真田幸俊、さなだ・ゆきとし。日本の工学者。慶應義塾大学理工学部教授。東京出身。慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業、ビクトリア大学電気・計算機工学専修修了、慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了(工学博士)。東京工業大学工学部助手、慶應義塾大学理工学部専任講師・助教授などを経て教授に就任。真田家14代当主。

他の記事も読んでみる

田島弓子

会社員時代は、ときどき会議室に一人でこもったりしていました。そして、ホワイトボードに自分の頭の中にあることをバンバン書いたりしていると頭と心も整理されてくるんです。


松本晃(経営者)

会社も5か年計画みたいなものを作るのではなく、夢を作って1歩でも近づいていくほうが楽しいですよね。だから、我々は、毎年5月に2日間かけて「Dream Come True!」と名付けた会を開き、「7年後のカルビーの夢」を語り合っています。期間は10年先では長過ぎるし、3年や5年では短いので、7年先としています。例えば、売上高1兆円、利益2千億円といったホラとも言える夢を決め、その大きな夢をどうすれば実現できるかをみんなで考える環境づくりをしています。


徳重徹

よく「海外で営業するのは大変でしょう?」と聞かれますが、私はむしろ海外のほうがセールスはしやすいと感じています。なぜなら、海外では日本企業の価値が高いからです。とくに私たちが勝負をかけている東南アジアや南アジアでは、「日本製品は品質が良い」「アフターサービスも行き届いていて安心」といった好印象を持たれています。なぜ他の日本企業は、このアドバンテージを活用して積極的に海外へ打って出ないのか不思議なほどです。


金川顕教

今まで当たり前のように続けてきた自分の生活習慣を見直すと、いかに時間とお金と労力を無駄にしているかがわかる。


原田まりる

強い心を持って本音をぶつけていくことが、心から通じ合える、何でも話せる相手ができることにつながっていく。


ブルース・リー

ハイキックができなくなったら、自分のできるローキックを一生懸命磨いて得意技にすればいい。


小杉俊哉

一流か二流かが露呈してしまうのが、ミスをしたときや不測の事態が発生したときの対応です。誰でもミスを犯したときは「すみません」と謝り、ヘコむでしょう。ただし一流と二流の人ではこの後が違う。二流の人は気持ちを切り替えるだけで終わってしまう。一方、一流の人は「なぜ失敗したのだろうか」と考える。自分にできたことはなかったかと探し、課題を見つけ出す。「すみません」と言いながら前を向いているのです。


坂戸健司

人間は同じものを見聞きしても関心のある情報しか拾いません。常にフィルターを通して取捨選択している。ならば、キーワードを決めてフィルターを意図的に操作し、対象を絞り込んで観察する。今まで気にもしなかったものが、自然と視界に飛び込んできて、新たな発見につながる。


永守重信

創業者は臆病なんです。僕なんか昔からそう。三協精機を買収した時も、最初は40%しか出資しなかった。大赤字でしたからね。その後45%、50%と増やして最後は100%にした。株価が安かった時になぜ完全買収しなかったのかという人がいるけど、それは結果論であって、再建できなかったら日本電産本体もなくなってしまう。


澤田秀雄

「旅行とエンターテイメントはともに平和産業で、「楽しむもの」「喜ぶもの」「感動するもの」という点で共通している。自分が楽しいと思えるコンテンツを提供して人を喜ばせる、これが私のモチベーションになる。


越石一彦

相手のことを考えながら手土産を選ぶときから、ビジネスは始まっています。初めてお会いする相手の場合は、何を喜んでもらえるのかわからないでしょう。それでも、たとえば、部下がたくさんいる相手には皆で分けられるものを選ぶ、高齢の相手には飲み込みやすいものを選ぶ、小さなお孫さんがいる相手には子供が喜ぶものを選ぶ、というように、相手のことを想像して選びましょう。


堀場雅夫

日本はもはや元には戻れない。新しい道を探らなければならない。