名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

眞鍋政義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

眞鍋政義のプロフィール

眞鍋政義、まなべ・まさよし。日本のバレーボール選手、バレーボール監督。兵庫県出身。大阪商業大学在学中に日本代表入りを果たす。大学卒業後、新日鉄バレー部(のちの堺ブレイザーズ)に入部。ソウル五輪に日本代表として出場した。その後、久光製薬スプリングス監督を経て、女子バレー日本代表監督に就任。ロンドン五輪で銅メダルを獲得。28年ぶりに日本女子バレーにメダルをもたらした。

眞鍋政義の名言 一覧

信頼がなければ、指導者の声なんて届かない。


気持ちは大事です。勝つために最後に必要なのは間違いなく強いハートなんですよ。でも、土台は数字による把握が必須。


日本の選手と相手国の選手を見比べてみると、1対1では負ける。でもチームが結束すれば勝機が見えてくる。個人では負けても、チームが一丸となれば勝てるという確信が、最後に勝利をもたらしてくれました。


これは女子チームの監督になって気付いたことですが、男性より女性の方が、結束したときに発揮する力は大きい。逆にスタッフと選手の関係がうまくいっていないと、女性は言うとおりに動かない。波は女性の方が大きいが、一致団結したときには10の力が20にも30にもなります。これは男にはないことだなと実感しました。


エースの木村(沙織)には厳しいこともかなり言いました。木村は日本の中心選手として活躍してもらわなければならないと考えていました。だから、最初からエースの自覚を促しました。チーム内では口数の少ない彼女に、「2度の五輪や世界選手権も経験して、何も言わないのは一番卑怯だ。間違ってもいいから何か言え」と発言することを半ば強制し、チームをリードすることを求めました。チームの柱になってもらうために、あえてプレッシャーをかけ続けました。


女子チームの監督をするようになって気づいたのですが、女性にはもともと仲のいい者同士で固まる傾向があります。たいていは2人組をつくって行動する。不思議なことに、2人組同士が合流して4人になることはあっても、3人、5人というように奇数になることは滅多にありませんでした。こうした仲良しグループにいくつも分かれていてはチームの一体感を醸成することができません。だから、スタッフも含めてメンバー間のコミュニケーションを活性化させる工夫を色々と施しました。たとえば、食事のときに席順を決めるくじ引きを割り箸でつくってスタッフと選手が入り混じって座るようにしました。ここには、選手が何を求めているかスタッフに聴き取ってほしいという狙いもありました。


いいときは褒め、悪いときは叱る。それは選手もスタッフも同じです。そうすることで、選手とスタッフが一枚岩になりました。


監督、選手だけでなくスタッフを含め一丸とならなくては勝てるチームはつくれません。そこで個々のスタッフの役割を明確にして、任せるべきことは任せました。一人一人を責任あるポジションに置けば「自分はこのチームに貢献している」という意識を持ち、チーム全体の一体感も高まるだろうという期待からです。


選手に自覚と自立を促す。そのためには、監督が選手の上に立って絶対的な存在になってはいけない。そこで素の自分を見せて、私から選手に近づいていきました。たとえば、選手から質問を受けても自分にわからないことは素直に「俺にはわからない」と言う。監督である私が選手に対して心を開くことで、選手も少しずつオープンになっていきました。


日本の女子バレーでは代表に限らず、プレミアムリーグのクラブチームでも、カリスマ的な監督によるトップダウンのチームマネジメントが大勢を占めてきた。しかし、私はそうしたマネジメントの在り方では勝てないと疑問を持ち続けてきた。なぜなら、実際にコートの中でプレーするのは選手であるからだ。監督に命じられてではなく、選手自身が「絶対に勝つんだ」と心の底から思わなければ、世界の舞台で勝ち抜けない。


日本の選手は、日本選手には高さやパワーを望めないが、外国の選手に比べて手先が器用でボールコントロールが上手いという強みもある。長所をより一層強化する。それしか活路はないと思い定めて、レシーブの上手な選手を集めて、全員で拾いまくるチームを目指した。


バレーボールには、ネットという障害物がある。そのため、もともと背が高くてパワーのある選手に有利な競技だ。しかし、日本選手には高さやパワーを望めない。勝つには発想の転換が必要である。そこで改めて思い至ったのは、バレーボールではボールが床に落ちなければ点数が入らないということだった。もともとレシーブでボールを拾いまくるのは日本女子バレーのお家芸ではあったがそれに磨きをかける必要があった。


代表監督に内定した2008年12月。その直後からロンドン五輪でのメダルを獲得を目標に置き、北京五輪で5位に終わった代表チームをどうつくりなおして、そこまで持っていくかを考え始めた。五輪でのメダル獲得を最終目標にして、そこから逆算する形でチームを強くするためにすべきことを考えていった。


叱っても「なにくそ」と奮起できる選手は皆の前で叱り、落ち込んでしまったり、失敗を引きずってしまう選手は個別に呼んで叱ります。基本的に私は叱らないので、たまに皆の前で大声を出すと、現場がピリッと引き締まる効果がありますね。


数字を知ることは公平性を保つだけでなく、選手が自ら現状と向き合ったり、チームの戦術を有利に導くために欠かせません。そして、その数字を実際のプレーに生かすためには信頼が必要です。


注意することは、悪い数字は見ないようにする選手がいること。だから時々ミーティングを開き、数字データを手渡しして自分の現状に目をそらさないようにしている。そうじゃないと次の課題に進めないから成長できない。


眞鍋政義の経歴・略歴

眞鍋政義、まなべ・まさよし。日本のバレーボール選手、バレーボール監督。兵庫県出身。大阪商業大学在学中に日本代表入りを果たす。大学卒業後、新日鉄バレー部(のちの堺ブレイザーズ)に入部。ソウル五輪に日本代表として出場した。その後、久光製薬スプリングス監督を経て、女子バレー日本代表監督に就任。ロンドン五輪で銅メダルを獲得。28年ぶりに日本女子バレーにメダルをもたらした。

他の記事も読んでみる

十倉雅和

1913年に肥料の製造で創業した当社には、世界に誇れる農業関連技術の蓄積があります。これをベースに、スタートアップなどと連携しながらIoTやバイオなどの先進技術をスピーディーに取り入れることで、農業が抱える様々な問題を解決できる製品やサービスを作ることができます。それこそが、農業と共に歩んできた当社にとっての「勝てる土俵」だと思います。


斉藤惇

別に株主の顔だけを見なくても、ステークホルダーのことを考えて企業価値を上げればいいのです。たとえば、日本の経営者の報酬を、固定を1割、9割を業績連動にしたら、もっと真剣になるのではないでしょうか。日本はそのくらいの改革をしなければいけないと、私は何年も言い続けてきました。


牛尾治朗

求められるのは、精神的な高さです。人間関係や生活の場面などで、高い精神性が尊ばれるようになる。昔は、備長炭で鍋を炊いてその薫りを楽しんだりしたものですが、そうした心を豊かにするような日々の暮らしを重んじる。あるいは、手作りのぬくもりや自然との調和に価値を見出したりすることではないでしょうか。


山口貞一郎

急な成長は本当にその企業のためになるのでしょうか。実は、松翁軒は祖父の時代に勢いに乗って商売を急拡大させた結果、手痛いしっぺ返しを食らった経験があります。ほぼ倒産状態に追い込まれました。


小笹芳央

コンサルティング部門の顧客は、企業の経営者です。その人たちに対してプレゼンテーションや商談を重ねるうちに気づいたのは、「視界」と「時間」の感覚を相手と同一にすることが重要だ、ということでした。視界を同じくするというのは、その人が関心を持っている範囲を把握し、相手が見ている空間に入り込むということです。その経営者が今見ているのは、「国内の店舗展開を拡大する」という世界観なのか、「アジアに店舗を拡大する」という世界観なのか。それを自分と相手で一致させないと、論点のズレた話し合いになってしまいます。時間についても同様です。その経営者が今見ているのは、これから先3カ月の範囲なのか、1年なのか、10年なのか。それによって提案する内容が変わるのは当然です。ですから、時間の物差しを相手と揃えることも不可欠。


坂井哲史

おいしい料理を誰でも作れるようにするのが、本部のノウハウですよ、プロの料理人を使うならチェーン展開する意味がありませんからね。うちには、「焼肉屋さかい」や「元町珈琲」などで外食経験を積んできた優秀なスタッフが揃っているので、こうしたメニュー開発は得意ですよ。


織畠潤一

グローバルだからこそ、日本のことをちゃんと知っておく必要がある。これはとても残念なことですが、同世代の人にしても、自分の子どもたちに比べても、海外に育っていた私のほうがよほど日本の歴史や文化について詳しかったりするということです。外国人とコミュニケーションを交わす機会が増えてくれば、確実に聞かれます。京都はどんなところですか。奈良には何がありますか、と。それについて「いやぁ、ちょっとよくわからないです」では、やっぱり困るわけです。日本人が英語でしゃべるからこそ、日本のことを理解しておかないといけない。そうでなければ、アメリカ人が英語でしゃべっているのに、勝てるわけがないんですよ。


大泉洋

ローカル番組では「何が起きるかわからなくても、とりあえずやってみよう」という、東京のモノづくりではあり得ないつくり方ができるんです。東京では予算も大きいですし、確実に視聴率を取らなきゃいけないというつらさがあって、それだけに台本がしっかりあるんです。「こうなってこうなるから、面白い」というところが最後まで見えていないと企画が成立しない。北海道だとそこまで予算がないし、スタッフも少ないから、僕ら出演者にかかっている部分が大きい。そのぶん、やりがいがあるんです。


岡村友哉

自分だったらこうやるというのと、人にしゃべる話は別。解説屋なりの責任があるから。そういうことを自分で守っていかないと、僕なんて気付いたらこの業界から消えちゃってますよ。


武藤潤(経営者)

成長する海外市場を経営のポートフォリオに組み込むには、必要なリスクを取れるよう盤石な財務基盤を作っておかないといけない。体力がないと、せっかくのチャンスを逸してしまう。


中本繁実

ダラダラ長文では企業の担当者も読む気が失せる。企画書は写真や図解を用いて簡潔に。


山田昇(ヤマダ電機)

もし、感謝と信頼がなかったら、何を持って企業価値を高めていくのか。単に合理主義でやるのかと。そうじゃないですよね。そこに人間性が介在するわけじゃないですか。相手があるわけじゃないですか。こういった考え方がないと、本物ではない。今はそういう思 いでいます。