名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

相川哲郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

相川哲郎のプロフィール

相川哲郎、あいかわ・てつろう。日本の経営者。「三菱自動車工業」社長。長崎県出身。東京大学工学部卒業後、三菱自動車に入社。常務執行役、常務取締役などを歴任。開発部門に30年在籍したのち社長に就任。

相川哲郎の名言 一覧

人の嗜好だけを追い求めていると、ブームが去ったら消えていきます。


世の中の役に立ちたい。でないと、会社は社会から見放される。


私は開発に30年在籍したが、「他社がやらないことをやれ」と教えられ育ってきました。期待を超える技術と商品を出していきます。


相川哲郎の経歴・略歴

相川哲郎、あいかわ・てつろう。日本の経営者。「三菱自動車工業」社長。長崎県出身。東京大学工学部卒業後、三菱自動車に入社。常務執行役、常務取締役などを歴任。開発部門に30年在籍したのち社長に就任。

他の記事も読んでみる

安藤百福

人には必ず得手不得手、向き不向きがある。だから助け合うことでよい結果が得られる。ぼくがステージを作った。あとは踊り子が必要だ。企業とは問題が生じた場合、一丸となって当たる仕組みに他ならない。


小林喜光

時間内に一定の成果を上げようとすると、自分たちだけでは達成できない場合があることに気がつきます。おのずと自前主義では難しいということを理解できるようになるんです。時間軸や市場のニーズを考えれば、「自前主義」を貫くことは通用しません。


奥田陽一

私が人との対話を重視するのは、伊藤忠商事時代の経験が大きい。入社以来、日本や米国で2年おきに異動を繰り返していました。丹羽(宇一郎)さんの部下だったときもあります。慣れた頃に上司や部下が代わるというのはしんどかったのですが、良い経験でした。管理職として異動したとしても、経験のない部署を任されればそこでは新米。待っていては仕事にならない。自ら出向いて、部下にノウハウを教えてもらう。地位や経歴などにとらわれず、周囲と対話することが、良い仕事につながる。これを身をもって学べたことは、社長の仕事をするうえで大きな支えとなりました。


安壇美緒

物語を見つける瞬間は、まちまちなんです。それも何か大きな出来事があったとか、心を動かされたとき、というわけではなく、散歩の途中や、何かを食べているときなど、日常のなかに、その瞬間は訪れるんです。


新井豪一郎

現在、一人一人に合った学習法を提供する勉強ノート公開サービス「Clear」を展開しています。自分と同じように、若い頃、悩み、壁にぶつかる子供も多いと思います。ただ、その時代は一度しかない大切な時間です。教育に携わる者として、1人ひとりに合った新たな教育サービスで、子供たちに可能性を与えていける存在になりたいと思っています。


豊島逸夫

「落ち着いて行動せよ」などと言っても虚しい。プロの私でも今回(の暴落)はかなり動揺した。NYの、私の古巣元スイス銀行軍団のヘッジファンド連中も、言葉を失っていた。ただし、彼らは、慌てて余計なことは一切しない。異常な状態は持続しないと確信しているから、ポートフォリオをいじることは控える。そして、パワープレーで相場の抵抗線などが突破されると、新たなレンジ入りとドライに割り切り、損切りあるいは新たなポジション形成に動く。


水木しげる

私には驚く力が常人の十倍ぐらいありました。81歳を超えたいまでも、「フハッ!」と驚くことが1日に何度もあるのです。こうした能力は勉強しても伸びない。才能なんです。


二子石謙輔

売上金入金サービスが生まれた事情を振り返ってみると、銀行の方は気付いてなかっただけで、セブンイレブンから見たら深刻な話だったわけですよね。同サービスを始める前は、何万とある店の数だけ銀行口座があったわけですよ。ところが、今は1つのセブン銀口座で集中管理できます。こういうのは流通の人から見ると普通の景色ですし、そういうものを素直にビジネスに反映してきたというだけです。


津谷正明

本社にイノベーションセンターを立ち上げました。メーカーは技術重視になりがちです。同センターでは中央研究所や知財部門と連携して、製品売りとサービスを組み合わせたソリューションビジネスなど、新たな価値を提供したい。


カルロス・ゴーン

私は「努力」という価値を、「結果」という価値に置き換えることにしました。たくさん働いたという事実が、結果を出したという事実より重要になってはいけません。いくら働いても結果を出せない人もいます。私の場合も、たとえ一日16時間働こうが、そんなことは関係ありません。私はオフィスで過ごした時間ではなく、出した結果で給料をもらっているのですから。


宋文洲

華僑でも中国だけに資産を集中しません。あちこちの国に分散します。日本でも東日本大震災という誰も予測できないことが起きた。昔は中国にはカントリーリスクがあるという人が多かったけど、日本にも違う形でカントリーリスクがあるわけです。どれだけ分析したって、人間が予測できないリスクは存在する以上、投資対象を分散し、リスク管理は必要。


菊間ひろみ

英語学習で、とくに重視したいのが音読です。実は言語習得のプロセスでは、音読のスピードがそのまま黙読に移行すると言われています。加えて、自分が発音できる音は、聞き取れるようになります。つまり音読は、読解とリスニング両方のスピードを同時に高めることができるのです。「黙って英語を勉強する」のは、スポーツにたとえるなら、ルールブックだけを読んで野球の試合に臨むようなもの。素振りやキャッチボールなど、実際に身体を動かして練習しなければ、できるようにはなりませんよね。英語ではそれが音読ということです。