真田幸俊の名言

真田幸俊のプロフィール

真田幸俊、さなだ・ゆきとし。日本の工学者。慶應義塾大学理工学部教授。東京出身。慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業、ビクトリア大学電気・計算機工学専修修了、慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了(工学博士)。東京工業大学工学部助手、慶應義塾大学理工学部専任講師・助教授などを経て教授に就任。真田家14代当主。

真田幸俊の名言 一覧

一つのことを追求しようというか、粘り強くというのは研究者の基本。


人事をやる時は、徹底的に説明して納得させないといけない。


人材登用という話は企業はもちろん、基本的に我々のような研究室でも同じだと思います。つまり、特定の学生に対して入れ込んでしまうと周囲とのバランスがとれませんし、誰に対しても公平なスタンスで接しなければならないと思うんですね。変な肩入れがあると学生もそれを見ているわけですから、きちんとしたルールを持っておくべきですね。


真田幸俊の経歴・略歴

真田幸俊、さなだ・ゆきとし。日本の工学者。慶應義塾大学理工学部教授。東京出身。慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業、ビクトリア大学電気・計算機工学専修修了、慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了(工学博士)。東京工業大学工学部助手、慶應義塾大学理工学部専任講師・助教授などを経て教授に就任。真田家14代当主。

他の記事も読んでみる

佐藤義雄

改革の主眼は、これまでの「新契約中心主義」を見直すことにあります。日本の生保はどの会社も新契約重視、新規開拓・白地開拓重視でやってきましたが、それはいわば高度成長期の論理です。既に入っていただいたお客様こそ、我が社にとって重要な基盤なのだという意識を、原点に立ち返って取り戻さないと、経営が成り立たない時代になりました。


榊原定征

規制緩和と成長戦略の2つが、日本の経済成長のエンジンになる。これを進めて、日本経済の活力を引き出していくことが重要。規制緩和を進めれば、ビジネスチャンスは広がる。


小暮真久

テーブル・フォー・ツーが支援しているアフリカの子供たちは、教科書以外の本をほとんど読みません。出版社もなければ書店もなく、本といえば先進国のボランティアや旅行者が持ってきたものが何冊かあるだけ。本を読みたくてもその機会自体がないのです。たしかに本を読まなくても食べるものがあれば生きていくことはできます。しかし彼らが将来貧困から自力で抜け出そうと思うなら、本を読んでそこから知識や情報を吸収することは不可欠だといっていいでしょう。


筒井康隆

僕が20代で同人誌とかにSFを書きだした頃は、日本じゃまったくといっていいほどSFは評価されなかったんですよ。『SFマガジン』に書きはじめてからも、それだけでは食っていけなくてね。学習誌に連載していたんです。『時をかける少女』は『中三コース』に書いて、持ち上がりで『高一コース』に。あのころは眉村卓とか、若手が競って書いてましたね。大人がSFに興味がないのであれば、「子供をSF好きに育てよう」と、使命感に似たものを持って。


山極寿一(山極壽一)

IoTが登場し、物はなるべく動かさず、動かすなら小さく動かすという時代になっても、人間だけはどんどん動き、たくさんの人と会おうとし、共感を得ます。なぜなら、人間は情報に置き換えられないからです。実際に会って、相手を確かめる必要があります。


ミット・ロムニー

私の仕事は企業を成功に導くこと。それは、言わせてもらうなら、それぞれの家族が自分の働く会社を強くしていくことこそ最良の安全策なのだということです。


岩崎弥太郎

自信は成事の秘訣であるが、空想は敗事の源泉である。ゆえに事業は必成を期し得るものを選び、いったん始めたならば百難にたわまず勇往邁進して、必ずこれを大成しなければならぬ。


武永修一

うちのサイトを欲しいと言っている企業もあったので、いざとなったら売却することも、常に頭の片隅に入れていました。そうしないと、精神的に耐えられなかった。


酒井光雄

お金がないなら知恵を使い、知恵がないならネットワークを使うこと。


マイケル・ゲルブ

あなたは奥さんやご主人、子供や友人、顧客、同僚、上司、部下から定期的に感想を求めることにより、好奇心を強化し、自己認識を深めることができる。次のように尋ねてみよう。私の弱点、自分では気が付かない短所、改善すべき点は何か。私の長所、美点は何か。その答えをノートに書き留めて、あとでじっくり考えるのだ。


三浦善司

外国人に対するときは、意識してロジカルに話すようにしています。まず結論を伝え、その理由や根拠、そして具体的な事例や提案と、順序立てて話を進める。そうしなければ、相手に理解されないことが多いからです。日本人は曖昧な表現で伝えても、お互いがなんとなくわかった気になって満足するようなところがあります。こうした阿吽の呼吸は、特に欧米人には通用しません。


佐々木かをり

何か面白そうなことが目の前に来たら、悩んでいないで素早く決断する。決めたらそれにしたがって行動する。そして最後までやり遂げる。チャンスをつかむためにはこの三つ「決断」「行動」「やり遂げる」が必要なんだと思います。


藤田晋

どんなビジネスパーソンも、「ブランクの怖さ」を、もっと感じた方がいい。私の場合、リタイアして1年でもネット業界から離れたら自信がなくなります。今の業界にどっぷり漬かって、現場にもいるから、正しいことが正しいと分かるし、疑わしいことも疑わしいと分かる。


柳井正

フリースブームというものがありました。爆発的なヒットになりました。ただ、そこでマスの一員になったらダメです。成功の復讐があります。ブームになると、終わったとなる。次の世代に行かなければならない。【覚書き|フリースブーム後のユニクロ低迷に関して心機一転した言葉】


鳥居勝幸

顧客理解の中には、もちろん担当者個人への理解もあっていいでしょう。その場合はやみくもに距離を縮めようとするのではなく、相手に合わせるのが鉄則です。雑談の好きな人ならプライベートに踏み込んだ話を展開してもいいし、ビジネスライクに事を運びたがる相手なら自分もそれに倣うべきです。「営業という職務を通じて、顧客満足を上げることが自分の仕事」という自覚をきちんと持っていれば、個人対個人の付き合いの中でも、おのずと相手に合わせた振る舞いが導き出されてくるのではないでしょうか。


ページの先頭へ