名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

真壁刀義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

真壁刀義のプロフィール

真壁刀義、まかべ・とうぎ。日本のプロレスラー。神奈川県出身。帝京大学卒業後、新日本プロレスに入団。甘党としても知られ、スイーツブログ「スイーツ真壁の甘ったれんじゃねぇ!」を運営。テレビドラマ、バラエティ番組などでも活躍。

真壁刀義の名言 一覧

強いから、弱いところを見せられる。弱い人間は自分が弱いところを見せられない。


現場、現場にプロがいる。どんな道でも、上に立つのがどれだけ難しいことなのか、俺にはわかる。


芸能の仕事で100%を見せるし、もちろん試合でも100%を見せる。それができなかったら「真壁はタレントになりたいんだな」って思われるだけだから。


20年プロレスでやってきたものがあるから、芸能の現場でも説得力が出るんだと思う。そういうプライドを持たないとだめだと思ってるよ。


俺は今年でプロレスラーになって20年なんだけど、1年未満のレスラーに俺と同じ試合は絶対にできない。でもそこで諦めずに、少しでも食らいついてやろうっていう気持ちと努力がないとだめなんだ。


プロレスがお客さんに力を与えられるのは、立ち上がる姿を見せられるからだよね。よだれを垂らして、大股開いて、弱い姿をさらしてぶっ倒れていたやつが、「……このやろう!」と立ち上がる。お客さんは、それに背中を押されるんです。寝たままでいたっていいんだよ。そのほうが楽なんだから。でも、立ち上がらなければ、明日は来ない。プロレスラーは強いんだよ。


一度に何人もからタコ殴りにされて、それでも立ち上がるレスラーに惚れたんです。血沸き肉躍る興奮があった。ワクワクした。ワクワクすること自体でも、元気になるよね。燃えてくるでしょう。スポーツのセオリーって受けるダメージを最小限にして勝つことだと思うんだけど、俺らプロレスラーはバカだから最大限のダメージを受けて勝つことを求めちゃうんですよ(笑)。体はボロボロになりますけど、そのほうがより立ち上がることのすごさを見せられる。


タレントになりたいわけではないし、タレントとして通用するとも思ってない。芸能界は、そんなに甘い世界じゃないからね。俺がテレビに出られるのは、現役バリバリのプロレスラーだからです。


テレビに出ているのは、プロレスを社会に認知させるため。テレビに出るのが一番早く広がるからね。俺らがガキの頃は、プロレスラーがバラエティ番組に当たり前みたいに出ていたんだよ。みんながプロレスを観ていたし、プロレスラーを知っていた。今はまだまだ足りない。だから、俺がそこまで持っていってやろうじゃねえか、って思っている。俺の任務だよな。


10年目くらいまで、プロレスラーとして全然芽が出なくて。闇の時代だよ。俺らの時代は先輩の人数が多すぎて、出場する予定の試合が削られることも何回もあったし、1シーズンに1~2回ぐらいしか出られなかったこともあった。理不尽なことで、しょっちゅう怒られていたしね。地方巡業に行っても取材を受けるわけでもないし、やることがねえ。練習して、飯を食って、ホテルの部屋でボーッとするくらいしかない。俺、何やってんのかなあって。その時にね、だったら大好きなスイーツを食べに行こう、って思ったんだよ。行ってみたら、幸せそうにスイーツを食べている人たちの顔を見て、自分も幸せな気持ちになることができた。


まずはスイーツ真壁を入り口にしてもらえたら、それでいいんです。「以前、街でおばあさんとすれ違った時に「あ、デザート真壁さん」って言われて(笑)。「おばあちゃん、惜しい!」って言ったけど、嬉しかったですよ。知ってもらえてるんだなあって。試合の時の俺を見ていない人が「強いの?」って疑問に思うのは当たり前。でも試合を観てもらったらわかるからね。


真壁刀義の経歴・略歴

真壁刀義、まかべ・とうぎ。日本のプロレスラー。神奈川県出身。帝京大学卒業後、新日本プロレスに入団。甘党としても知られ、スイーツブログ「スイーツ真壁の甘ったれんじゃねぇ!」を運営。テレビドラマ、バラエティ番組などでも活躍。

他の記事も読んでみる

山西健一郎

プロジェクトのゴールをしっかり把握していることが大切です。目の前の作業を全力でこなしていくような仕事の仕方では、いつか本来の目標を見失い、思った以上にロスが多くなるでしょう。無駄をできるだけ削ぎ落とし、本来の目的に最短距離で向かうべく手帳の上でシミュレーションします。


加来耕三

薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)は、西郷(隆盛)を水戸の藤田東湖や越前福井の橋本左内など、当時の優れた人物に会わせることで時代の感度を磨かせました。江戸期は今と違い、優秀な人は江戸だけでなく全国各地に散らばっており、紹介状を持って訪ねて行く時代でした。そして、それがネットワークになっていったのです。


稲盛和夫

人生というのは志で決まる。それを貫くだけの意志があれば。


秋山浩保

どんな組織でも、自負が強くて「よそ者」に敵対する人は、少数ですが必ずいます。しらけた顔をしていたり、頼んだ仕事に手をつけなかったり。理屈ではなく感情的な反発だと本人も分かっているんですよ。でも、感情が先立ってしまう。その場合は、とにかく人間秋山を知っていただいて、この組織を良くしていこうという気持ちの共有を図ります。


吉田忠雄

汗して働くということが、必要不可欠の条件。だから、働く気のない者、ただ手をこまねいていて儲けにだけ預かろうという精神の者に、うちの株はやりたくない。


土合朋宏

事実や数字は不動です。だから「誰とでも」共有できる。「自分」と「相手」の認識を一致させるための「土台」にできる。自分が何かを主張する場合は、その土台になる「事実」を積み上げて説明しないと、「根拠がない」と判断されてしまう。


中田亨

会社の情報漏洩の多くが、いわゆる「風呂敷残業」、つまり仕事を家に持ち帰ることから生まれています。「不必要な書類は作らない」とルール化することで、一石二鳥の情報漏洩防止になるのです。


弘兼憲史

僕は昔から、自分の耳と目で、漫画以外の世界から情報を収集し、それをストーリーのアイデアにしてきました。情報源は、「映画」「ラジオとテレビ」「異業種の人との交流」の3つ。


シェイクスピア

いまが最悪の状態と言える間は、まだ最悪の状態ではない。


江村林香

今日決めたら明日できるのがベンチャーのいいところなんです。それにいまの世の中、半年も検討してたら状況が変わっちゃいます。だから、とにかくすぐやって、それで評判が悪ければやめればいい。ブランドやプライドなんて、ベンチャーには関係ないですから。


織田大蔵

治にいて乱を忘れず。少しばかり調子が良くなったと思って、驕り高ぶっていると、人間というものは、たちまちにしてつまずく。昔の苦しかったことを忘れないようにして、常に心をひきしめ、非常時に備えるということは大事なことだ。


満尾正

甘いものやお酒は、睡眠を阻害する要因となります。夕食はできるだけ腹八分目、それも低糖質の食事を心がけてください。