名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

相良暁(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

相良暁(経営者)のプロフィール

相良暁、さがら・ぎょう。日本の経営者。「小野薬品工業」社長。大阪出身。大阪市立大学商学部卒業後、小野薬品工業に入社。取締役、常務取締役、副社長、経営統轄本部長などを経て社長に就任。

相良暁(経営者)の名言 一覧

誰もやったことのないこと、できなかったことに挑戦することで、当社は新たな成長のステージに入ることができた。


スピード、スピードと言い続ける中から新たな取り組みが生まれてきた。


自分たちだけで利益を抱え込むことを考えたらスピードが落ちる。


自社だけの研究では限界があり、世界的な水準にある研究機関や大学と共同で研究することで新薬創製の成功確率を高めていかなければ、国際競争には勝てません。


国内中堅企業である当社は海外から見ればベンチャー企業に過ぎないかもしれませんが、ベンチャーのようなチャレンジ精神は持ちつつ、質的には世界のトップクラスの製薬企業として認知されるようになりたいと考えています。


グローバルレベルでの競争力向上のために人材の育成と活性化に取り組んでいます。人材としては、夢を持った人、構想力を持った人、そしてそれに向かって愚直なまでに努力を一歩一歩続けていける人が望ましいと考えています。


社員が充実感をもって笑顔で働き、幸せになる。そして、その幸せを患者さんやご家族に届けられる会社でありたい。


私たちが患者さんに届けるのは医薬品ですが、それとともに健康、希望、幸せも届けたい。


国内では製薬会社と認識されていますが、グローバルで見ると、規模的にも、ビジネスのスタイルからもベンチャー企業的に捉えられています。これからも常に挑戦者であり続け、その結果として、グローバルでも製薬企業として認識される会社になりたい。


当社は2017年に創業300年、そして会社設立70年を迎えました。300年の歴史の中で幾度も存続の危機を乗り越えてこられたのは、いままでにない革新的な医薬品を届けるという強い意志を持ち、できないと言われてきたことに挑戦し、成し遂げてきたからです。


一時期、過去の成功にあぐらをかいて、オープンイノベーションをサボっていました。この原点に立ち返らなければ、生き残れない。そう考え、欧米にリサーチ部隊を置きました。


相良暁(経営者)の経歴・略歴

相良暁、さがら・ぎょう。日本の経営者。「小野薬品工業」社長。大阪出身。大阪市立大学商学部卒業後、小野薬品工業に入社。取締役、常務取締役、副社長、経営統轄本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

徳重徹

みんな日本が大好きなんです。会社も製品も人も。でも大きな欠点があります。全部ご破算になってしまうくらい、日本側の意志決定が遅すぎるんです。


伊藤正裕(起業家)

はっきりいえるのは、「本を読んで勉強する」というのは、まったく意味がないということ。これは私の経験上、断言できます。たとえば会社を起業したいと思った人が、起業家の本を読むとします。でも起業家の書いた本なんて、お鮨でいうと「さび抜き」みたいなものです。なぜなら、書いた本人はその後もビジネスを続けるわけだから、経営の根幹に関わる部分は、事業に支障が出ないように隠しておくものです。本当に大事なことは、本からは学べません。


平本あきお

ノートやパソコンを前にすると、どうしても人間は頭の中で整理してから書こうと構えてしまいがちです。でも、人間の脳は必ずしも系統的・論理的に働くわけではありません。頭の中に浮かぶ発想を自由にふくらませつつ、同時に頭の中を整理できることが、付箋を使う最大のメリットです。


戸田憲吾

みんなの意見を努めて聞くようにしている。そして「社長についていきさえすれば」という安直なムードが生まれるのも警戒している。【覚書き:日本電装創業時からのメンバーから社長になったため、ぬるま湯組織にしないようにするための自分に対する自戒の言葉】


柴田励司

私は、5時半ごろに起きて、30分ほどは考え事をする時間に充てています。朝は誰にも邪魔されないので、ものごとをじっくりと考えるには最適なのです。


石川康晴

仮説がいくら優れていても、正しいとは限りません。「ちょっと違うなぁ……」と感じたら、たとえ「朝令暮改」であっても、修正する勇気が必要。周りの人たちに影響を与えてしまうならば、修正する「目的」と「理由」を説明する。これを面倒くさがって強行突破しようとすると、仕事はだいたい失敗します(笑)。


齋藤孝(教育学者)

伝えたい情報は、実は相手に伝わっていない。社会人向けセミナーで伝言ゲームをやるのですが、皆さんあまりに出来が悪くて、会場は笑いに包まれるのがほとんど。最初のお題の言葉は、良くて半分、悪ければ3分の1も伝わりません。


石原一裕

「Make People Happy」を経営理念に掲げる当社では、パート社員であるクルーが店頭で元気に楽しく働いてくれることがすべてです。


久米一正

受け身では身につけられるものは少ない。プライドに縛られず、積極的に動き出す陽のオーラを発散し続けることが、学びの機会を増やし、可能性を広げてくれる。


今敏

アニメーションって企画から初号まで二年は必要なんです。企画が二転三転したりして、いろいろ調べたりで準備に半年近くかかって。シナリオをやって、キャラクターデザインをやって、コンテの準備したりしてるうちに、また半年が過ぎて。作画に入って一年弱、で、その後の作業を含めてだいたい二年。そうすると10年でうまくいって5本。自分が60歳になるまでが20年としてね……そんなに作れないんですよ。でも、やりたいことはたくさんあるし、これからもアイデアは生まれてくるだろうし。
【覚書き|生涯で10本映画を作りたいという発言の理由を尋ねられて】


野口健

自分が正しいと思ったことでも、現場で「これは違う」と思ったら軌道修正。軽いといえば軽いですけどね。この感覚はすごく大事だと思います。


吉永泰之

当社は売れたら投資するというのが基本的な考え方で、需要を先取りする工場の新設はおろか、建屋の増設といった大型投資も、できる限り控えます。その代わりに、ボトルネックとなっているラインだけに集中的に手を入れることで、工場が持つ能力を最大限引き出そうとするのです。そうすることによって、投資の負担を抑え、余力を持つことなく生産能力を増やしてきました。