名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

真田幸村(真田信繁)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

真田幸村(真田信繁)のプロフィール

真田信繁、さなだ・のぶしげ。戦国時代から江戸時代初期の戦国大名。江戸期に書かれた小説真田十勇士の真田幸村として知られている。勇猛果敢な武将と名高く、関ヶ原の合戦では父の昌幸とともに西軍に参加、上田城に籠城し、2000の兵で徳川秀忠率いる3万8000の軍を撃退した。関ヶ原後も徳川側に組することなく、大坂夏の陣で家康の本陣に突入し討死した。

真田幸村(真田信繁)の名言 一覧

いったん約束を結んだことの責任は重いと存じます。日本国中の半分を賜るとしても、気持ちを変えることはできません。
【覚書き:徳川家康にスカウトされ、信濃一国を与えるので部下になれと言われた時の言葉。】


我らが大坂城に籠城する上は、必死の覚悟をしているので、この世で会う機会はもうないだろう。私の娘の「すへ」はお心に叶わないところもあろうが、お見捨てなきように、お願い申し上げます。
【覚え書き|長女の夫へ宛てた手紙】


真田幸村(真田信繁)の経歴・略歴

真田信繁、さなだ・のぶしげ。戦国時代から江戸時代初期の戦国大名。江戸期に書かれた小説真田十勇士の真田幸村として知られている。勇猛果敢な武将と名高く、関ヶ原の合戦では父の昌幸とともに西軍に参加、上田城に籠城し、2000の兵で徳川秀忠率いる3万8000の軍を撃退した。関ヶ原後も徳川側に組することなく、大坂夏の陣で家康の本陣に突入し討死した。

他の記事も読んでみる

和田浩子

プレゼンで話すのが苦手なビジネスパーソンは、「戦略的思考」が身についていないことが多い。戦略的思考とは、「様々な数字データの中から、顕著な傾向を見つけて分析する→取り上げるべき課題を見つける→どうやってアプローチすべきかについての仮説を導き出す」というステップを踏んで考えること、伝える内容がこの流れで整理できていないから、アウトプットという形で相手に伝える時にうまくいかない。


林修

ファッションにお金を遣うことも大事ですね。印象はお金を遣うことで変えられます。特に僕は女子高生を相手にするので教え方がどうこう以前に「あの先生、生理的に受け付けない」と思われたらアウトです。TVの収録現場でも「いいスーツを着てますね」と言われますが、かなり見栄を張ってますよ(笑)。ビックリする金額のスーツを着てみたら、胸を張って歩けるし、印象は良くなります。そうやってお金で換算できない価値を手に入れることを楽しく感じられれば、お金がお金を呼んできますよ。


澤田純

まずどれだけ自分が知らないかを認識することが大事。大阪弁で言うと「ええ格好をしない」。相手の話を聞き、なぜそういう構造になっているのかを調べ、計画を立てて変えていく。反発を受けることもあるがデータを集めて見える化し、たとえば「全国や大阪平均と比べ我々の工事量はこの程度だ」と指摘すれば、みんなプロなのでどうすればトップになれるかと考えてくれる。


若園浩史

現在では、実際に施工する職人を選んで家づくりをする人は極めてまれですが、適切なインフラさえ整えば、農業のように「作り手の顔が見える」ことが付加価値として評価される時代が来ると思います。家づくりにおける常識に、一石を投じるようなサービスを提供していきたい。


林野宏

油断すると成功体験による危機感の欠落がカビのようにはびこってしまう。これを根治するのはなかなかむずかしい。人間のハートの中にはびこっているため、意識して追い出さないといけない。社員に対して、カビが繁殖しているなら会社から出ていけと強く言う必要がある。


梅森浩一

いま、あちこちで仕事の仕方を指南する情報が流れています。もちろん、汎用性のある手法は大いに活用すべきでしょう。しかし評価という視点からいうと、必ずしもカリスマの手法があなたの環境で役立つとは限りません。それより、まず社内で結果を出している上司や、できる先輩のマネをする。それが、自分がいまいる場所で成長する最も効果的な方法だといえるでしょう。


村田沙耶香

ほぼ全部が弱点ですね。幼少期から弱点をどう反転させていくかみたいなことがいっぱいあったので、弱点のようなものは強さの源だと思っているところがあります。


野坂英吾

会社が危機のときは今までのやり方が通用しなかったときですから、変化が求められます。つまり思い切った変革が出来るチャンスでもあるわけです。


田中圭一(漫画家)

僕自身、10年近くうつに苦しみました。取材させていただいた皆さんにも僕にも、うつの方の力になりたいという強い気持ちがありました。これ(『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』)は「うつの治し方」の本ではないんです。うつは原因にも症状にも様々なケースがあり、脱出の方法もそれぞれ。「うつってこういうものなんだ」と少しでも理解を広められればと思っています。そのためにはマンガの体裁が合っていたのかなとも思います。


ブレンダン・フランシス・ビーハン

作家が最も書きたがるのは、小切手裏の受け取りサインだ。


板坂直樹

本業が順調だからこそ、異業種の事業も展開できる。


渋沢栄一

すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。いやしくも正しい道を、あくまで進んで行こうとすれば、絶対に争いを避けることはできぬものである。絶対に争いを避けて世の中を渡ろうとすれば、善が悪に勝たれるようなことになり、正義が行われぬようになってしまう。