名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

真田幸俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

真田幸俊のプロフィール

真田幸俊、さなだ・ゆきとし。日本の工学者。慶應義塾大学理工学部教授。東京出身。慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業、ビクトリア大学電気・計算機工学専修修了、慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了(工学博士)。東京工業大学工学部助手、慶應義塾大学理工学部専任講師・助教授などを経て教授に就任。真田家14代当主。

真田幸俊の名言 一覧

一つのことを追求しようというか、粘り強くというのは研究者の基本。


人事をやる時は、徹底的に説明して納得させないといけない。


人材登用という話は企業はもちろん、基本的に我々のような研究室でも同じだと思います。つまり、特定の学生に対して入れ込んでしまうと周囲とのバランスがとれませんし、誰に対しても公平なスタンスで接しなければならないと思うんですね。変な肩入れがあると学生もそれを見ているわけですから、きちんとしたルールを持っておくべきですね。


真田幸俊の経歴・略歴

真田幸俊、さなだ・ゆきとし。日本の工学者。慶應義塾大学理工学部教授。東京出身。慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業、ビクトリア大学電気・計算機工学専修修了、慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了(工学博士)。東京工業大学工学部助手、慶應義塾大学理工学部専任講師・助教授などを経て教授に就任。真田家14代当主。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

多くの人にとって、マネジメントと言えば企業経営を意味する。だがそれは、単にマネジメントが最初に現れたのが大企業だったからにすぎない。50年ほど前、マネジメントの研究に取り組んだとき、私も企業のマネジメントに焦点を当てていた。しかしやがて、企業であれ企業以外であれ、あらゆる近代組織において、マネジメントの研究に取り組んだとき、マネジメントの必要性が明らかになっていった。


塚本勲

昔、ある社員が米国で修理サービスの会社を立ち上げたいと言うのでやらせました。最初の3年は儲かりましたが、4年目と5年目に損を出して8000万円ほどの赤字がたまりました。その社員にリカバーできるかと聞いたところ、「いや、自信がありません」と言ってきました。そこで「もう、すぐやめようよ。今なら8000万円の損で済むんじゃないの」と、その会社を売却して撤退しました。単なる失敗話ではありません。その社員は米国で長期間滞在したことで現地の技術者と不自由なく話せるようになっていたのです。その後、技術統括の責任者として、新しい技術の動向をいち早く把握するなど活躍しました。


弘兼憲史

何かに情熱を傾けられない人に、上達はない。


川島永嗣

ベトナムに旅行した時、カフェで注文して待っている間に、スマートフォンの検索アプリで「ありがとう」という現地の言葉を調べました。そして、飲み物を運んできてくれた店員に伝えました。外国人が日本語で「ありがとう」と言ってくれたら、ちょっとうれしいじゃないですか。その国の人と触れ合いたい、文化を知りたいと思ったら、自分からその国の人たちの中に入っていく。そんな姿勢が、能動的な勉強につながるのかもしれません。


松浪健四郎

まず品性・品格がなければいけません。それに野性的なものもなければいけない。この調和が難しい。野性とは生き抜く力です。肉食動物であれば狩りをしなければいけない。我々の祖先も狩りをして生き抜いてきたわけですからね。


永守重信

企業買収は、全体を100とすると買収時点ではまだ20なんですよ。残りの80はPMI(買収後の一体化)。それを考えないとダメ。


高田明(ジャパネットたかた)

私もいまだに「つもり」になってしまうことがあります。自分ではしっかり伝えたつもりでも、なぜか売れない。そういうときはやはり、振り返って考えてみると、お客さんに伝えたいことをしっかり理解してもらえていないのです。


エレン・クルマン

数年前の話です。防護服や防弾チョッキなどに使うケブラーという繊維を作っている工場で従業員に「あなたはどんな仕事をしているのか」と聞いたところ、こんな答えが返ってきました「私は命を救っているんです」と。世界を安全なものにするために貢献しているというプライドを持って働いていたんですね。メガトレンドを基にデュポンの方向性を明確にする。それによって、多くの従業員が目的意識を持ち、プライドを持てるようになるわけです。


古川実

潰れるなら、俺は日立造船と一緒に沈む。育ててもらった会社に恩返しをする。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

人生に垂れ込めた雨雲は、放っておいても消えてはくれないよ。うつむいた顔を上げて、空を見れば、どこかに光は見えるはず。そこに向かって「もう一歩」を踏み出していれば、人生の真夏日は必ず訪れるんだ。


安藤正弘

各地域にハウスドゥの店舗ができれば、お客様はわざわざ遠い大手の不動産会社に行くよりも、地元にある安心できる不動産会社に頼むようになるはずです。例えばコンビニは、自社ブランドもありますが、いろいろな売れ筋商品を並べて消費者が選べる形にしています。不動産も、いろいろなところの情報を中立的に紹介してもらいたいとお客様は望んでいるのです。大手不動産チェーンは仲介がメーンで、地域に密着したビジネスを展開していません当社チェーンは不動産仲介と売買を組み合わせることで高収益を生みしています。


青野慶久

今日のようにビジネスへのITの利活用が当たり前になった時代に、企業が成長し続けるためには積極的な情報化投資が欠かせません。情報化を推し進めれば、脅威にさらされるリスクも高まります。情報化投資は、常に「攻め」と「守り」の両輪で考えるべきです。さらに言えば「守り」は最大の攻めにもなりえます。ビジネスの成長を止めないためにも、万全な情報セキュリティ対策を心掛けていただきたいですね。