名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

相良暁(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

相良暁(経営者)のプロフィール

相良暁、さがら・ぎょう。日本の経営者。「小野薬品工業」社長。大阪出身。大阪市立大学商学部卒業後、小野薬品工業に入社。取締役、常務取締役、副社長、経営統轄本部長などを経て社長に就任。

相良暁(経営者)の名言 一覧

誰もやったことのないこと、できなかったことに挑戦することで、当社は新たな成長のステージに入ることができた。


スピード、スピードと言い続ける中から新たな取り組みが生まれてきた。


自分たちだけで利益を抱え込むことを考えたらスピードが落ちる。


自社だけの研究では限界があり、世界的な水準にある研究機関や大学と共同で研究することで新薬創製の成功確率を高めていかなければ、国際競争には勝てません。


国内中堅企業である当社は海外から見ればベンチャー企業に過ぎないかもしれませんが、ベンチャーのようなチャレンジ精神は持ちつつ、質的には世界のトップクラスの製薬企業として認知されるようになりたいと考えています。


グローバルレベルでの競争力向上のために人材の育成と活性化に取り組んでいます。人材としては、夢を持った人、構想力を持った人、そしてそれに向かって愚直なまでに努力を一歩一歩続けていける人が望ましいと考えています。


社員が充実感をもって笑顔で働き、幸せになる。そして、その幸せを患者さんやご家族に届けられる会社でありたい。


私たちが患者さんに届けるのは医薬品ですが、それとともに健康、希望、幸せも届けたい。


国内では製薬会社と認識されていますが、グローバルで見ると、規模的にも、ビジネスのスタイルからもベンチャー企業的に捉えられています。これからも常に挑戦者であり続け、その結果として、グローバルでも製薬企業として認識される会社になりたい。


当社は2017年に創業300年、そして会社設立70年を迎えました。300年の歴史の中で幾度も存続の危機を乗り越えてこられたのは、いままでにない革新的な医薬品を届けるという強い意志を持ち、できないと言われてきたことに挑戦し、成し遂げてきたからです。


一時期、過去の成功にあぐらをかいて、オープンイノベーションをサボっていました。この原点に立ち返らなければ、生き残れない。そう考え、欧米にリサーチ部隊を置きました。


相良暁(経営者)の経歴・略歴

相良暁、さがら・ぎょう。日本の経営者。「小野薬品工業」社長。大阪出身。大阪市立大学商学部卒業後、小野薬品工業に入社。取締役、常務取締役、副社長、経営統轄本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大島渚

情報もいいでしょう。でも、生の体験は強い。


林野宏

社長をライバルに見立て、そのポジションを本気で目指せば目の前の課題だけでなく大きな視点でものごとをとらえる習慣がつきます。この時点で、狭い視点で汲々とするライバルに一歩差をつけられます。目標が部課長ではなく組織の頂であるため努力が長続きするのです。努力が長続きすると、自分なりの戦略も持ち、ライバルに勝る武器を持とうと絶えず精進できます。上司に依存せずに自分でものを考え行動するので知恵もつきます。


榎本博明

成長とは、言葉を換えれば自己改造です。自分の本質的な部分を変えるのは、精神的に負担や苦痛をともなうものですが、手っ取り早く「自分を大きく見せたい」意識が働くと、人間は上から目線になりやすいんです。しかし、上から目線は自分の弱さを一時的にカモフラージュするだけで、自分が強くなるための手段じゃない。自信のなさは、すぐに相手に伝わってしまうのが現実なのです。


山田淳

僕には「同期の飲み会には参加しない」という持論があります。仲間と愚痴や他愛もない話をする時間を過ごすよりも、自分を高めてくれる人と過ごしたいという思いが強い。


黒田武志

弊社の経営理念は、「ビジネスを通じて偉大な作品を創る」。弊社では、ビジネスの仕組みのことを「作品」と言っており、収益と社会性を両立するような作品を生み出したいと思っています。都市鉱山のリサイクルはその一つです。


ロバート・キヨサキ

あなたが真の投資家になりたいなら、四種類の資産(ビジネス、不動産、ペーパーアセット、コモディティ)のすべてに投資すべきだ。そして、そのうち一種類か二種類の資産については、投資に精通した専門家のレベルに到達しなければならない。ほとんどの人は、株や債券、投資信託といったペーパーアセットにしか投資しておらず、しかも、自分がどんな投資をしているかについて何の知識もない。だから、ファイナンシャル・プランナーの言うことを鵜呑みにして、ペーパーアセットという一つのカゴを後生大事に抱え、市場が常勝してくれることを祈り続けている。


田中和彦

私は、「いつでも辞められる存在になったうえで、辞めずに会社のために必死で頑張る」というのがサラリーマンの美学だと思っています。会社が一番辞めさせたいのは、何の努力もせず、「辞めさせられたらどうしよう」とビクビクしている人。反対に、努力の末に能力やスキルを高め、「いつでも辞められるぞ!」と腹をくくった人こそ、会社は辞めてほしくないと考えます。ですから、「不安だ」とグチをいっている暇があるなら、仕事をして自分を成長させるべきです。


金井誠太

新しい技術への挑戦は技術者の本懐。しかし、大勢の人間が苦労しながら、スケジュールが遅れて時機を失し、売れ行きが振るわないのでは誰も報われない。


和田裕美

ビジネス文書というと、堅苦しくて、紋切り型の文章が多いですよね。「新緑の候、ますますご健勝のこととお慶び申しあげます」と時候の挨拶を書いたり、「拝啓」「敬具」なんて書いたり……。でも私は、そうした形式的な文章はほとんど書きません。なぜかというと、書いても、相手の心に響かないと思うからです。


カル・リプケン・ジュニア

いまこの試合でうまくやりたい。明日になれば、明日の試合に出てそこでプレーしたい。そうやって僕はここまで来た。僕の目標は「連続出場なんて全然視野になかった1、2年目のころの試合に対するアプローチ」をずっと保ち続けることだ。
【覚書き:ルー・ゲーリックの連続試合出場記録に近づいたとき感想を聞かれての発言】


鈴木貴子(経営者)

この犬や猫の絵柄がついた付箋紙は、私のコミュニケーションツールのひとつです。例えば社員に読んでほしい記事につけて、一言書き込んで渡します。無地の付箋紙だと業務命令みたいになるけれど、これだと和やかな気持ちで受け取れますよね。


南部靖之

私が学生の頃、試験の成績が悪くて落ち込んでいたら、父が「何を恥じることがある。人に迷惑を掛けたら恥じよ。試験の成績が悪いのはお前が寝坊したからだ」と叱られた。言われてみれば、周りに対して恥ずかしいと思っていたが、成績が悪い理由は自分が勉強しなかったからだと気が付いた。